探偵はBARにいる1が無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

映画『探偵はBARにいる1』は、2011年に公開された日本映画になります。

映画探偵はBARにいるシリーズは、東直己さんの推理小説「ススキノ探偵」シリーズをもとにしたサスペンスとなっております。

こちらの作品は、そんな大泉洋さんを主演に映画化した「探偵はBARにいる」シリーズの第1弾。

札幌・ススキノでいつものように行きつけのBARで相棒の高田と酒を飲んでいた「俺」(大泉洋)は、奇妙な依頼を引き受けることになります。

そんな映画『探偵はBARにいる1』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次

探偵はBARにいる1が無料視聴できる動画配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画をU-NEXTで視聴可能

映画『探偵はBARにいる1』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

U-NEXTについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/u-next-korea-movie/]

探偵はBARにいる1を無料視聴できるサービス比較

[afTag id=3492]

探偵はBARにいる1をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『探偵はBARにいる1』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ!

U-NEXTのはこちらから>>

探偵はBARにいる1のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

舞台は札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした探偵は、いつものように行きつけのBARで相棒兼運転手の高田と酒を飲み、オセロに興じていた。そこへ“コンドウキョウコ”と名乗る女から電話が…。簡単な依頼だと思い引き受け、翌日実行。だがその直後に拉致され、雪に埋められ、半殺しの目に遭う。怒りが収まらぬ探偵の元に、再び彼女から電話が…。その依頼を渋々こなし、報復に動き出した探偵と高田は、知らず知らずのうちに事態の核心に触れていく。その過程で浮かび上がる、沙織という謎の美女と大物実業家・霧島の存在。そして、探偵は4つの殺人事件にぶつかる…。果たして“コンドウキョウコ”は何を目論んでいるのか?探偵と高田は、今日も街を疾走する。そして最後に待つものとは?

公式より引用

探偵はBARにいる1の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★
アクションが迫力満点!
札幌すすきのを舞台で、ちょっとエッチで危険な街をよく表現されている作品。
物語は、探偵の大ピンチから始まり、初っ端からパンチがきいていた。そんな、絶体絶命のとこに相棒高田の登場で大興奮。高田のクールさがかっこいい!一気に形勢逆転になり、迫力満点のアクションシーンをたくさん観れて気分爽快になった。
今回はコンドウキョウコから電話依頼を受けることで始まる様々なトラップに仰天した。彼女の依頼の真意がわからないまま、探偵の悲劇。主人公がピンチなのに笑えるって不思議だった。中でもお気に入りシーンは、1面の雪に埋められる場面、なかなか見れなくて北海道ならではだった。助けにきた高田とのやり取りも面白く、この作品の見どころだと思う。そんな危険な目に合っても、女に弱い探偵はまさに昭和の男だった。コンドウキョウコの電話に操られていくお馬鹿な探偵は憎めず、逆に好感が持てた。個性豊かな周りのキャラ達もいい味出してた。コメディ感覚だったが、気づけば泣いていた自分にビックリだった。これは癖になるのでおすすめだ。


40代男性
★★★★★
俳優大泉洋の代表作といっても良いのではないか。とにかく大泉洋推しである。大泉洋のためにつくったんではないかと思うくらいハマっていた。CGなどはなく、人間味あふれる映像と北海道すすきのが舞台というのがなんともいえない雰囲気を演出している。あわせて、相棒の松田龍平が、大泉洋と相反するキャラクターで、大泉洋のキャラクターをとても良く引き出している。この2人のコンビは非常にバランスが取れていて、観ていてとても安心感があった。探偵といえば探偵物語だが、その概念を崩すくらいにとても味わいのあるキャラクター設定だった。北海道という情緒あふれる背景と探偵というミスマッチを2人の俳優が存分に演じきった作品となっている。

視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★★
シリアスでユーモラスな探偵の物語: 大泉洋が演じる主人公とその相棒 松田龍平の真面目に事件を解決していくのだがその中でもちょくちょくコントのような笑いがはさまっていたりずっこけたり泣けたりと とにかく大泉洋がはまり役の映画です。私はどちらかと言うと洋画派なので邦画はあまり観ないのですが この映画は面白かったです。バーの黒電話に依頼がかかってくるのですがそのバーの雰囲気 黒電話 相棒とのやり取り それぞれがうまく混ざりあって 親しみのある独特な背景となっていきます。また情報を提供してくれる回りの仲間達も色々な人脈が登場しキャストそれぞれも個性的なので飽きのこない展開です。なんと言っても大泉洋が主人公なので三枚目な所とそれでいて真面目に依頼を解決していく様子がたまらなくいい。久しぶりに好きな映画でした。


30代男性
★★★
気軽に楽しむコミカル作品
特筆すべきはやはり、札幌ススキノを舞台としていて活躍する探偵役が北海道から人気を爆発させた大泉洋主演である事。北海道を知らない人でもコミカルな映画として気軽に楽しむことのできる内容ですが、長く住んでいる人であればなおのこと日常的に見慣れた場所が映画の中に登場するという、あまり類を見ない楽しみが各所に散りばめられています。本来は人通りの多い地下歩行空間を貸し切り、人気のない状況で走るシーンなどもありますが、全体的に低予算感のあるチープさが、探偵物という重くなりがちなテーマのこの映画を良い意味で軽くしています。北海道と大泉洋が好き!という方なら4倍楽しめる、彼の人気出演番組である「水曜どうでしょう」のような映画です。

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★
ススキノの艶やかで雑多な雰囲気と、松田龍平さん演じる昔かたぎの農学生、そして黒電話で依頼を受ける探偵(大泉さん)が、どことなくレトロな雰囲気を感じる映画でした。

普段はコミカルなイメージが強い大泉洋さんですが、渋い探偵だったのが印象的でした。
クールな雰囲気の探偵が、依頼人に振り回されつつも、依頼人を守るために全力を尽くすギャップに惹かれます。
松田龍平さん演じる農学生の高田は、ちょっとなまけものですが空手が強いというギャップがとてもかっこよかったです。

そして、やくざを演じる高嶋政伸さん。優しいイメージですが、それでやくざ役を演じられると一層迫力が増していました。

そして、北海道の雪が降る中での俳優さんたちの体を張ったアクションもすばらしかったです!


50代女性
★★★
主演は僕こと、大泉洋さんです。北海道の歓楽街ススキノのバーで、そこの黒電話にかかってくる電話で、探偵の依頼を待っています。依頼を受け事件に巻き込まれて、暴力を受けるシーンは、悲惨なやられ方で、助けは、まだかと、思ってしまいました。助手は、高田。松田龍平さんが演じています。高田は、空手の師範代で喧嘩が強いが、何もないときは、とにかく動きたく無いという人です。事件の時は、愛車に乗って俺を助けてくれますが、いつも、助けが遅く、俺は、事件に巻き込まれて、いつも死にそうな目にあっています。サスペンス映画ですが、大泉洋さんが危険な場面も、おちゃらけが入る展開と、松田龍平さんの無口でまったりした性格だけど、キチンと相棒を助け、しかしいつも俺をバカにするところが仲の良さを表現していて、二人が息のピッタリあった漫才をしているように感じる楽しい掛け合いが、魅力です。

視聴した感想・ネタバレ

30代男性
★★★★★
ススキノを所せましと暴れまわる!行ってみたい店目白押し。
個人的な要素ですが、北海道出身なのと、大泉洋さんが大好きなので、シリーズすべて見ています。
物語も当然面白いのですが、わたしにとって興味がわくポイントはススキノでのロケ風景を想像することです。
ススキノでわたしが通っていたお店がたくさん出てくるので、おー!となりますし、知らないお店があるといってみたくなります。
肝心の映画の内容ですが、大泉洋さんのとぼけた雰囲気の中に時々現れるシリアスな男の演技、惚れますね!最高です。
また松田龍平さんがいい味だしていて、二人のコミカルなやりとりだけでも3時間は見れるような気がします。
ヒロインもきれいな方で、すべてぴったりはまったキャスト&ストーリーだと思います。


30代男性
★★★★
『探偵はBARにいる』がついに映画化!!
東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とする作品です。
主演は大泉洋さん・松田龍平さんです。
他にも小雪さんや松重豊さんなどベテラン俳優さんなどもでています。
歓楽街北海道札幌市すすきのにあるバー「ケラーオオハタ」に入り浸る私立探偵(大泉洋)とその助手・高田(松田龍平)が、ある事件に巻き込まれながらもその真相を追っていく、ハードボイルドものの映画です。
ハードボイルドとはいっても面白い!声を上げて笑いたくなるシーンが沢山あるのも魅力の一つです。
今回、花岡組なるヤクザに捕まり、拷問を受けるシーンは注目していただきたいポイントの一つです。
是非この作品を見て下さい。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★
どこか古き良き時代に酔っている雰囲気のある、少しカッコつけたがりな探偵と、基本寝ていたがりでやる気のないひょうひょうとした雰囲気の相棒高田とのタッグが、いい掛け合いで、味わいのある面白い雰囲気を作っています。探偵ものとしてはなかなか良いコンビだと思います。
北海道のすすきのを舞台に活躍する探偵という設定上、雪景色の街並みが中心に登場するのですが、その雰囲気もいいですね。現地でロケをしているだけあって、空気感の味わいがやはり違います。この作品がもつ若干レトロな風情に、街並みの明かりと雪とが良い彩となっています。
ミステリ部分も、特別に新鮮さに満ち溢れたものではないのですが、丁寧に雰囲気を大切に描かれているので、陳腐になることなく良い味わいとなっていたと思います。


30代男性
★★★★
すこしエッチなシーンもありつつ、大泉洋さんそして松田龍平さんの演技が光る映画だと思います。北海道のススキノが舞台ということで大泉洋さんの地元でもあるのですが、水曜どうでしょうで出ている大泉洋さんのようなストレートで人間味のあるキャラクターがものすごく好きです。
物語を通して、ギャグのような笑わせるシーンから、ほろりと涙がでる切ないストーリまで詰まっていて見ていて飽きない内容でした。
探偵というタイトルがついているにも関わらず、アクションシーンもあり謎解きだけではないところもオススメのポイントです。
そういうとこが、製作人にいる相棒シリーズでおなじみ橋本一さんの腕の光るところだったんだなと思いました。
ルパンのような爽快感があり、見ごたえのある映画だと思います。

探偵はBARにいる1に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

〈俺〉(探偵)役(大泉 洋)

こんな作品にも出演

高田役(松田龍平)

こんな作品にも出演

沙織(小雪)

こんな作品にも出演
日本テレビドラマ『フラジャイル』(2018年)
TBSドラマ『リーガルハイ』(2017年)

NHK大河ドラマ『エンジン 』(2019年)

映画『探偵はBARにいる2』(2013年)

映画『探偵はBARにいる3』(2017年)

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』(2017年)

霧島敏夫役(西田敏行)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『家族ノカタチ』(2016年)
テレビ朝日ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(2013年)

フジテレビドラマ『白い巨塔』(2003年)

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(2017年)

映画『釣りバカ日誌シリーズ』(1988年~2009年)

映画『旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』(2009年)

松尾役(田口トモロヲ)

こんな作品にも出演
テレビ朝日ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(2013年)(ナレーション)

近藤百合子役(竹下景子)

こんな作品にも出演

NHKドラマ『胡桃の部屋』(2011年)

フジテレビドラマ『サザエさん 』(2009年)

映画『一人の息子』(2018年)

映画『聖の青春』(2016年)

映画『男はつらいよ 知床慕情』(1987年)

映画『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(1989年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)※二郎の母で声の出演

その他キャストも多数出演

新谷真弓、片山瞳、カルメン・マキ、高嶋政伸、ほか

探偵はBARにいる1の原作ってあるの?

映画『探偵はBARにいる1』の原作は早川書房出版の小説「ススキノ探偵シリーズ」の『バーにかかってきた電話』になります。

作者は東直己さんで連載されたのは『バーにかかってきた電話』の他に『探偵はバーにいる』や『探偵はひとりぼっち 』があります。

探偵はBARにいる1の主題歌を歌うのはカルメン・マキ

映画『探偵はBARにいる1』の主題歌を歌うのはカルメン・マキさんの『時計をとめて』です。

柔らかで切ない歌声が映画の雰囲気にもぴったりですね。

探偵はBARにいる1が無料視聴できる動画配信サービスのまとめ

映画『探偵はBARにいる1』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

大泉洋さん演じる探偵と松田龍平さん演じる相棒高田のコンビは息もぴったりで、最後までわくわくさせてくれる作品ですね!

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次
閉じる