殿、利息でござる!(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスはこちら

(出典:U-NEXT)

『殿、利息でござる!』は、2016年に公開された日本映画になります。

阿部サダヲさん、瑛太さんら豪華キャスト陣が江戸時代のまさかの実話を演じることで話題となった作品です。

藩を相手に前代未聞の大勝負を仕掛けた貧乏庶民たちの奮闘を描くコメディがどう表現されているか楽しみです♪

そんな映画『殿、利息でござる!』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

(出典:KHB東日本放送『殿、利息でござる!』特設ページ)

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

※目次のクリックでジャンプして見られます♪

目次

殿、利息でござる!(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画をU-NEXTで視聴可能

映画『殿、利息でござる!』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

U-NEXTについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/u-next-korea-movie/]

殿、利息でござる!(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=3492]

<↑目次に戻る↑>

殿、利息でござる!(映画)のフル動画をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『殿、利息でござる!』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ!

U-NEXTをさらに詳しく見る >>

殿、利息でござる!(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

仙台藩による重い年貢により、破産と夜逃げが相次ぐ宿場町の吉岡宿。町の将来を案ずる十三郎は、篤平治から宿場復興のための秘策を知らされる。それは藩に大金を貸し付けて利息を巻き上げるというもので、十三郎たちは打ち首覚悟で策を進めようとするが…。

出典:U-NEXT

殿、利息でござる!(映画)の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★

映画「殿、利息でござる!」というユニークな作品名ですが、さびれてきた宿場町を救う方法として水面下で藩にお金を貸し付けして、その利息を伝馬役に使い、宿場町の未来を守るというものです。阿部サダヲさんが出演していて、ポスターを観ると一見ギャグ映画かと思われがちですが、実際の映画はそんなわけでもなく、実話をベースにお金の大切さと宿場町の人情を感じられる作品に仕上がっていて、とても良かったです。守銭奴と思われていた浅野屋甚内が、銭を貯めて、伝馬役免除を目指していた事が発覚した時はなかなか感動的でした。この作品は、キャッシュレスが広まった現代でも興味深い話だと思います。お金の価値観やお金の大切さは、今も昔も変わらないところがあります。また、宿場町の人々が町の事情を知って全員で協力し合おうとする姿勢と浅野屋甚内の想いと行動が最終的に良い方向へと導く点で、優れたサクセスストーリーとなっています。キャストは、阿部サダヲさんや妻夫木聡さん、瑛太さんなど演技に定評がある俳優が揃っていますので、重くなりがちの話を適度なバランスで構成出来ていると思いました。少しとっつきにくいというイメージがあるかもしれませんが、実際に映画を観れば、完成度の良い映画だと感じられるでしょう。


30代男性
★★★★★

殿、利息でござる!の見所はやはり主役の阿部サダヲの演技である。
阿部サダヲは基本的に根が真面目で、優しい人間の役が多いが、この作品でも彼の魅力がそのまま生かされてよく出ている。

また瑛太の役もかっこよく、彼の美しさと、少し抜けたようなキャラクターが光っている。
この物語の中では江戸時代のある村での出来事が設定としてあるが、その当時の一般庶民の置かれた状況がよく分かり、それぞれが助け合って生きていく様は、現代の社会には欠けているようなものに感じた。

ほっこりとした温かい人間の心のようなものを感じることができた。
またこの時代はシリアスなこともたくさんあったかもしれないが、みんな素朴で、ユーモラスで、個性が生き生きしていた時代だったんだろうなぁと感じた。

江戸時代のイメージがこの作品で少し変わった。
素朴で人間味あふれる人々のストーリーは、笑いもありドキドキハラハラもあり、映画の時間内感情がいろいろ起こる。
視聴時間、みっちり楽しめるとても優れた作品になっている。

お金にまつわる悩みは現代でもなくならないが、1人で悩まず、周りを巻き込んで協力して解決していけば意外と楽しめるのでは?と思わせてくれた。

阿部サダヲの方はもちろん、それ以外の方もきっと楽しめる優れた作品だと思います。
記憶に残る良作です!

視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★

阿部サダヲさんが、穀田屋の当主で吉岡宿の窮状0時0分見て、行く末を案じている穀田屋十三郎を熱演していて、とても良かったです。重岡大毅さんが、十三郎の息子で私財を売り払っても吉岡宿を救おうとする父?反発する音右衛門を、熱演していて良かったです。瑛太さんが、茶師で吉岡宿で一番の知恵者の菅原屋篤平治を、いい味を出して演じていてとても良かったと思いました。妻夫木聡さんが、浅野屋の当主で穀田屋十三郎の弟で、守銭奴と思われていたけれど、十三郎の計画に協力する浅野屋甚内を熱演していて、とても良かったです。山崎努さんが、吉岡宿の住人から守銭奴と思われている先代の浅野屋甚内を、さすがの演技力で存在感がすごかったと思いました。きれいな気持ちでお金を使うというのが伝わってきて、とても泣けるいい話だと思いました。徳を積むというのはこういうことなのかと考えさせられました。百姓が搾取される側から搾取する側になるという、逆転の発想で藩に大金を貸し付け利益を巻き上げるという秘策を、篤平治から聞いて、十三郎と弟の甚内とその仲間たちが、ただ町のため人のために自分を捨てて、千両もの大金を集めるために翻弄する姿に感動しました。こういうすごい人がいたことに、胸が熱くなりました。


30代女性
★★★

面白い、笑えるシーンもありつつ感動シーンもある作品でした。最初のシーンはいったい何だったのか途中理解ができませんでしたが、ラストの方でやっとわかってスッキリ。それでも派手なシーンがあるわけではなく、普段からアクション映画が好きでよく見ている私には少し単調に感じました。キャストはとにかく豪華。阿部サダヲ。瑛太、妻夫木聡…。でも千葉雄大は少し浮いていたかな?一人だけ若くて浮いていた印象でした。ストーリーは派手な演出なく進んでいきますが、クスっと笑ってしまうシーンがちらほら。当時の金額と今の金額が分かりやすいように表示がでるようにしているのも面白かったです。ただどうにも人が増えてくるのと服装が似たりよったりなので誰がどのくらい偉いのかがわかりにくかったです。時代劇は仕方がないのかな。松田龍平の演じる萱場は本当に緊張感があるしちょっと嫌味に感じるところがよかったです。最後の方に現れたまさかの羽生結弦には驚きました。藩主ってこんなに若いのかという驚きと、まさかフィギュアスケート選手が出てくると思いませんでした。演技は違和感ありませんでしたが、特段うまいというわけではなく…でも俳優が本業じゃない人がここまでできればすごいのか。一度見れば十分かなという映画でした。

視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★

映画のポスターを見たときに三谷幸喜脚本の作品であると感じました。それぐらいインパクトがある題名やキャストなどを見て完全にお笑いの絶えない面白おかしいコメディの中にちゃんと伏線を張り巡らせた三谷幸喜の作品の特徴を感じたのですが、原作は磯田道史の「武士の家計簿」という完全にお門違いの人物であったことに猛省をし、彼の印象がとても上がったということは、この映画の出来の良さを如実に表しています。人は見かけによらない。このことを証明している映画でポスターからその映画の内容を判断してはいけない代表的な映画であると思いました。
決して三文芝居のキャストが幅を利かせているB級映画などではなくきちんとしたストーリーの時代劇がそこには広がっていました。40年という気の遠くなるほど長い年月をかけた、地元再興を測る壮大なプロジェクト、江戸時代の人間がこれほどまで活力に満ちそして想像力が高い人達だったというところは、我々日本人の誇りにすべき先祖であると言わざるを得ません。それもそのはず実話がベースになっている人情噺なのですが、その涙をそそるストーリー以上に上杉鷹山のような精神一到何事か成らならざらんというほど、後世に残すべき政経であり学ぶべき政がそこにありました。成さぬは人の為さぬなりけり、皆が協力し私財をなげうっている良い話であったと思いました。

<↑目次に戻る↑>

殿、利息でござる!(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

阿部サダヲ(穀田屋十三郎 役)

こんな作品にも出演

瑛太(菅原屋篤平治 役)

こんな作品にも出演
大河ドラマ『西郷どん』(2018年)

日本テレビドラマ『anone』(2018年)

TBSドラマ『ハロー張りネズミ』(2017年)

フジテレビドラマ『若者たち2014』(2014年)

フジテレビドラマ『最高の離婚』(2013年)

映画『友罪』(2017年)

映画『ディア・ドクター』(2009年)

中村義洋(監督)

こんな作品も監督

映画『チーム・バチスタの栄光』(2008年)

映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009年)

映画『ゴールデンスランバー』(2010年)

映画『奇跡のリンゴ』(2013年)

映画『白ゆき姫殺人事件』(2014年)

映画『決算! 忠臣蔵』(2019年)

その他キャストも多数出演

寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、堀部圭亮、斎藤歩、ほか

<↑目次に戻る↑>

殿、利息でござる!(映画)の原作ってあるの?

映画『殿、利息でござる!』の原作は、歴史学者の磯田道史さんによる史実になります。

磯田道史さんは数々の書籍出版もされており、『武士の家計簿』『龍馬史』『無私の日本人』など歴史学者に恥じない作品が目白押しです!

殿、利息でござる!(映画)の主題歌を歌うのは忌野清志郎が率いたRCサクセション

映画『殿、利息でござる!』の主題歌を歌うのは忌野清志郎さんが率いたRCサクセションの『上を向いて歩こう』です。

上を向いて歩こうといえば坂本九さんの名曲ですが、ロック調のナンバーでアレンジされた、忌野清志郎さんが歌うから成り立つ1曲となっています。

<↑目次に戻る↑>

殿、利息でござる!(映画)の他にU-NEXTで観られる人気作品

殿、利息でござる!(映画)の動画を視聴する以外にもU-NEXTでは数多くの人気作品を視聴できます!

視聴可能な人気ドラマ・映画・バラエティなど概要をまとめていますので、ぜひそれぞれタップして確認してみてくださいね♪

[afTag id=7458]

殿、利息でござる!(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスのまとめ

映画『殿、利息でござる!』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

実話なのに笑えて、感動もできる『殿、利息でござる!』の歴史ストーリーをぜひ堪能しましょう。

フィギュアスケートの羽生結弦さんがお殿様役で出ているのも必見です!

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる