探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

(出典:dTV)

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)を無料で楽しむならTSUTAYA DISCAS/TVがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回30日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9091]

【探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

U-NEXT
31日間
1990円
14万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀して探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
音楽等 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のフル動画を無料高画質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

1997年に劇場版第1作が公開され、劇場版・TVアニメ版共に大ヒットとなっている「名探偵コナン」が、シリーズ10周年を記念し、オールスターキャストが大集合した劇場版を作成。謎の依頼主に呼ばれ横浜へと向った小五郎達は巨大な城に招かれ、謎の男の罠にはまり蘭や少年探偵団達が人質に取られてしまう。タイムリミットは12時間―その謎の男からの謎を解かないと爆弾が爆発してしまう…。

出典:TSUTAYA DISCAS

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

探偵たちの鎮魂歌は「探偵たち」と名が付くだけあって、ミステリーにフォーカスされています。そして、平次をはじめ、様々な探偵たちが集められて、真犯人に挑戦されているところも魅力の1つです。さて、物語ですが、はじめに小五郎が、招待状をもらい、子供達をを連れてとある遊園地に行きます。しかし、遊園地に行こうとしたところ、なぜか小五郎だけではなく、コナンも引き止められます。そしてそこで、二人は、深夜までに謎を解けなかったら子供達がつけた爆破装置のついた腕時計を爆破すると脅されます。さて、なぜコナンまで引き止めらたか、それには理由がありました。実は、真犯人は目が見えず、指紋認証で誰がきているのかを確認していたのです。なので、小五郎を連れてきたつもりだったが、なんと名探偵である工藤新一まできていた。と言うことになります。なので、なんで俺が工藤新一って知ってんだ?となるのもハラハラポイントの1つなのです。さて起爆装置についてですがコナンは哀ちゃんだけにはそのことを伝えます。なぜかと言うと、一度遊園地に入り、そこから出ようとするとまた爆発する可能性があるからです。みんなが外に出ないように、哀ちゃんは色々と努力します。途中で園子(この遊園地の出資者の1人だからいた。)や和葉(蘭と同じ理由、つまり平次の人質としていた)と合流する蘭は、子供達を遊園地において、外に遊びに行こうと提案します。そんな3人を引き止めるために、仮病のふりをして、心細いからそばにいてほしいとお願いする哀ちゃんは、いつもと違って可愛いです。コナンも外で平次と合流して、捜査をします。そして真犯人を時間ギリギリで突き止めますが、犯人は爆弾を解除するパスコードを教えません。時間ギリギリになって、二人はパスコードを推理しなければならなくなります。そしてその時の映画で、もう1つ見所なのが、後からきた阿笠博士や、目暮警部が爆発1分前に蘭や子供達から離れるように他の警察官に指示するのですが、この二人は、「子供達だけで逝かせる訳にはいかない」と、最後まで子供達と笑顔で接します。ここはちょっと感動しますし、カッコイイ!となります。しかし、もちろんですがコナンと平次は時間ギリギリに、タイマーを解除するわけです。そうして事なきを得たかと思いきや、実はタイマーのついた腕時計の回収に問題がありました。この腕時計を持っていたのは、蘭、和葉、子供達だけだったのですが、そこに園子がいて、園子も見た目は同じのVIP時計を持っていたので、誤って園子のをカウントし、トイレにいっていた元太君のは外し忘れるのです。そして、最後にとあるジェットコースターに乗るのですが、そのジェットコースターはエリア外に出るので、その腕時計を持ってジェットコースターに乗ると、腕時計は爆発します。ゲットコースターで手をあげたときに、それに気づく平次とコナン、そして哀ちゃん。なんとか外しますが、手を離して後ろの咳に落ちてしまいます。そこですかさず現れたのが怪盗キッド!速やかに腕時計を回収して、花火のように空中で爆発させます。こうして物語は幕を閉じます。


★★★★★

「名探偵コナン 短艇たちの鎮魂歌」は名探偵コナン10周年を記念した作品で、公開当時は記念グッズが出ており家族で申し込みしたのをよく覚えています。
10周年記念作品ということで、出てくるキャラたちは名探偵コナンの主要キャラばかりです。自分が一番嬉しかったのが、服部平次とコナンのコンビがまた見られたことです。
名探偵コナンではよくある遊園地での事件にはなるのですが、大切な人を人質にとられた名探偵たちが、犯人からのお題であるとある事件を追っていくのですが、
犯人はなぜかコナンの招待が工藤新一であることを知っており、はじめはまさか「黒の組織?」かと思いましたが、まさかの指紋で「コナン=工藤新一」であることが
バレていたんです。指紋はさすがのコナンでも変えられませんからね。。
この映画では小五郎のおっちゃんの本気がかなり見れます。小五郎のおっちゃん本気出すとかっこいいんですよね。
服部平次に加え、白馬探も出てくるのですが、白馬の招待がさいごまさかの怪盗キッドであったことが分かり、まさに人気キャラの三つ巴です。
腕に取り付けられた遊園地の外へ出ると爆発してしまう爆弾を最後解除できるのですが、解除しきる前にまさかの遊園地外へでるジェットコースターへと乗ってしまう元太くん。元太くん毎回なにかやらかす役回りが多いのですがこの作品でもでした。そこは怪盗キッドが慌てるコナンと平次を横目に空から手助けをしてくれます。
最後の良いとこ取りは怪盗キッドでした。そこも見所なので是非見てもらいたいです。
様々な探偵たちのかっこいい姿が見られる作品なので、記念作品は見ていただきたいです。

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

この映画では名探偵コナンではお馴染みのキャラが多く登場してくるので、そこは必見だと思います。
あと、この映画では最終的に怪盗キッドが登場し、彼がちょっとした活躍を見せることになります。
ただ、怪盗キッドは最後だけ登場しているように見えるものの、実はもっと前から登場していたのです。
彼はある人物に変装をしており、割と映画の中では早い段階から登場していて、しかもコナンたちと少なからずかわっていくことになります。
したがって、この映画に関しては怪盗キッドがいつから登場したのか?誰に変装しているのか?などもみどころになるでしょう。
また、怪盗キッドの存在に関して、コナンは気付いているような描写がありますが、一緒に行動していた服部平次は気付いていなかったみたいです。
だから、コナンはどこで怪盗キッドの存在に気付いたのか?というのも、推理してみると面白いのではないでしょうか?
この映画では本当にいろいろな登場人物が出てきて、オールスターのような雰囲気となっています。
黒の組織の人間は出てきませんが、それ以外で言えばコナンではお馴染みの人たちがかなり見られるので、全体的には非常に豪華な印象になることができる作品と言えます。


★★★★

今回の映画の舞台になるのは横浜です。新しくできたミラクルランドという遊園地に毛利小五郎が高田と名乗る依頼人に招待されることから始まります。その招待にいつものお約束のメンバーである毛利蘭や少年探偵団もついていきます。遊園地のフリーパス券である腕時計型のフリーパスを配られ、みんなが装着します。そして、コナンと毛利小五郎だけが依頼人の指示で部屋に残ると、依頼人から自分が出すヒントを元にある事件の謎を十二時間以内に解かなければ腕時計型のフリーパスを爆破すると告げられます。しかも、探偵達以外のフリーパスは一度ミラクルランドに入ってしまうと敷地外に出ただけで爆発、無理矢理はずしても爆発するという設定です。コナンと毛利小五郎はみんなを爆発から助けるために走り出します。その道中で同じく人質を取られている西の高校生探偵の服部平次や白馬探と合流します。そしてひとつの真実にたどり着きます。しかしそれは、依頼人の高田が求める真実ではありませんでした。自分が求める真実以外は受け付けずに暴走し始めます。必死にそれを止めるコナン達は何とかフリーパスの爆発を止めることができて大団円を迎えるのですが、最後の最後でもう一波乱あります。とても楽しい映画ですのでお勧めです。


★★★

映画10周年記念作ということで、とにかく出演キャラの多さで楽しめます。
すごいのは、多くのキャラを出演させつつ、ストーリーを破綻させていないこと。英理は小五郎と信頼感のあるやり取りをしているし、警視庁をはじめ刑事たちは小五郎の窮状を即座に理解して行動するし、灰原はたったひとり真実を知らされて苦労しつつ子供たちを守ろうと奮闘するし、佐藤刑事は勤務外でも相変わらずのパワフルさだし、他にも多くのキャラに見どころがあります。
謎の依頼人によって遊園地へ行くことになり、そのまま蘭たちを人質にとられ、強制的に事件を捜査することになったコナンと小五郎。なぜわざわざコナンを組ませるのか、というのも物語の鍵になります。
なぜか服部が合流させられ、ターゲットの事件、またその真相にも少しずつ迫っていくコナン達ですが、謎の集団に命を狙われます。撃退方法のあり得なさにはもうツッコむまい…と思ってたらコナン負傷。なかなか萌える展開となります。
事件を解き、一件落着…にはならなかったのは、ひとえに真犯人がカタギじゃなかったせいであって、コナン達の不注意ではないと思う。両手で銃を扱えるあの人はいったい何者だったのでしょうか。明らかに依頼人の手におえる相手ではありませんでした。
そして、最後にやっぱりおいしい所をかっさらっていく某泥棒。まあ、元はといえば爆発させかける羽目になったのもこいつの手出しのせいなので(これ、流し見しているとわからない真相ですのでご注意)、後始末するのは当然だとは思いますが。

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはB’zの『ゆるぎないものひとつ』

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはB’zの『ゆるぎないものひとつ』です。

またお決まりのメインテーマはこれからどんな謎解きの物語が始まるのか、期待を膨らませてくれます。

<↑目次に戻る↑>

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)に声で出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

声優

高山みなみ(江戸川コナン 役)

山崎和佳奈(毛利蘭 役)

神谷明(毛利小五郎 役)

山口勝平(工藤新一・怪盗キッド 役)

林原めぐみ(灰原哀 役)

岩居由希子(吉田歩美 役)

高木渉(小嶋元太・高木刑事 役)

大谷育江(円谷光彦 役)

松井菜桜子(鈴木園子 役)

緒方賢一(阿笠博士 役)

堀川りょう(服部平次 役)

宮村優子(遠山和葉 役)

原作

青山剛昌

監督

山本泰一郎

脚本

柏原寛司

音楽

大野克夫

<↑目次に戻る↑>

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

探偵たちの鎮魂歌(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)は2006年公開の劇場版10作目になります。

記念すべき劇場版10作目となったことで、怪盗キッドや服部平次などオールキャストとなった作品です。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる