おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴!

(出典:日本テレビ『おじさんはカワイイものがお好き』)

この作品を見るならココ!

配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
2週間無料
▶今すぐ見る

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

この作品の配信中サービス比較

◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
(税抜)
見放題数
初ポイント

Hulu
2週間
933円
7万本
なし

FOD PREMIUM
2週間
888円
4万本
100P

U-NEXT
31日間
1990円
19万本
600P

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

Paravi
2週間
925円
非公開
なし

TELASA
30日間
562円
1万本
なし

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
なし

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからは深堀しておじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください。

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴する方法を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
Hulu(フールー) 第1話から最終話までHuluで視聴可能
Tver 1週間のみ見逃し視聴可能

Tverでも無料で視聴は可能ですが、見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の1話~最終話の動画はHuluで2週間はお試しで全話無料視聴できます。

Huluは本来月額課金のサービスではありますが、無料期間中であればいつ解約しても追加の料金がかからないので大変お得です!

Huluについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/hulu-saisin/]

<↑目次に戻る↑>

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)(ドラマ)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法にアップロードされた動画と知りながら視聴するのは絶対にダメです。

またそういった動画をダウンロードすることは完全に違法行為となりますので止めておきましょう!

著作権者に無断で音楽や映像をインターネットで配信すること(アップロードすること)は、以前より違法であり、刑罰として、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方)が科されています。

また個人的に利用する目的であっても、「海賊版」について、それが販売または有料配信されている音楽や映像であることと、違法配信されたものであることの両方を知りながら、自分のパソコンなどに録音または録画(ダウンロード)した場合には、刑罰として、「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科されることになりました。

出典:政府広報オンライン

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)(ドラマ)の過去放送も含めて全話無料の高画質・高音質で安心・安全に視聴するならHuluをお試し体験しましょう!

Hulu公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の他にHuluで観られる人気作品

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の全話見逃し動画を視聴する以外にもHuluでは数多くの人気作品を視聴できます!

視聴可能な人気ドラマ・映画などまとめていますので、ぜひそれぞれタップして確認してみてくださいね♪

[afTag id=7431]

過去にHuluを利用した事がある方へ

過去にHuluを利用した事がある方は無料お試し期間は適用されません。

日本テレビ系の番組の視聴ではHuluを外すことはできないのですが、Huluを利用した事があるあなたへおススメなのが『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TV』です。

レンタルサービスと動画配信サービスがセットになったプランは特にお得で、TSUTAYA DISCASの宅配レンタルでは過去の日本テレビ系の番組が借り放題なので最高ですよ!

さらには30日間の無料お試し期間もあり、1100Pもポイントが付与されるので、何かしらの動画配信サービスを利用した事があれば、次点で『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TV』は検討してみてくださいね♪

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

<↑目次に戻る↑>

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の作品情報

タイトル おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)
テレビ局 読売テレビ(日本テレビ)
放送日 2020年8月13日~2020年8月13日~
放送時間 毎週木曜日 23時59分~
キャスト 眞島秀和/今井翼/桐山漣/藤原大祐/ほか
原作 ツトム(漫画『おじさんはカワイイものがお好き。』)
公式サイト https://www.ytv.co.jp/ojikawa/
公式SNS Twitter
主題歌 サイダーガール『落陽』

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)のあらすじ

第1話

小路三貴(眞島秀和)43歳は、オフィスの内装などを手掛ける株式会社COTRIの第一営業課課長。現在バツイチの一人暮らし。渋く、紳士的で、容姿端麗。仕事もデキる、まさに“イケオジ”な小路課長にはヒミツがあった。それはカワイイものが好きすぎる‼こと。小路の推しは犬のキャラクター「パグ太郎」。通販で購入した耳付きバスタオルを羽織ったり、ぬいぐるみをモフモフしたり、パグ太郎で一句詠んだり…癒しのパグライフを楽しんでいる。

小路が新作のパグ太郎ガチャを引いていると、中目黒あたりでダンスを踊っていそうな男性と目が合う。あわてた小路はせっかく引き当てたレアパグ太郎入りのカプセルを落としてしまう。ダンサー風の男性が拾い上げて渡そうとするが、小路は受け取らず逃げ去る。

ある日、小路の甥で大学生の仁井真純(藤原大祐)がアメリカから来日。新居が見つかるまで小路の家に居候することに。小路は真純にパグ太郎グッズを見せるわけにはいかないと歯ブラシやタオルなど家中のグッズをクローゼットに。切ないNOパグライフをスタートさせる。せめて小物でパグ太郎を愛でようと、小路がカバンを探ると、パグ太郎キーホルダーが見当たらない……苦悩の表情で仕事をしている小路のもとに、営業二課課長の鳴戸渡(桐山漣)が現れる。

鳴戸はいつもイライラしていて、一方的に小路をライバル視している。小路の部下の茂科莉央(富田望生)と臼間未来(愛加あゆ)が言った一言に鳴戸が激怒。鳴戸はふたりのデスクに置かれた推しグッズは業務には不要だと処分を促す。小路は部下の発言について謝罪し、だが推しグッズは仕事のモチベーションアップにつながると持論を述べる。すると鳴戸はパグ太郎のキーホルダーを取り出し「小路さんは、カワイイものがお好きなんですか?」と詰め寄る。小路は絶体絶命のピンチを乗り越えられるのか!?さらに、ガチャコーナーで会ったダンサー風のデザイナー・河合ケンタ(今井翼)が小路の会社に現れて…。

出典:『おじさんはカワイイものがお好き。』公式ページ

第1話の感想・ネタバレを開く➡
視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★

ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き」主役の「おじさん」は、40歳のイケオジ課長「小路(おじ)」さんなんです。
「おじさん」と「小路さん」。
作品の題名自体が、親父ギャグ的ダジャレでできてました。
この主役のおじさん「小路さん」は、渋くてクールで容姿端麗。何をやってもサマになるイケオジ。
とにかく、男にも女にも、上司にも部下にも、一目置かれる存在なんですが、周りにはひた隠しにしている事があります。
それは、カワイイものが好き過ぎるという事。
特に「パグ太郎」という犬のゆるキャラをこよなく愛しています。
主役の小路さんを演じているのは眞島秀和さん。様々なドラマで見かける俳優さんですが、意外にもこのドラマが初主演らしいです。
クールなイメージの眞島秀和さんが、渋いイケオジを演じることには全く違和感なく見てられるのですが、
パグ太郎の耳付きのバスタオルを羽織って萌えたり、
ぬいぐるみをモフモフしながら話しかけたり、
コソコソと新作パグ太郎ガチャを引きに行ったり、
うーん、正直かなりの違和感です。眞島さん、頑張ってます。
そしてドラマには他にもクセの強い人物が多数登場します。
その中の1人が、パグ太郎のガチャの前で出会った、ちょっと怖そうでチャラそうでダンスしてそうな怪しい男性。
この男性は後に偶然にも小路の会社と取引のある河合ケンタというデザイナーである事が分かるのですが、この河合もどうやらカワイイものが好きという秘密がありそうです。
そんな河合ケンタを演じているのは、今井翼さん。
今井翼さんといえば、病気になったり、タッキーが引退したり、ジャニーズの退所したりと、最近姿を見かけなくなってましたが、松竹エンタテイメントに鞍替えし、芸能活動を続けられているようです。ドラマ見てる限り元気そうでよかったです。
そして小路を勝手にライバル視し、分かりやすく嫌がらせしてくるのに猫好きというクセの強いキャラ、鳴戸課長を桐山蓮さんが好演しています。
2話3話と進むごとに、それぞれのキャラの秘密が明らかになってくるのだろうと思います。そんな中でこのオジサンたちがどのように絡み、どんなストーリー展開が待っているのか非常に楽しみなドラマです。


40代男性
★★★★

仕事が出来て渋いおじさんの小路がカワイイものが好きでその事を周りにひた隠しにしているというのがこのドラマの重要な点です。今までにないドラマで小路が周りを気にしてしまい本当の自分を出せないという歯痒いところが見どころだと思います。小路はパグ太郎というキャラクターが好きなんですがパグ太郎のガチャガチャをしに行く場面が面白かったです。子供たちが少なくなるのを離れた所から見ていていなくなった瞬間、直ぐに買いにいくところがアダルトグッズを買いに行ってるようにも見えてしまう動きでした。そしてせっかく買ったパグ太郎のガチャガチャを落としてしまい強面のケンタに拾ってもらいます。しかし焦ってしまった小路は走って逃げてしまうのでした。とにかくカワイイものが好きだが人には絶対に知られたくない小路が不憫に見えてしまうドラマです。もし自分が小路と一緒でカワイイグッズが好きでも同じようにひた隠しにするだろうなと同情しながら見ていました。このドラマで一番の個性派の登場人物が鳴戸です。小路と同じ会社で働いているんですが一言で表現するとややこしい男です。ただ変わり者なんで今後かなりドラマを面白くしてくれる存在だと予想しています。

第2話

ケンタ(今井翼)との打ち合わせを円滑に終えた小路(眞島秀和)。ケンタを見送ろうとしている時、小路が落としたガチャの景品「レアパグ太郎」を部下の莉央(富田望生)に拾われてしまう。小路が言葉を失っていると、気を利かせたケンタが自分のものだと名乗り出る。ケンタは小路に喫茶店の名をそっと耳打ちし、レアパグ太郎を持ち去る。鳴戸(桐山漣)は、センスがよくスマートなケンタがなぜか気に入らない。

終業後、小路は躊躇しつつも喫茶店へ向かう。そこでケンタは小路にレアパグ太郎を返し、「俺の前では隠さなくて大丈夫です」「あんなキラキラした顔でガチャやってたら、わかりますよ。同志だって」と告げる。小路は43歳にして初めての同志の出現に戸惑いながらも喜ぶ。ふたりはLINEを交換。スタンプ選びに迷い、既読スルーにヤキモキしつつも、同志のいる生活を楽しむ小路。真純(藤原大祐)は「まるで恋をしているみたい」と小路を見守りながら、SNSに投稿している漫画を描き進める。

週末、小路はケンタに誘われ、初めてのファンシーショップへ。だが小路は、男二人で買い物をする自分たちに向けられる目線が気になり、思わず別行動を提案してしまう…。その後、ふたりが猫カフェに行くと、鳴戸と遭遇。ケンタが席を外した際、鳴戸からケンタは仕事欲しさですり寄っているのではと言われ、小路は不信感を募らせてしまう。

そんな時、真純が高熱を出してダウン。しかし仕事でもトラブルが発生し、小路はやむなく出社することに…。甥の発熱と会社でのトラブルというダブルパンチに見舞われた小路!このピンチをどう切り抜けるのか!?

出典:『おじさんはカワイイものがお好き。』公式ページ

第2話の感想・ネタバレを開く➡
視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

おじさんにかわいいものが好きなお友達が出来てすごくよかったなと思いましたし、河合さんと仲良さそうにしているところがみていてほのぼのしました。年齢を重ねるごとにそういう変わった趣味仲間をつくるのはこんなに難しいんだなと思いましたが、出来た時の嬉しさは何倍にもなるんだろうなと思いました。そのおじさんと河合さんが仲良さそうににしているのを、悔しそうにしている鳴門さんはとてもおもしろかったし段々憎めないキャラになっていきました。ファンシーショップめぐりを一緒に出来ているのにはよかったなと思っていましたが、人の目を気にしすぎていて悲しくなりました。誰もおかしいと思わないからもっと堂々とすればいいのになと言ってあげたくなりました。たまに幻覚的に見える着ぐるみパグ太郎がかわいくて、大きな体にハグしたくなるし実際にパグ太郎グッズほしいなと思いました。猫カフェで偶然にも出会ったときの鳴門さんの猫に好かれていないところには笑いましたし、好きな人は好かれるはずなのにおかしいなと思いました。もっとおじさんと鳴門さんと仲良くして同士で仲良くしてほしいなと思いました。鳴門さんはなんでこんなにも本性を隠して仕事をしているのかと不思議に思います。


30代女性
★★★★★

2話もたくさん笑って心温まる回でした。
2話の見どころは、今まで誰にも言えずに隠れて一人でパグ太郎を推していた小路さんが、カワイイもの好き同士として、デザイナーの河合さんと一緒に、一人ではできなかった推しの楽しみ方をはじめて経験して、2人の友情の絆が深まるところです。
職場ではクールでかっこいい小路さんが、パグ太郎を目の前にした途端にデレデレする場面はいつも可愛くて笑ってしまいます。
河合さんとのLINEに一喜一憂する姿、パグ太郎のスタンプを使うのが楽しくてたまらないところがすごく可愛かったです。
1話から、見た目がイカつい河合さんを、「中目黒でダンスを踊ってそう」って心の中でしきりに表現してて、例えが秀逸だなと思っていたのですが、本当に中目黒のダンサーだったっていうオチが、すごく面白かったです。
少女漫画家を目指してる甥っ子の真澄くんが本当に可愛くて、河合さんを借金取りと勘違いしておびえるところとか、寝ぼけてパグ太郎に気づかないところが、かなりの癒されポイントでした。
ドラマは可愛いものでたくさんあふれていて、ゆるキャラや可愛いもの好きにはたまりません。
パグ太郎のぬいぐるみ、LINEスタンプ、眼鏡拭きなど、グッズがどれも可愛くて、ほしい!って思わず声を上げる程、可愛いものがたくさんあふれています。
ファンシーショップが好きでよく行くのですが、男性は行きづらいって考えたことがなかったので、気まずそうな小路さんの姿を見て、男性も人目を気にせず行けるようになったらいいなと思った回でした。
最後、2人の心が通じ合い、偶然にも、お互いそれぞれの推しキャラの眼鏡拭きのプレゼントを交換する場面がすごくよかったです。
そして、「河合さん」とずっと呼んでいて、距離があった小路さんが、最後、「ありがとう。ケンタくん。」って自然に下の名前を呼んだ場面に、ぐっときました。
2人の友情に心温まるとても素敵な回でした。


40代男性
★★★★★

カワイイものが好きなことを自分の心の中だけでとどめていた小路にケンタという初めての同士が出来ます。小路の会社の取引先のデザイン会社に勤めるアートディレクターなんですが強面ではありますがカワイイものが大好きなおじさんです。小路がパグ太郎のガチャガチャをときめいた顔でしているのを見られたことでカワイイものが好きなことをケンタに悟られていたのでした。ケンタからこれからは自分の前ではカワイイものが好きなことは隠さなくて良いと告げられます。そんなことから小路とケンタはカワイイものを見に行くことになります。おじさん2人で出掛けている場面は必見です。カワイイものが売っている店におじさん2人というのが違和感しか感じませんでした。小路の気持ちとしてケンタがいて心強いがただおじさん2人というのは恥ずかしいし周りの目が気になるというのが痛いほど伝わってきました。そんな2人が猫カフェに行った場面も見どころです。先に鳴戸が来ていて気まずい小路、動じない鳴戸というのが印象的でした。鳴戸が小路がケンタといることにヤキモチを妬いているようにも見えました。今後、カワイイものが好きな鳴戸も同士として仲間入りしたら面白いなと感じる場面でした。

第3話

仙台出張へ向かう小路(眞島秀和)、ケンタ(今井翼)、鳴戸(桐山漣)の3人。はしゃぐケンタに対し鳴戸はイライラ。小路がとりなそうとするが、一触即発の状態が続く…。取引先でのプレゼン中、鳴戸が相手の社員に突っ込まれ窮地に。しかし、小路とケンタのフォローで事なきを得る。その後、3人は名物の牛タン屋で腹ごしらえ。プレゼンのことを引きずっている鳴戸に対し、小路は鳴戸の準備のおかげで取引先の合意が取れたと手放しで褒める。鳴戸は、嬉しさと恥ずかしさを隠し、ケンタの牛タンを奪って頬張る。

一方、真純(藤原大祐)は小路の会社で1日だけアルバイトをすることに。本当の目的はこっそり描いている漫画のための取材だが、小路の部下たちが息抜きを促し仕事にならない。休憩中、莉央(富田望生)が未来(愛加あゆ)に見せているスマホ画面を見ると、真純が描いた漫画が。カワイイ!と盛り上がるふたりを見て真純は喜ぶ。

牛タンを食べ終え、ご当地キャラショップに行きたい小路とケンタ。鳴戸に仙台の猫カフェ情報を吹き込み、別行動をとることに成功。ふたりでショップへ向かおうとしたとき、「小路君!」と女性の声が。彼女は小路の元上司の武林(山本未來)だった。

小路は無視して通り過ぎようとするが、肩をつかまれてしまう。ケンタは気を遣い、ひとりでショップに向かうことにするが、胸がざわつく。そしてバーで肩を並べる小路と武林。実は、武林は小路の元妻だった。久しぶりに再会した元夫婦はどうなる!?そして、さらにケンタの心をかき乱す出来事が!

出典:『おじさんはカワイイものがお好き。』公式ページ

第3話の感想・ネタバレを開く➡
視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

仙台出張に向かうことになった小路ですが、河合が一緒ということもあり、ご当地キャラショップへ行けることで笑顔の回数が増えた印象でした。しかし、鳴戸も一緒ということで、可愛いものに対する気持ちに没頭できない葛藤が面白く感じられます。小路のために河合が鳴戸の気を逸らそうとしますが、直球な言葉選びにヒヤヒヤする小路の姿もまた笑いどころでした。可愛いもの好きという自分に燻っている小路の一方で、鳴戸も猫好きという可愛いものに通じた感性を持っており、バレないように平静を装う姿に小路に似ていると感じました。小路も鳴戸も可愛いものを前にすると人が変わったように表情が緩む姿は見どころです。小路と河合が仲がいいことにどこか嫉妬した感情を持っている鳴戸が見られ、今後どう鳴戸が小路と河合に関わってくるのか見どころになると感じました。また、小路がバツイチであるという衝撃がありました。元妻との再会により判明したものであり、結婚生活の間も可愛いものが好きであることを伝えられないままのようでした。元妻より気持ちを抑え込む癖や相手に言わないと伝わらないということを言われ、それがきっかけとなり可愛いものが好きということを元妻にカミングアウトする小路が見られました。しかし、知っているとあっけらかんと答えられ、ホッとした表情になる小路が印象的で、相手に伝えたことで知った相手の思いに河合に対して積極的にラインで自分の気持ちをアピールする小路に可愛らしさを感じました。その反面、小路の知らない面を目撃したことで、気持ちに距離を感じてしまう河合が見られ、小路と河合の温度差が可愛いもの好きという共通点にどう関わっていくのか目が離せないと感じ、次回が楽しみです。


20代女性
★★★★★

私が3話を見て見どころだと思ったのは、小路さんと河合さんと鳴戸さんの関係性です。今回は3人での出張の話だったのですが、小路さんがパグ太郎弁当を見つけたところを河合さんがまだ何も知らない鳴戸さんを引き付けておくから買ってとジェスチャーしているところがコメディだなと思いました。結局買わなかったのですがそのやりとりが和む場面でした。小路さんは出張先の仙台で元妻に会って一緒にバーに行くのですが、最後にはちゃんとパグ太郎が好きなことを伝えられて元妻から良い情報を教えられて嬉しそうでした。一方河合さんと鳴戸さんはホテルに直接帰らず河合さんは小路さんのために仙台限定パグ太郎グッズをかってあげていてキュンとしちゃいました。そんな河合さんですが秘密を打ち明けようといっていたのに小路さんから元妻と説明されなくてどこか不安でモヤモヤしている気持ちを抱えたまま終わったところが意味深だと思いました。鳴戸さんは相変わらず猫が好きで河合さんとも猫カフェに行くのですが、友達だと思っているという言葉を聞いて少しホッとしているところがもしかして小路さんのことが好きなのかな?と思わせる内容でした。猫のように適度な距離感が良いという発言は今後どうなっていくのか気になるところです。


50代女性
★★★★

私がお勧めする一つ目の見どころは第一営業部の小路が同僚の鳴戸と同士の河合ケンタと一緒に仙台へ出張したときに小路の元妻の武林に偶然で会うことです。この役の武林の役を俳優の山本未來さんが演じるのもおすすめポイントです。山本さんは実生活でも俳優の椎名桔平さんと離婚したばかりで、今回の役も小路と離婚した役なので、山本さんもこんなふうに椎名さんと会うことはあるのか、連想してしまいます。それから、小路が武林に対して、以前と変わろうとしていることや小路が武林に会ったことでケンタの小路に対する印象が変わったことも見どころです。これからの小路とケンタの関係に変化が訪れるかもしれません。
また、私がお勧めする二つ目の見どころは小路の甥の真純も小路のいないときに小路の会社に一日バイトをするのですが、そこで偶然自分の書いた漫画を小路の同僚が読んでいるのを知ります。実際に漫画を読んでもらえているうれしさとSNSの低評価と同時に来て、ケンタの心の変化もおすすめポイントです。
最後のお勧めする見どころというか、ポイントはやはり仙台に行ったから、ご当地パグ太郎のかわいさです。このパグ太郎はご当地以外は原作の漫画にも描かれていて、グッズになって、実際にオンラインショップで売っています。私が見てもパグ太郎はかわいいです。

第4話

小路(眞島秀和)はケンタ(今井翼)との仙台出張を思い出し、カワイイもの好きの“同志”がいる幸せをかみしめていた。だがケンタは、小路が出張先で遭遇した武林(山本未來)のことを“元妻”だと話してくれなかったことにモヤモヤとしていた。ある日小路は、オフィスで部下たちの会話から、LINEに“送信取り消し”という機能があることを知る。

終業後いつもの喫茶店でケンタと落ち合うも、一緒に進めている仕事の終わりが迫っていることに寂しさを感じる小路。するとケンタから、来月一緒にコラボカフェに行こうと誘われる。さらに出張先でケンタが購入してくれていた“仙台限定政宗公パグ太郎”のリストバンドをもらい、喜びは倍増。小路はお返しにと、“パグ太郎ドリームショー先行体験”に応募することを思い立つ。ケンタに誘いのLINEを送るが、部下たちの会話を思い出して“送信取り消し”。当選したら驚かせようと、“サプライズ”を計画する。 “送信取り消し”の表示を見て不思議に思うケンタ。

一方鳴戸(桐山漣)は、公園で猫と戯れる真純(藤原大祐)に出会う。真純の「このハーフパンツを履いていると猫の視線を感じるんです」という言葉を聞き、一緒に買い物に行くことに。買い物に付き合ってくれたお礼にと、鳴戸は真純を行きつけの猫カフェへ誘う。

小路は“パグ太郎ドリームショー”の当選確率を上げようと、“推しカラー”の加護を求めて買い物に出かける。その帰りに立ち寄った焼肉店で、ケンタが大学時代のサークル仲間と飲み会をしているところに遭遇。邪魔をしないようにと声をかけずにおくが、そこで小路はケンタの口から衝撃的な言葉を聞いてしまい……。“同志”であるはずの小路とケンタの関係は、また鳴戸と真純の関係は果たしてどうなるのか!?

出典:『おじさんはカワイイものがお好き。』公式ページ

第4話の感想・ネタバレを開く➡
視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★★

イケおじ・小路三貴(43歳)。スキンコンディショナーを買い漁り、顔にたっぷりと打ち込んでいます。それも付録のパグ太郎チャームが欲しい為。しかし、「最近どうも気が緩んでいる」と小路。好きなものを話し合う同志ができた事で興奮気味のようなのです。会社では、猫好きらしい鳴戸渡とパグ太郎愛の小路はお互いを偽り合っています。わかり合える訳はない、と。そして、叔父に内緒で少女漫画を描いている真純。野外で猫を探す鳴戸とたまたま知り合い、自分の履いている短パンが猫の視線を浴びると教える。一緒に原宿へ短パンを買いに行く事になって、意気投合した二人は、お互いの秘密を教え合う事に。猫好きと少女漫画家志望。友達ができたと上機嫌の鳴戸。それに引き換え、小路の同志・アートディレクターの河合ケンタ(38)は、大学時代の友達に、愛する「くまのがっこう」について、ドールハウス事件と呼ばれ、引かれる…。思わず、「ギャグだった」と言ってしまい、たまたま居酒屋に居合わせた小路に聞かれてしまったので、会わせる顔がないように思うのです。その為、小路はせっかく当選した2人1組のパグ太郎ドリームショー先行体験、河合と行きたいと言いそびれて…。なのに、次回最終話なのです。果たして、恥ずかしがらずに、好きなものを好きと言ってはばかりない同志になれるんでしょうか。いや、ごまかしながら暮らしても、同志の間では隠し事なしにできるんでしょうかねぇ。小路と河合、照れ屋過ぎて、心配なのです。


40代女性
★★★★

今回の話は、結構切なくなった。
一見、コメディの形をしたドラマですが、深いテーマがあって、笑えるんだけれども、なんだか心に響くものがあるのです。

設定が、おじさんがかわいいものが好き、ということで笑いを誘うし、それを必死に隠そうとしているところなんかが、
逆にかわいいのです。
ところが!世間一般で言うところのマイノリティなおじさんが仲間を見つけ、仲良くなっていくのですが、
なかなかうまいこと行かないのです。

好きなことを素直に受け入れ、楽しみたいだけなのに他人からのプレッシャーを受ける度に、へこんだり、誤魔化してなかったことにしようとしてしまうのです。
なんとなく共感出来る部分があるから見てしまうのかもしれません。
好きは好きで良いはずなのに、なぜか他人の目を気にしてしまう。
好きなものというのは、その人のアイデンティティーを表す、ひとつの手段なのですね。
だから、妙に構えてしまう、変な人判定されはしないか、と。

そんなことを絶妙なバランスで描いているドラマです。
実は猫が大好きな鳴門さんも絶妙なキャラクターで面白くて仕方ありません。
onとoffが違いすぎて面白いのです。

そして、今回は主人公の小路さんとケンタさんがすれ違いになってしまいます。
小路さんは、ケンタさんのおかげで、いつも孤独に楽しんでいたことを共有出来てとても喜んでいたのですが・・・、
今度はケンタさんが友人との間で自分を誤魔化しているところを、小路さんが偶然目撃してしまったのです。

どうなる?次回。
やっぱり、好きなことは堂々と好きと言いたいものです。
ドラマなので、デフォルメはされていますが、なかなか興味深い題材だな、と注視しています。
それぞれが自分の好きとどう向き合っていくかを、最終回楽しみにします。


20代女性
★★★★★

今回も可愛いものが沢山でできました!アートや猫カフェも見どころの1つです。
今回は鳴戸さんと真純君が友達に!普段の鳴戸さんはめちゃくちゃ嫌みな人なのに友達ができた途端に急にいい人になる感じが面白くて注目です。鳴戸さんの「原宿には結界がはってある」には思わず笑ってしまいました!
鳴戸さんは真純君と猫に好かれる短パンを買いに原宿へ行きます。いろんな短パンを試着しますが鳴戸さんはジャケットをきているのでどれを着ても全然似合ってなかったです!
真純君は本当に素直でいい子です。真純君が描いている漫画がこれからどうなっていくのか見どころです。最後にSNSでメッセージを送ってきた相手がいい人でありますように!!
そしてなんと小路さんとケンタ君がすれ違っていってしまいます。ケンタ君も過去にドールハウスを友達や彼女に馬鹿にされたことを悩んでいたんですね。
小路さんはケンタ君にサプライズの予定でパグ太郎のキャラクターショーに当選します。せっかく当選したのにケンタくんから「しばらく小路さんと会えない」といわれてしまい結局キャラクターショーに誘うことすら出来なかった小路さん。ただのおじさん達2人の話なのになぜか絶妙にドキドキしました。せっかく同士なれた2人なのに!このままパク太郎のキャラクターショーには行けなくなってしまうのか次回が気になる内容盛りだくさんでした!

第5話(最終回)

小路(眞島秀和)とケンタ(今井翼)が一緒に進めていたオフィスリニューアルは無事取引先から承認され、いよいよ施工という時を迎えていた。だが小路は、「しばらく小路さんと会えないです」というケンタの言葉がよぎり、心が晴れない。ケンタへのサプライズにと応募し当選した“パグ太郎ドリームショー先行体験”のCMを見ては、切なくなるのだった。ケンタに出会う前のひとりでパグ太郎を推していた頃に戻るだけだと、自分に言い聞かせる小路。

真純(藤原大祐)のもとには、出版社から漫画家デビューに向けて話がしたいとの連絡が。真純は鳴戸(桐山漣)に、うれしくも不安な胸の内を明かす。そんな真純に鳴戸は、「俺は君の漫画をとても面白いと思った」と話す。

オフィスリニューアルの施工当日。来る予定のなかったケンタが突然現場に現れ、小路は驚く。何食わぬ様子のケンタに対し、つい意地を張ってしまう小路。鳴戸は、これまでとどこか違う様子の2人を見て調子が狂う。部下たちも心配するほど意気消沈した小路は、ケンタからもらったパグ太郎のメガネ拭きをオフィスで落としてしまう。同僚たちの前で小路がプレゼンをしているところにメガネ拭きを拾った清掃員が現れ、再び“ヲタバレ”のピンチに。

小路が動転していると、鳴戸がそれは自分のものだと申し出、メガネ拭きを受け取って会議室を出て行ってしまう。鳴戸の狙いは果たして……。そして迎えた“パグ太郎ドリームショー”当日。心がすれ違ってしまった“同志”のふたりに奇跡が訪れる!?

出典:『おじさんはカワイイものがお好き。』公式ページ

第5話の感想・ネタバレを開く➡
視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★★

前回ケンタの口から出たカワイイものなんか好きじゃないと言う言葉から距離感が生まれてしまったケンタと小路。オフィスリニューアルの施行当日に久しぶりに出会った2人。ケンタはウソをついてまで何食わぬ雰囲気を出して話しかけているのに素直になれない小路が素っ気ない態度を取るのが印象的でした。最終回の見どころはケンタと小路の友情は元に戻るのかというのに注目してもらいたいです。そしてその友情が元に戻るのかを左右する人物が生まれ変わった鳴戸です。ハッキリしない小路に苛立った鳴戸が友情の大事さを語る場面というのは是非見てもらいたいです。そして小路が甥の真純にも後押しされて全力で走り出しケンタと顔を合わせる場面は恋人同士の久々の再会のように見えました。何故か所詮おっさんの友情なのにケンタと小路の関係が上手くいくよう応援してしまう自分がいました。言うならば歯痒い2人なんでついつい応援したくなるのかなと感じました。最後のケンタと小路がパグ太郎ドリームショーに参加する光景というのは周りを気にせずはしゃいでいました。自分らしく生きるケンタと小路というのが見てとれて人にどう思われても気にしないというのが伝わってきて嬉しい場面でした。


