めがね(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスはこちら

『めがね』は、2007年に公開された日本映画になります。

大ヒット作品である『かもめ食堂』のスタッフが携わり、出演者でもあった小林聡美さんが主演を務めるこちらの作品。

旅人のタエコ(小林聡美さん)が訪れた海辺の町の宿を舞台としてそこに居る人々との交流やゆったりとした時間を描きます。

そんな映画『めがね』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

Huluを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2859]

目次

君に届け(映画)が無料視聴できる動画配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
Hulu(フールー) フル動画をHuluで視聴可能

映画『君に届け』のフル動画はHuluで2週間はお試しで全話無料視聴できます。

Huluは本来月額課金のサービスではありますが、無料期間中であればいつ解約しても追加の料金はかかりません。

Huluについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/hulu-saisin/]

君に届け(映画)を無料視聴できるサービス比較

[afTag id=3260]

君に届け(映画)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『君に届け』を安心・安全に無料視聴するならHulu(フールー)をお試し体験しましょう!

Hulu(フールー)はこちらから>>

めがね(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

春。とある南の海辺の町にふらりとひとり旅でやって来たタエコは、ハマダという名の民宿に逗留。けれども、宿の主人ユージやどこか不思議な女性サクラとちぐはぐなやりとりが続き、居心地が悪くなったタエコは、別の宿マリン・パレスへ移ることにしたものの、そこの女主人も独特のキャラの持ち主で早々にUターンするはめに。その後、再びハマダで時を過ごすうち、次第にタエコもそのゆったりとした生活リズムになじむようになる。

公式HPより引用

めがね(映画)の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)
視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

バタバタした日常に疲れている人にぜひ見てほしい映画
なんだか疲れてやる気が出ない時には、ぼんやりしながらこの映画の世界観にどっぷりハマるのがおすすめ。特に大きな事件も起きないけど、全部見終わったらなんだかスッキリする!そして何が自分にとって大事で、何を手放すべきか…考え直すきっかけをくれる映画だと思う。どこか遠くへ行きたい思っても、今のコロナの状況ではなかなか出来ない…だから、この映画を見て少しでも現実逃避して欲しい!
個人的には、加瀬亮さんが演じるヨモギの、掴みどころがない不思議なキャラクターが好き!
あなたも、この登場人物達と一緒にめがねをかけて、海を見ながらかき氷が食べたくなるはず…!


30代女性
★★★★

大好きで何度か見ているのですが、いわゆる「起承転結」が強烈にある内容ではなく、とてもゆるやかに展開していき、そして少しずつ少しずつ人の心に語りかける物語なので、見る度に気づきがあります。「めがね」というタイトルから、何が始まるのだろう…とふわっと探りながら見進めていくうちにふわっと終わる、でも見終わった時には何か大切なものを見落としているのではないかという気持ちにさせられる、そんな作品です。「かもめ食堂」を見た人はおそらく100%に近い割合で見ているのではないかと思いますが…とにかくこの作品も小林聡美さん、もたいまさこさんのタッグが素晴らしかったです。終始ゆるく、疲れた心に対して投げかけるスローライフを描く作品、かと思いきや、すこーしだけ宗教感を感じたり、生きることへの哲学そのものを提示してくれたり。一度と言わず、何度も「また見ようかな」と思わせてくれる作品です。

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★

「めがね」スローな時間を味わえる映画
ゆったりした時間の流れと海辺の風景に癒されます。
映画に登場する食事のシーンがどれもとても美味しそうだし、サクラ(もたいまさこ)のカキ氷を食べている人の表情が皆、
幸せそうで微笑ましいんですよね。
海辺でみんながメルシー体操をしているシーンが印象的で、最初はシュールな感じなんだけど
何度か観ているうちに、なんか気持ち良さそうでちょっと参加してみたくなりました(笑)
タエコ(小林聡美)が民宿ハマダに徐々に馴染んでいくキッカケになったマリンパレスの女主人(薬師丸ひろ子)が笑えます。
何もせずぼんやり過ごすのがとても贅沢に思えるし、
もしあの島に行けたら「ここにいる才能」が自分にはあるのかちょっと気になります。
忙しい日々の合間に見るとホッと一息つける映画だと思います


30代女性
★★★★★

最初はその場所に馴染めなかった主人公がしだいに打ち解けていく。それを時間と共に見ているこちらも同調していく、そんな映画でした。

青い海の美しさ、その前で毎日行われる体操が可笑しくて何度も笑ってしまいました。そしてなんといっても、この映画を見た後には氷小豆を食べたくなること間違い無し!
小豆を炊くときのセリフも素敵でした。

美味しそうなお料理がたくさん出てくるので、食いしん坊さんも必見です。
そしてビールが飲みたくなります。

この映画では「たそがれ」がキーワードでもあるのですが、登場人物達のたそがれっぷりも見どころのひとつです。

何か特別なことが起こるわけではなく、ただ淡々と毎日が流れていく。そんな静かな映画ではあるのですが、とても心に残りました。

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★

ただ出てくる人みんながめがねをかけているからタイトルも「めがね」にしよう、この安直さや緩さがこの映画そのものを表しています。妙にせかせかとしていて生き急いでいる現代人、絶対みんな一度はこの島での生活を楽しんでもらいたいものです。私も行きたい、何をするわけでもなくただゆったりとそこで生きるという時間は正に急がば回れで必要なものなのです。何もないって贅沢なことだなと思えます。結局は主人公であるタエコがどういう人物なのか・なぜここにやってきたのかなど肝心なことが分からないけれどもだからいいのかも、何もかも突き止めようとするからこそ忙しくなっているのかもしれません。あるがままを受け止めて、これでいいやと思うことが出来たら自分の中の時間の流れは変わりそうです。


30代女性
★★★★

小林聡美さん主演のスローライフムービーです。
脇を固めている俳優さんたちも作り込まれ過ぎてなくてみなさんナチュラルで本当にこんな小さな南の島があるのかもしれないと思ってしまいました。
映画の中でいろんな料理がでてくるんですが、それも見どころのひとつです!どれもよくある家庭料理なのに全部美味しそうなんですよね。みんなで囲んで同じものを食べていると余計にそう思ってしまいます。
好きなことをしたいときにする、やりたくないことはやらないし、やってみたくなったらば、いつだってやっていい。
現代人は時間があれば何かしなくては行けないと思い過ぎているのかもしれないですね。
もっと肩の力を抜いてリラックスするのも大切。

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★

セリフが非常に少ない。少ないけれども、主人公のタエコ(小林聡美)とそれを取り巻く人々の心情がよく伝わってくる。都会生活に疲れたタエコが訪れた田舎の海辺の街。朝はサクラという女性率いる、メルシー体操という名の運動から始まる一日。不思議な生活スタイルの人々に、タエコは最初はついていけない。その街を離れ、新しい街に行ってみたが行った先は更に馴染めずまた戻ってきた。そこからタエコの心境の変化が出てくるのだが、その様子が非常に繊細に描かれていると思う。また、この映画は食事のシーンが見もの。お腹が空いている時にはたまりません。めがねの前作と言われている「かもめ食堂」やその後の「マザーウオーター」が同じ流れを組む作品だと思う。キャストもほぼ同じメンバーを起用しており、「何となく安心してみていられる」映画だと思われる。


30代女性
★★★★

私が、映画めがねを見たのは数年前。
1時間にバスが2本しかこない。そんな田舎から東京の高円寺に引っ越して数年が過ぎたころだった。
都会には季節の香りや音が少ない。
自由を求めて東京が少し窮屈に感じていた。
そんな時にふと、めがねの宣伝広告の海の水色が多く占める写真と「何が自由か、知っている」というキャッチフレーズが目に止まり、惹かれる、というより喉が渇いた時に水を飲むような自然な流れでこの映画を観た。
離島の静かな島で始まる不思議な出会い。
もたいまさこが出演している時点で不思議な出会いがある。
映画の内容はと言うと特に物語は無く「たそがれ」ているシーンが多いという印象であった。
都会で生きるスピードに慣れてしまうと、この映画のスピードは少し退屈かもしれないけれど、映画の時間の流れに身を任すことで、自分がそのままである事で自由なのだと、爽やかに潮風や夕陽の色に溶け込むことが出来るような作品である。

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★

小林聡美が主演の映画。観ていると不思議な感覚になるんだけど、すごくのんびりしてリラックスした気持ちになれるから好きな映画なんだよね。とある島に一人旅にきた女性が目的もなく島ですごそうとするんだけど、その島の人たちが独特で、不思議と色々関わってくるの。主人公は小さな民宿みたいなところに泊まるんだけど、なぜかオーナーや島の住人も当たり前のように一緒に食事とかするんだよ。そういう「なんで?」って思うところがたくさんあって面白いんだよね。最初は鬱陶しく思う主人公もだんだんそういうことに馴れていっちゃう様子も面白かった。ボーッと観ているだけでもなんか引き込まれちゃう映画だからオススメする。まるでその島にいるような雰囲気が味わえるかもよ。


30代女性
★★★

映画「めがね」は、私の大好きな映画なんだー。観るきっかけは加瀬亮が好きだから見てみたんだけど、終始落ち着いた雰囲気で淡々としている…だけどまた観たくなるような不思議な映画だったよ。今では仕事や家事で忙しくてストレスが溜まった時に、何も考えずのんびりしながら観るのが最高に好きなんだ。旅行には行けないけど現実逃避してのんびりしたい時には、めがねを観ると癒されるよ。海を背景にした綺麗な背景にも癒されるし、作中の人たちがのんびり過ごす日常、食事のシーンとかを見ていると今の悩みがどうでもよくなってくるんだ。作中の人たちのスローライフを何も考えずに見ていると忙しく働いてイライラしている自分のことも客観的に見ることができて作中の人たちみたいにのんびりしてもいいかぁっていう気分になるんだ。

めがね(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

タエコ役(小林聡美)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『やっぱり猫が好きシリーズ』(1988年~2007年)
日本テレビドラマ『anone』(2018年)
映画『犬に名前をつける日』(2015年)
映画『東京オアシス』(2011年)
映画『かもめ食堂』(2006年)

ハルナ役(市川実日子)

こんな作品にも出演

ヨモギ役(加瀬亮)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『続・最後から二番目の恋』(2014年)
WOWOWテレビドラマ『この街の命に』(2016年)
映画『ムーンライト下落合』(2017年)
映画『旅のおわり世界のはじまり』(2019年)
映画『それでもボクはやってない』(2007年)

ユージ役(光石研)

こんな作品にも出演

脚本・監督(荻上直子)

こんな作品も脚本・監督

映画『かもめ食堂 』(2006年)

映画『彼らが本気で編むときは、 』(2017年)

その他キャストも多数出演

もたいまさこ、橘ユキコ、中武吉、吉永賢、ほか

 

めがね(映画)の主題歌を歌うのは 大貫妙子

映画『めがね』の主題歌を歌うのは 大貫妙子さんの『めがね』です。

映画の内容にぴったりのゆるやかでリラックス出来る楽曲で、広大な海を思わせますね。

めがね(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスのまとめ

映画『めがね』のフル動画はHuluで2週間はお試しで全話無料視聴できます。

Huluは本来月額課金のサービスではありますが、無料期間中であればいつ解約しても追加の料金はかかりません。

どこか懐かしい気持ちになれるこちらの作品、映画の内容もさることながら劇中で登場する料理なども美味しそうで南国の海も美しく、のんびりしたい時に観るのにぴったりの作品ですね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

Huluを2週間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2859]

目次
閉じる