ノーサイド・ゲームが全話無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

(出典:TBS『ノーサイド・ゲーム』)

日曜ドラマ『ノーサイド・ゲーム』は、2019年7月より放送開始されていたドラマになります。

こちらの作品は大泉洋さんのTBSの連続ドラマ初主演作品となっております。

また、ラグビーワールドカップと同時期放映で盛り上がりを見せていましたね。

熱い展開と俳優陣の熱演にラストまで目が離せない作品です。

そんな『ノーサイド・ゲーム』を全話無料でイッキに観ることができるサービスがあります。

あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介しますので楽しんでくださいね。

[afTag id=667]

目次

ノーサイド・ゲームが全話無料視聴できる動画配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
Paravi 第1話から最終話までParaviで視聴可能

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の動画はParavi(パラビ)で2週間はお試しで視聴できます。

さらに合わせてTBS系の他の作品も無料で見れるということで大変お得です。

無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかかりません。

Paravi(パラビ)についてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/paravi/]

ノーサイド・ゲームをYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』を安心・安全に無料視聴するならパラビ(Paravi)をお試し体験しましょう!

パラビ(Paravi)はこちらから>>

ノーサイド・ゲームの各話あらすじ(1話~最終話)

\タップすると見られます/

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第1話のあらすじ

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)、尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。
ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。
異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。
しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第2話のあらすじ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。新監督人事が進まないのだ。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。ない知恵を絞っても始まらない。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。
監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第3話のあらすじ

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は、様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能。さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。君嶋は各チームのGMが集まる会議の席で収益向上のために知恵を出し合おうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。他のチームのGMたちも君嶋に賛同する者は誰一人おらず・・・。
府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。しかし新しいことを始めるには予算がかかるため、君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することに。
数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。仕事以外はラグビー漬け、その合間にファンを増やすためのボランティア活動をさせられている選手たちはイライラを募らせていく。キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。病院に運ばれた岸和田は、そこで車椅子の少年・雄太(高木波瑠)とその母親(ホラン千秋)に出会い・・・。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第4話のあらすじ

ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉洋)はプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆也)に報告するが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねる。それを聞いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。そして君嶋は以前のツテを使いアストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘志を燃やす。
しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。佐々のせいで数千万円分の取引が破談になったというのだ。彼の言動が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。佐々は肩を落とし、ラグビー部員たちも白い目で見られることに…。さらに君嶋にとってショックなことが起きた。あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。そしてこの件は何者かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。さらに買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。君嶋は窮地に立たされる。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第5話のあらすじ

君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。
そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしている。だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。数日後、アストロズはレスリング道場にいた。
そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第6話のあらすじ

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。
数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。
自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。すると、その席に日本蹴球協会会長・富永(橋幸夫)が現れ…。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第7話のあらすじ

アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わった。スピードとテクニックを誇る七尾だが、絶対エース・浜畑(廣瀬俊朗)とポジションが被る。紅白戦では控え組が勝ったとはいえ、浜畑・里村(佳久創)のレギュラーコンビの壁は厚く、七尾と佐々(林家たま平)は練習でやり込められる日々が続いていた。そんな中、サイクロンズの津田監督(渡辺裕之)は秘密裏に浜畑に接触し…。
一方、君嶋(大泉洋)はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)の元を訪れていた。以前に星野から聞いたタンカー座礁事件とカザマ商事のオイルの関係が気になっていたのだ。星野がオイルと事故の因果関係を調査した森下教授(辻萬長)に改めて確認したところ、事故の原因とは関係ないとの結論が出たという。星野は取り越し苦労だったと謝るが、津田と浜畑の密会を見た者がいるとまたもや君嶋が仰天する情報を伝える。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第8話のあらすじ

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。
そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第9話のあらすじ

トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。君嶋はある資料を用意していた。
一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の第10話(最終回)のあらすじ

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。

一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。その男・赤木(櫻井翔)はいったい何者なのか。

そして、ついに決戦の日を迎える。

公式HPより引用

ノーサイド・ゲームを全話無料視聴した感想・ネタバレはこちら

\タップすると見られます/

ノーサイド・ゲームを全話無料視聴した感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★
大泉洋さんがラグビー部員一人一人の個性に向き合っていくことで、ラグビー部員が一人ずつ心を開いていく感じが学園モノでいう青春ドラマ、大人も子どものようにすきなことには一生懸命で、青春は学生の時だけではないと感じられてよかった。
大泉洋さんの奥様役の松たか子さんのツンデレな感じも、旦那のことを思いながらも、妻として母親としての意見もしっかり言う大人な女性な感じも、最後の最後に嫌いだと言っていたラグビーの試合を家族で見に行く家族円満な感じも、嫌いと言いながらも誰よりも大声を張り上げて応援するところも良かった。
ラグビーに人気が出てきたときのラグビードラマで、実際に見に行ってみたいという思いにさせられ、ルールもラグビー部員に教えるといった形で、視聴者にも伝えるところが、よく考えられたドラマだと思った。
あと、俳優陣が実際にラグビー経験者で、体もムキムキマッチョでかっこいい人が多く、曲もすごく耳に残り、熱い大人の青春ラグビードラマにピッタリでよかった。
ラグビードラマなのに、その中でも家族円満、親子の繋がり、いじめからの立ち上がり、職場の仲間との繋がりなど、いろんなシーンがあって、何より大人の熱い青春を感じられて、続編を見くなる最高のドラマだった。


40代男性
★★★★★
久々にハマったドラマでした。ラグビーワールドカップの影響もあり、ドラマのタイミングとしても良かったと思います。主役の大泉洋さんもはまり役で、全くラグビーに興味のなかったGMとして、だんだんラグビーの魅力、選手たちの心を掴んでいく姿が引き込まれていきました。もともとラグビー自体は私も興味もないし、好きでもなかったのですが、昔のドラマ、スクールウォーズが好きだったので、思い出しながら見ていました。スクールウォーズは弱小の高校ラグビー部が熱血先生により、全国制覇をしますが、これを現代版の社会人ラグビーとして、企業の経営も含めたラグビーチームの成長や人間模様を描いたのがノーサイドゲームかなと思いました。大泉さんが主役となることであまりシリアスになりすぎず、多少のユーモアもドラマに注がれ、味が出たと思います。また、家族も描かれていたので、子供たちにもラグビーが浸透していく姿は、まさにそのときの社会状況であるワールドカップのラグビー熱をそのまま見ているようでした。時代の状況とドラマがマッチしたタイミングのよい放映がドラマの人気にも繋がったと思います。また、ドラマの主題歌となった米津さんの曲もドラマのイメージにハマったと思います。

全話視聴した感想・ネタバレ

20代男性
★★★★★
池井戸潤さんの小説がドラマ化すると聞いて始まる前から楽しみにしていたドラマです。大ヒットした半沢直樹のような爽快感や最後に真実が明かされるまでのドキドキ感を期待していました。
主役が大泉洋ということで、コミカルな役が多い俳優さんですが、こういったシリアス、熱血系をどう演じるかと思っていたら、なかなかよかったです!奥さんを演じるのが松たか子さんでしたが、夫婦の掛け合い関係性が絶妙で、みてて楽しかったです。会社の上司役(悪役?ライバル役?)が上川隆也さんでしたが、これまたハマり役で、ストーリーをハラハラドキドキさせるのに一役かってました。
ラグビーがテーマのドラマでしたが、全く馴染みのない私でもラグビーに少し興味が出てくるような描写でした。原作小説を読んでいませんが、小説を文章で読むよりも視覚化されたドラマのほうがその点はよかったのじゃないかなと思います。ラグビー選手として実際のラグビー経験者を登用したというのも話題になっていましたね。迫力ある演技でした。
最後に主題歌は、米津玄師さんの『馬と鹿』。ドラマのいい場面で流れてきて、テンションが上がったり、涙しそうになったり。非常にいい選曲だったと思います。
総評すると、池井戸潤さん作品なのでハズレなし。ぜひ見てみてください。


20代女性
★★★★★
ラグビーに全く興味なくてもぜひ観て欲しいドラマの1つです。私も全くラグビーに興味なく最初は観るか悩んだ作品ですが、大泉洋さんの演技がとても好きなので見始めたら凄く面白くて毎週楽しみに観てました。
君嶋隼人約の大泉洋さんお仕事への真面目なところと家庭での家族との優しいお父さんのギャップがとても良くてやっぱりお仕事とお家の顔は大切と思いました。
会社経営とラグビー、家族や友人、地域の方など周囲の人々との関わりなどラグビーという題材でありながら日々の生活の感じの表現がものすごく良く、泣いたり、笑ったり楽しみながら勉強になります。また、ラグビーについても説明があり、このドラマを観た後にラグビーの試合観たら更に楽しめます。ラグビーの面白さに気付ける作品で、様々な年齢の方におすすめしたいドラマです。
ラグビーに限らず何かに熱心に取り組むことの大切さなども分かり、ただ毎日淡々と過ごしている人は観たら、何かに熱中して頑張ってみようかなという気持ちになる方もいると思います。
このドラマの主題歌、米津玄師さんの馬と鹿がまた絶妙なタイミングでドラマ中に流れるのですごくぐっときます。歌が好きな人にもぜひドラマ観てほしいです。ハマると思います。

全話視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★
私はこのドラマを観るまでは、ほとんどラグビーの事を知りませんでした。
ルールが難しそうと言うのもあったのですが、格闘技のようなスポーツというところで、あまり興味を持てなかったのかもしれません。

ですが、ドラマを観ることによって、少しずつラグビーの良さや面白さが分かってきました。
その為、ドラマが終わるころにはすっかりラグビーが好きになっていました。
おかげで、ラグビーワールドカップも楽しく観ることができました。

このドラマはビジネスだけではなく、ラグビーに関しても話題があり、二つを同時進行していくような感じでした。
今までは一つの業界のみの話が多いですが、これは二つということで、二倍楽しめたような感じがしました。
このドラマをやったことで、さらにラグビーワールドカップが盛り上がったと思います。

主人公の君嶋はおそらく仕事が出来る有能な社員だと思います。
ですが、会社の都合で左遷されてしまいました。

君嶋の奥さんはかなり怖く、最終回までは一度も彼に対して笑顔を見せなかったような気がします。
ですが、アストロズが優勝したことで、ようやく奥さんも笑顔が見え、夫をねぎらっていました。
君嶋は完全に恐妻家で奥さんに頭が上がらないようですが、だからこそ、彼は成長できたのかもしれません。

ノーサイド・ゲームに出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

君嶋隼人役(大泉 洋)

こんな作品にも出演

君嶋真希役(松たか子)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『HERO』(2001年)
フジテレビドラマ『ラブジェネレーション』(1997年)

映画『マスカレード・ホテル』(2019年)

映画『告白』(2010年)

映画『HERO』(2007年)

佐倉多英役(笹本玲奈)

こんな作品にも出演
テレビ東京ドラマ『フラガールと犬のチョコ』(2015年)
テレビ朝日ドラマ『相棒 season13』(2001年)
TBSドラマ『ぼくの妹』(2009年)

滝川桂一郎役(上川隆也)

こんな作品にも出演
テレビ朝日ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(2018年)
NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)

映画『二流小説家 シリアリスト』(2013年)

映画『映画 怪物くん』(2011年)

映画『パコと魔法の絵本』(2008年)

その他キャストたち

西郷輝彦、小西大樹、尾藤イサオ、橋幸夫、藤原光博、村田雄浩、ほか

ノーサイド・ゲームの原作ってあるの?

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の原作は池井戸潤さんの小説『ノーサイド・ゲーム』になります。

池井戸潤さんのそのほかの作品では『空飛ぶタイヤ』『下町ロケット』『半沢直樹』などの連載があり、数々の作品がドラマ化・映画化されている人気作家となります。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/ikeido-gensen/]

ノーサイド・ゲームの主題歌を歌うのは米津玄師

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌を歌うのは米津玄師さんの『馬と鹿』です。

大ヒット曲であるこちら、ドラマのために米津玄師さんが書き下ろした楽曲となっており、聴いているだけで心が奮い立つような力強い一曲です。

ドラマのイメージにもぴったりの楽曲ですね。

ノーサイド・ゲームが全話無料視聴できる動画配信サービスのまとめ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の動画はParavi(パラビ)で2週間はお試しで視聴できます。

さらに合わせてTBS系の他の作品も無料で見れるということで大変お得です。

無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかかりません。

最後まで熱く面白いストーリーに豪華キャスト陣の熱演、それを盛り上げてくれる米津玄師さんの主題歌と見所満載の作品となっております。

[afTag id=667]

目次
閉じる