20代女性
★★★★★

河合さんとおじさんが会っていないことから始まったのですごく悲しかったです。2人が仲良くしている姿がとても好きだったのでそれが観れないのはとても辛かったし、さみしそうにしているおじさんを見ていられませんでした。そして最終回にして鳴門さんが優しいことが分かってよかったなと思いましたし、シンプルに職場でかわいいものを写真に収めていた鳴門さんはすごいなと思いました。マスミもSNSでいろいろ言われているけどしっかりおじさんにやりたいと伝えた姿はかっこよかったし反対されてもしたいと思う意思の強さに憧れました。今まで一人だといけなかったお店に河合さんを探しに行く姿はとてもよかったし、そこまで河合さんが好きなんだなと思うとほっこりしました。安定のファンシーショップでお互いがお互いの物を選んでいる姿はかわいくて、自分のものよりも相手のものを選ぶその優しい心に感動しました。再会の仕方とかその後に公園で話している姿は恋愛映画みたいで少し笑えました。推し活動をする上で仲間って本当に大切だし、やる気も変わってくるので2人にはずっと仲良くしていてほしいなと切実に思いました。誰がどんなもの好きでも気にせず楽しめるような世界になればいいなと思います。


50代女性
★★★★★

いつも自分の頭の中で考えがグルグルまわって自己完結してしまうという、相変わらずの小路課長がいつ自分の殻から脱皮して行けるかが見どころでした。堅物と思っていた同僚の鳴戸の方が、真純という青年と偶然出会い心を開いて会話が出来た事から友達になり、小路課長より先に変われる事が出来たのが意外でした。真純は出版社から本を出そうと声をかけられますが、鳴戸より「君の漫画がとても面白い」と言われ、読者から批判されたりと悩んできた真純は勇気を貰え、進むことに決められました。小路課長と河合とは、心の中では気になって仕方がないのに意地を張ってか、全然自然に合う事が出来なくなっていたのは残念で、早く素直になって欲しかったです。ある時、社内会議で「必要なのは会話だろ。気持ちは黙っていては伝わらない。」と鳴戸に言われてしまいます。更に、パグ太郎の眼鏡拭きを落としてしまった小路課長は、窮地に立たされます。そこを鳴戸が「私のです」と助け船を出します。そこで鳴戸から「最近のあなたからは”ぐぬぬ”が来ない。人と摩擦が起こるのはあたりまえ。でも出会っちゃったんだから」と凛として言う所もカッコよいです。なんだか一皮むけた鳴戸です。真純や鳴戸に刺激をもらった小路課長と河合が、ついに今まで溜まっていた本心を語り合うシーン・また昔の様にパグ太郎に会いに行ける様になった二人のシーンは見ているとこちらまでほっこり幸せ気分にさせられます。

<↑目次に戻る↑>

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

キャスト・脚本・監督検索
※俳優名のリンククリックで関連作品やその他詳細が確認できます。
眞島 秀和/小路三貴 役
今井翼/河合ケンタ 役
桐山漣/鳴戸渡 役
藤原 大祐/仁井真純 役
山本未來/武林穂歩 役
富田望生/茂科莉央 役
愛加あゆ/臼間未来 役
水間ロン/木庭春生 役
佐藤正和/古宇東二 役
森七菜/語り
坪田文/脚本
熊坂出/監督

<↑目次に戻る↑>

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の原作ってあるの?

おじさんはカワイイものがお好き。(ドラマ)の原作はツトムさんの漫画『おじさんはカワイイものがお好き。』になります。

ツトムさんといえば、『春のニオイ』『青空★ウォーズ』『Drip Drop』など数々の漫画を手掛けています。

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の主題歌はサイダーガールの『落陽』

おじさんはカワイイものがお好き。(ドラマ)の主題歌はサイダーガールさんの『落陽』になります。

ドラマのために書き下ろした『落陽』は内なるエナジーを最大限にぶつけた、メッセージ性の強い疾走感あるロックチューンということで楽しみですね。

<↑目次に戻る↑>

おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴する方法まとめ

ドラマ『おじさんはカワイイものがお好き。(おじカワ)』の1話~最終話の動画はHuluで2週間はお試しで全話無料視聴できます。

Huluは本来月額課金のサービスではありますが、無料期間中であればいつ解約しても追加の料金はかかりません。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

Huluを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2859]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる