上白石萌歌さん出演の映画・ドラマ・受賞歴と気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

(出典:東宝芸能

目次

上白石萌歌さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

上白石萌歌さん情報
生年月日:2000年2月28日
出身地:鹿児島県
身長:163㎝
血液型:A型
結婚:無
所属事務所:東宝芸能

上白石萌歌さん出演の主な映画・ドラマ

主な出演映画

脳漿炸裂ガール(2015年)
金メダル男(2016年)
ハルチカ(2017年)
3D彼女 リアルガール(2018年)
羊と鋼の森(2018年)

主な出演ドラマ

幽かな彼女(2013年)
義母と娘のブルース(2018年)
3年A組~今から皆さんは、人質です~(2019年) 
いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年)
ドクターⅩ~外科医、大門未知子(2019年)
教場(2020年)

声の出演をした劇場版アニメ

未来のミライ(2018年) ※くんちゃん 役

上白石萌歌さんの受賞歴

第7回 「東宝シンデレラ」オーディショングランプリ受賞(2011年)
第42回 日本アカデミー賞新人俳優賞(2019年)

上白石萌歌さんのレビュー・評価

上白石萌歌さんへの個人的評価

『上白石萌歌さん』は一見おとなしそうな印象を受けますが、演じる役によって表情や表現力が変わりとてもいろんな顔を持つ俳優です。

様々なドラマ、映画に出演している彼女ですが、決して笑顔が輝く作品ばかりに出演しているわけではなく、特に近年出演した作品『3年A組~今から皆さんは、人質です』ではクラス内でいじめられて、自ら命を落としてしまう非常に難しい役だったのですが、その演技力により視聴者を引き付け国民的ヒット作になったことで知られ成功しています。

実際には回想シーンに多く登場しているのですが、画面に登場するたびに不思議な魅力があるのと、笑顔のシーンと対照的に、涙のシーンもうまく演じ分けていて良かったです。

まだ若干二十歳の彼女ですが、若さと比例しない演技力が確かにあります。決して派手すぎない素朴な魅力も十分にあります。ドラマや映画以外にも舞台、そして声優としても活躍されている彼女は、様々な現場で培ったことを糧にどのお仕事にもプラスに還元しています。その度胸や大きな舞台を数々こなしてきた経験が彼女を強くし成長させたと感じます。まだまだ若い彼女は伸びしろだらけなので今後の才能が開花すること間違いなしです。

上白石萌歌さんへの個人的評価

上白石萌歌さんを初めて見たののは、「義母と娘のブルース」という作品でした。少し生意気な少女が、少し可愛らしく純粋な女性へと変わっていったなという感じでした。お姉さんの上白石萌音さんと比べると、あまり目立った活躍はまだしていないのかもしれません。ただ、演技力や歌唱力はあるなと思っています。

正直言って、「3年A組ー今から皆さんは人質です」というドラマでは、生徒役が冨田望生さん、川栄李奈さん、片寄涼太さん、永野芽衣さん、今田美桜さんが出ていたので、外見からすると目立つタイプではなかったです。水泳部のエースという役でオリンピック候補だったのに、自殺してしまった役なので、あまり出番が少なかったというのも理由の一つだと思います。ただ、このドラマである意味では生徒役の中でキーパーソンでもありました。

演技力というより、あまり運動神経は良くなさそうで、水泳選手のような体型ではないなと思ってしまったので、正直、人選ミスだなとも思ってしまいました。ただ、永野芽衣さんが演じたさくらとの友情や、自殺してしまった場面では、なんとも苦しい思いをしながら見ていました。そういった意味では、上白石萌歌さんの演技力は生徒役の子たちの中でも、光っていたものがありました。幻覚を見るようになってしまうくらい、追い詰められて飛び降り自殺してしまったシーンは、心が苦しくなりながら見ていた記憶があります。純粋そうで、妹っぽいなと思わせる目が、印象的です。

目次
閉じる