もののけ姫(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービス

もののけ姫(ジブリ映画)は、1997年に公開されたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画になります。

スタジオジブリ制作のアニメーションは毎回観終わった後に考えさせられることが多いのですが、もののけ姫は特に人の醜さや愚かさについて考えさせられるものでした。

そんなもののけ姫(ジブリ映画)のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじ・感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

[afTag id=792]

※目次のクリックでジャンプして見られます♪

目次

もののけ姫(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

もののけ姫(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVについてはさらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

もののけ姫(ジブリ映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=8450]

<↑目次に戻る↑>

もののけ姫(ジブリ映画)のフル動画をAnitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

Anitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

もののけ姫(ジブリ映画)を安心・安全に無料視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVを詳しく見る >>

もののけ姫(ジブリ映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

自然と人間の関係をテーマとし続けてきた宮崎駿の集大成的作品で、それまでの日本映画の歴代興行記録を塗り替える大ヒットとなった。山里に住む若者アシタカは、怒りと憎しみにより“タタリ神”と化した猪神から呪いをかけられてしまう。呪いを解く術を求めて旅に出るアシタカはやがて、西方の地で“タタラ”の村にたどり着く。エボシ御前が率いるその村では、鉄を造り続けていたが、同時にそれは神々の住む森を破壊することでもあった。そして、そんなタタラ達に戦いを挑むサンの存在をアシタカは知る。人の子でありながら山犬に育てられた彼女は“もののけ姫”と呼ばれていた……。

出典:TSUTAYA DISCAS『となりのトトロ』

もののけ姫(ジブリ映画)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

平穏な村の風景がタタリ神が現れたことによって展開するストーリです。村を守るために身を挺して戦うアシタカが見られ、倒したと同時にタタリ神から呪いを受けてしまいます。死に至らしめる呪いが右腕に刻まれた姿にタタリ神の恨みの深さを感じます。タタリ神の正体は巨大なイノシシ神であり、人間により放たれた銃弾がにより人間へ恨みを持ち、死への恐怖からタタリ神となってしまったものでした。村を出たアシタカがタタリ神となった真相を追っている中見えた人間同士の争い、そして人間が豊かさを手に入れるため挑む自然界との争いが憎しみを生み出し、それによってタタリ神という悲しみを生み出したのだと感じました。途中、出会った山犬に育てられたサンとの出会いによって人間と自然との共存の道を目指すきっかけとなります。その間も身を守るために戦いの準備をする人間たちの姿は悲しささえ感じます。森への侵略と共に森を守る不老不死の力を持つシシ神の首を人間がとったことで死んでいく自然界の様子は胸が痛み、その様子を見ても自分の行動を優先する人間の姿に傲慢さを感じます。憎しみは憎しみしか生まないという悪循環の中で諦めないアシタカの行動は胸をうち、取り返したシシ神の首を返したことで再び自然界に命が宿りますが、シシ神が姿を現すことはありませんでした。命と引き換えに自然界を蘇らせ、またアシタカの呪いが遠ざかった結末に生きることの根強さを感じました。一から再生していくことで自然界との共存を願う結末でした。


20代女性
★★★★★

もののけ姫はいろんな事を考えさせられる作品です。
まず「生きろ」というキャッチコピーからして物語の深さがうかがえます。「生きろ」とは誰に向けた言葉なのだろうと考えながら見ていました。物語冒頭で呪いを受けてしまった主人公であるアシタカへの言葉なのか、タタラ場で働く人間たちへなのか、ヒロインであるサンを含め森で生きるものたちへなのか、森そのものへ言っているのかと、そんなことを考えながら見てみるのも新鮮で楽しかったです。もし、森そのものに対しても言っている言葉ならば、ラストで森が死んで再生していく姿には胸が苦しくなります。
森が再生していく描写がとても綺麗で一見前向きなシーンにも見えました。人間側にとってはハッピーエンドかもしれないけれどサンの「アシタカは好きだが人間を許すことはできない」という言葉で森で生きていた神様たちや森そのものたちにとってはバッドエンドかもしれないと考えさせられるシーンでした。
森や神様側から見れば人間が悪者のように見えるけれど、そこにいたるまでのシーンで人間たちが完全なる悪者でないこともしっかりと表現されています。
タタラ場でのシーンは本当に楽しそうで大好きなシーンです。
呪いを受けて村を追い出されたアシタカがたどり着いたタタラ場では特にタタラ場の女性たちが強く真っ直ぐに生きている姿が表されています。快活で笑顔で楽しそうに歌を歌って、イケメン(アシタカ)に頬を染める姿は可愛らしいです。
タタラ場を治めるエボシ様もかっこいい女性です。
この人がシシ神様を殺してしまうことで森もタタラ場も窮地に追いやられてしまうのですが、それでも憎めないのがエボシ様です。
売られた女性を買い取り仕事を与えることで救ったり、病気を患って差別されているような人たちですらちゃんと人として接し仕事も与える、皆に慕われるような人です。完璧な私利私欲のためではなく人間のために生き人間のために神様殺しを行ったからこそ憎めないキャラクターです。
このエボシ様と対照的な立ち位置になるのがヒロインのサンです。
この子は犬神に育てられ森で生きてきました。
だからこそ森を殺そうとする人間を憎み人間から森を守ろうとします。けれど山犬に育てられようともサンは人間です。
アシタカに出会い心が揺れます。アシタカに心を許したサンは登場シーンよりも優しい表情をしていてとても可愛らしい少女のようでした。
アシタカは中立の立場でどちらも守ろうとするので視聴者側がどちらかを贔屓目で見るということもなく、更には人間側、森側、両方の面から物語が描かれているので物語に深みが出ているのだろうかと思いました。どちらも守りたいものがあるからこそ戦っているけれど、そのためには誰かや何かを犠牲にしないと生きていけないということをわかりやく表現されている作品だと思います。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

もののけ姫をみた感想は、一番初めはナウシカのようにやっぱり独特の自然の環境について考えさせられました。その理由は、主人公のアシタカの生きざま、そしてヤックルと一緒に醸し出される雰囲気が、なんというかいたたまれないというか、アシタカのあのまなざしが何かを訴えてそれが尽きないような感じがしました。私は地球に住まわせてもらっている以上森や林、自然を大事にしなければならないと思っているので、このもののけ姫をみてますますなんというか、地球に住まわせてくれてありがとうございますというような感じの気持ちになりました。ジブリ作品は奥が深いというか、今回のもののけ姫はちょっとグロいといったらあれですがみていて気持ちのいいものというよりかは、何かを考えさせられるといった感じの作品だったと思います。ぞくぞくした感じで、トトロやポニョなどのような感じではなく、もっと大人の人がみて考えさせられるよな、と思える作品だと思いました。なんと行ったらいいかわかりませんが、小さい子供よりも大人が見ていろいろと感じるところがあるんじゃないかなと思う作品だと思います。私はこのジブリ作品を子供もいいですが、もっと大人に見てもらいたいなと思います。


30代男性
★★★★★

人間と生き物、植物などが共存できるかを考えさせられる映画です。主人公アシタカが村を守るために病魔に侵されているイノシシを殺します。それで呪いを腕に受け、その呪いを探る旅に出るのですがなんといっても出てくる登場人物がみんな個性があって愛着が湧きます。そこでオオカミに育てられた少女と運命的な出会いをして、アシタカは追いかけます。その少女が村を襲う時に最後に村人の鉄砲がアシタカに当たり致命傷なるシーンがあるのですが見ている側はこのまま死ぬのではないかとハラハラさせられます。そこに助けてくれたお礼として少女が主人公を助けるシーンは少女にも人間の心があるんだと考えさせられました。主人公と少女を助けたオオカミが話すシーンは色々考えてしまうぐらい深く、どうしても人間と動物は共存できないのかと思ってしまいます。人間が自然を壊して豊かになるかわりに動物が住む世界がなくなってしまうことに胸が痛くなりますし、動物が人間に立ち向かうシーンは共に命があることを考えさせられました。最後はシシガミに生きろと言われた主人公は呪いが解け、動物と人間は住む世界は違うけれどまた会いに来るというシーンには涙が出るくらい感動しました。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

人と自然を対極に置きながら、お互い生きることに必死な世界観を描いた作品です。
かなり宮崎駿監督の怒り、のような物を感じる作品で、他のジブリ作品にはないようなシーンが多数あります。田舎侍が人を刀で襲うシーンや、他にも動物たちが襲い狂って人間を殺すシーンなど、痛みを伴うシーンが多数あります。そして自信の出自によって苦悩するサン。
彼女の行く末は一体どうなるのか、かなり気になる話でした。
自然を破壊し、人間の暮らしを良くする一方悪いことが起きるのは最近の世界でも起きていることだな、と感じるシーンが多々ありました。
また途中でハンセン病の方と思わしき人達も出てきたりと、なかなかに問題提起を映画のなかに盛り込んだみやざきがが凄いなぁと思いました。
主人公のアシタカに関しては、なんだか自分勝手であり最近の若者に通づるところがあると思います。カヤという女性がいるにもかかわらず、当たり前のようにカヤに貰った小刀をサンに渡す当たりは、ナチュラルに浮気思想な奴だな・・・と感じてしまうシーンでした。
この映画で一番好きなのはエボシなのですが、彼女の裏話を聞いて余計に好きになりました。かなりカッコ良い女性だと感じていましたが、すごいバックボーンを抱えたやはりカッコ良い女性で益々好きになりました。大好きな映画です。

もののけ姫(ジブリ映画)の原作ってあるの?

(出典:Amazon)

もののけ姫(ジブリ映画)の原作は、宮崎駿さんが書かれた本だと言われています。

内容は映画とはまったく異なるものの、宮崎駿さんのイメージボードというだけあって、頭の中で描かれていた映画『もののけ姫』がきっとあったはずです。

もののけ姫(ジブリ映画)の音楽担当は『久石譲』、主題歌は米良美一の『もののけ姫』

もののけ姫(ジブリ映画)の音楽担当は『久石譲』さんで、主題歌を歌われたのは米良美一で『もののけ姫』となります。

久石譲さんの楽曲を聞くと、ジブリ作品を観ているんだなあとしみじみ感じます。

また米良さんの歌声は当初女性が歌っているものと思っていましたが、実は男性で「カウンターテナー」という女性のような高音域を歌う方のことを呼ぶそうです。

<↑目次に戻る↑>

もののけ姫(ジブリ映画)の声を担当した出演者情報とキャラクター

もののけ姫(ジブリ映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

もののけ姫(ジブリ映画)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

松田洋治(アシタカ 役)

こんな作品にも出演
俳優・声優として活躍されています。
なじみの深い作品をご紹介していきます。
アニメ映画『風の谷のナウシカ』(1984年)アスベル役
アニメ映画『時をかける少女』(2006年)高瀬宋次郎役

石田ゆり子(サン 役)

こんな作品にも出演
映画『マチネの終わりに』(2019年)
映画『コーヒーが冷めないうちに』(2018年)
アニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年)※おキヨ役で声の出演

美輪明宏(モロの君 役)

こんな作品にも出演
NHK連続テレビ小説『花子とアン』(2014年)※ナレーション
大河ドラマ『義経』(2005年)
アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)※荒地の魔女役で声の出演

宮崎駿(監督・脚本・原作)

こんな作品も監督

アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)

アニメ映画『風の谷のナウシカ』(1984年)

アニメ映画『天空の城ラピュタ』(1986年)

アニメ映画『となりのトトロ』(1988年)

アニメ映画『魔女の宅急便』(1989年)

アニメ映画『紅の豚』(1992年)

アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)

アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)

アニメ映画『崖の上のポニョ』(2008年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)

その他声優も多数出演

田中裕子(エボシ御前)、小林薫(ジコ坊)、森繁久彌(乙事主)、西村雅彦(甲六)、ほか

<↑目次に戻る↑>

もののけ姫(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスのまとめ

もののけ姫(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

工業化のため発展を目指すエボシと、森に生きるサンの描写がまさしく人間と自然がどう共存していくかということを強く考えさせられる作品でした。

[afTag id=792]

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる