無伴奏(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

無伴奏(映画)を無料で楽しむならU-NEXTがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

【無伴奏(映画)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント
31日間
1990円
14万本
600P
30日間
2417円
非公開
1100P
2週間
933円
6万本
ポイント0
2週間
888円
1万5千本
100P
30日間
925円
1万本
ポイント0
30日間
562円
1万本
ポイント0

30日間
1780円
非公開
1600P
14日間
1500円
1万本
3000P
31日間
500円
12万本
ポイント0

30日間
500円
7千本
ポイント0
30日間
500円
7千本
ポイント0
14日間
890円
2万本
1000P
無料なし
800円~
5千本
ポイント0
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀して無伴奏(映画)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

無伴奏(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画が無料視聴可能

無伴奏(映画)の動画はU-NEXTで31日間はお試しで視聴できます。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

なぜU-NEXTを一番おススメしているかについては、メリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/u-next-korea-movie/]

無伴奏(映画)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし なし

GYAO
なし なし

Youtube
予告のみ 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

無伴奏(映画)の無料フル動画を高画質で安心・安全に視聴するならU-NEXTをお試し体験しましょう!

U-NEXT公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

無伴奏(映画)の他にU-NEXTで観られる人気作品

無伴奏(映画)のフル動画を視聴する以外にもU-NEXTでは数多くの人気作品を視聴できます!

視聴可能な人気ドラマ・映画・バラエティなど概要をまとめていますので、ぜひそれぞれタップして確認してみてくださいね♪

[afTag id=7458]

<↑目次に戻る↑>

過去にU-NEXTを利用した事がある方へ

過去にU-NEXTを利用した事がある方は31日間無料お試し期間は適用されず、また初回ポイントの600Pも貰うことはできません。

数ある動画配信サービスの中ではU-NEXTを断トツでおススメするのですが、U-NEXTを利用した事があるあなたへおススメなのが『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TV』です。

レンタルサービスと動画配信サービスがセットになったプランは特にお得で、TSUTAYA DISCASの宅配レンタルでは新作映画も8本を上限に借り放題かつ過去作も借り放題なので最高ですよ!

さらには30日間の無料お試し期間もあり、1100Pもポイントが付与されるので、何かしらの動画配信サービスを利用した事があれば、次点で『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TV』は検討してみてくださいね♪

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

無伴奏(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした1969年(昭和44年)に仙台で過ごす多感な女子高校生の響子(成海璃子)。同級生のレイコやジュリーとともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。そんな響子が気がかりな両親は仕事の都合で東京に引っ越すが、仙台の進学校に通う響子は、仙台の叔母のもとで過ごすことになる。 レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れる喫茶店「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも渉(池松壮亮)、祐之介(斎藤工)、エマ(遠藤新菜)と出会う。この喫茶店では、好きな音楽をリクエストできるのか、「バッヘルベルのカノン」をリクエストする渉。響子は、席が隣り合わせになったそんな渉に興味を抱く。 ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会する。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。 だが、いつしか見えない糸が絡み始め、どうすることもできない衝撃に包まれていく・・・。

出典:『無伴奏』公式サイト

無伴奏(映画)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★

成海璃子さんが、喫茶店「無伴奏」で出会った大学生たちと共に、女子高生から大人の女性へと成長していく響子を、体当りの演技で熱演していてとても良かったと思いました。可愛かったです。池松壮亮さんが、独特の存在感でさすがの実力派俳優として、渉をとてもいい味を出していると思いました。成海璃子さんとの絡みが、とてもエロかったです。斎藤工さんが、渉の友人の祐之介を熱演していてとてもいい味を出していたと思います。池松壮亮さんと成海璃子さんの絡みを、ドアの隙間から無表情で覗くシーンが、印象的です。松本若菜さんが、とてもきれいだと思いました。衣装が時代を感じさせて、とても可愛かったです。みんなが、それぞれに生きることに対して葛藤や疑問を持ちながら、絶望してヤケになったりするけれど、それでも希わずかな望を見いだして何とか前に進んでいこうとすることが、生きるということなのではないかと思いました。人間は、とてももろいけれど、その反面すごく強いところもある存在で、迷い悩みながら生き抜いていくことが大切なのだと考えさせられる作品です。学生運動が盛んだった頃の現実はわかりませんが、激動の時代を生き抜いた人たちのその後の人生が気になります。


40代男性
★★★★

60年代や70年代の時代背景を見事に再現されており、その時代に生きる人の息吹を感じることができます。
闘争をしなければ殺気立つ世の中、そのような世の中に生きているしなやかな可愛らしさを表現した鳴海の演技は素晴らしく、際立つものがあったと見受けられます。またその他のキャラクターにも心が揺り動かさられ、一つ一つの感情がぶつかり合うということと共に、まざまざとその演技力の高さを見せつけられたのです。
全体的に無音状態が長く珍しい映画だと思いました。無伴奏というよりも無音といったような題名なのかと思われるぐらい、それほど音楽が少なかったです。これは良い方向に働いており、一人一人の演技の深いところまで見させることができる効果があり、無音ということが逆に数少ない音楽を引き立てていると感じられました。
どこかへ逃げ出したいけどもう逃げ出せないというジレンマ、それが悲しさと共に私の心に突き刺さり、いつの時代も人を愛するという言葉ほど切ないものはないと、自問自答をせざるを得ない映画であります。これほどまでに興味深く没入させる匠の技術の片鱗を映画に埋没させてくれており、ズシリと重くのしかかっている全体的な雰囲気の映画ではなく少しピリピリとしたような電気痛を感じる映画であったというのが率直な感想であります。

無伴奏(映画)の原作ってあるの?

映画『無伴奏』の原作は集英社出版の小説『無伴奏』になります。

作者は小池真理子さんで連載されたのは『無伴奏』の他に『沈黙のひと』や『恋』があります。

直木賞作家・小池真理子さんの半自伝小説ということで、当時実在した音楽喫茶「無伴奏」を舞台にした若者達の物語です。

60年代後半独特のノスタルジックな雰囲気や、若者特有の激しさや複雑な心の動きなどが繊細に表現された読み応えのある作品となっております。

無伴奏(映画)の主題歌を歌うのはDrop’s

映画『無伴奏』の主題歌を歌うのはDrop’sさんの『どこかへ』です。

映画の時代背景にぴったり合ったノスタルジーな雰囲気のこちらの楽曲。

切なく退廃的な雰囲気のメロディやボーカルは映画の場面を思い起こさせるようで、映画と共にじっくり鑑賞したい楽曲となっております。

<↑目次に戻る↑>

無伴奏(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

無伴奏(映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

無伴奏(映画)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

成海璃子(野間響子 役)

こんな作品にも出演
NHKドラマ『昭和元禄落語心中』(2018年)
映画『少女たちの羅針盤』(2011年)
映画『神童』(2007年)

池松壮亮(堂本渉 役)

こんな作品にも出演
テレビ東京ドラマ『宮本から君へ』(2018年)
テレビ東京ドラマ『銀と金』(2017年)
映画『斬、』(2018年)
映画『デスノート Light up the NEW world』(2016年)

斎藤工(関祐之介 役)

こんな作品にも出演

矢崎仁司(監督)

こんな作品も監督

映画『ストロベリーショートケイクス』(2006年)

映画『三月のライオン』(1992年)

映画『太陽の坐る場所』(2014年)

その他キャストも多数出演

遠藤新菜、松本若菜、酒井波湖、仁村紗和、斉藤とも子、藤田朋子、ほか

<↑目次に戻る↑>

無伴奏(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

映画『無伴奏』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

小池真理子さんの半自伝小説を基にした作品で、時代背景は学生運動などが各地で起きていた1969年の仙台となっております。

激動の時代を生きる女子高校生・野間響子(成海璃子さん)がバロック喫茶「無伴奏」で大学生の渉(池松壮亮さん)やその仲間達と出会った事からストーリーが動き出していきます。

4人の男女の恋愛模様が中心となってきますが、時代背景が1960年代後半ということで、時代特有のレトロな雰囲気や当時の服装に学生達の動きなど、様々な視点から楽しむ事が出来ますね。

劇中で流れるクラシック音楽なども素敵で、ノスタルジックな雰囲気にどっぷり浸かることが出来る作品となっておりますよ。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる