松本穂香さん出演の映画・ドラマ・受賞歴と気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

(出典:NHK人物録

目次

松本穂香さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

松本穂香さん情報
生年月日:1997年2月5日
出身地:大阪府堺市
身長:162 cm
血液型:O型
結婚:無
所属事務所:フラーム

松本穂香さん出演の主な映画・ドラマ

主な出演映画

風に立つライオン(2015年)
ガールズ・ステップ(2015年)
青空エール(2016年)
にがくてあまい(2016年)
恋は雨上がりのように(2018年)
SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年)
君は月夜に光り輝く(2019年)
おいしい家族(2019年)
わたしは光をにぎっている(2019年)
青くて痛くて脆い(2020年)

主な出演ドラマ

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年)
ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子(2016年)
黒い十人の女(2016)
この世界の片隅に(2018年)
JOKER×FACE(2019年)
夢食堂の料理人〜1964東京オリンピック選手村物語〜(2019)
病室で念仏を唱えないでください(2020年)
竜の道 二つの顔の復讐者(2020年)

声を担当した劇場版アニメ

きみと、波にのれたら(2019年)

松本穂香さんの受賞歴

おおさかシネマフェスティバル2020主演女優賞(2020年)

松本穂香さんのレビュー・評価

松本穂香さんへの個人的評価

数々の話題作に出演し、今大注目の若手女優の松本穂香さんは、儚げで繊細な役柄から少女漫画の実写版といった難しい役まで幅広く演じていて、とても魅力的で素敵な女優さんです。

ドラマや映画だけでなく、CMでも個性的な演技を見せてくれる松本穂香さんは、透明感のある容姿と演技力の高さというギャップが素晴らしく、見る人の印象に残るような唯一無二の女優さんです。

最近では話題作に出演することの多い松本穂香さんですが、連続ドラマの「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」ではわき役でありながらも、無気力で投げやりな性格から事件に巻き込まれるメイドカフェの従業員を見事に演じていて、見る人の印象に残るような素晴らしい演技でとても良かったです。

他にも「青空エール」や「恋は雨上がりのように」といった漫画原作の実写版に出演し、その透明感のある容姿でまるで漫画の世界から飛び出してきたような素晴らしい演技を見せてくれました。

そして話題作「この世界の片隅に」では、戦時中でありながらも生き生きと暮らすという主人公のすずという難しい役柄を全力で演じていて、見る人を感動させるような演技はとても圧巻で素晴らしく、才能あふれる女優だと改めて実感しました。

松本穂香さんへの個人的評価

松本穂香さんの魅力は、等身大で演じているかのような、身近に感じられ、共感できるような演技だと思います。

そして、一番最初に思いつくのが、やはり大抜擢という感じで主演を務めた「この世界の片隅に」でのすず役だと思います。

この作品は、第二次世界大戦末期の広島を舞台にしているということで、普通に考えると悲壮感が満ちている感じに仕上がると思いますが、穂香さんの持つ優しさや癒しの雰囲気により救われていると思います。

なんといっても、甘い感じでゆったりと話す広島弁が可愛すぎると思います。

そして、可愛さだけではなくて、その奥に強さも持っているところが素晴らしいです。

映画でずずの声を演じたのんさんも良かったと思いますが、見事に新たな魅力を与えていると思います。

その前に有村架純さん主演の「ひよっこ」にも出演していて、方言バリバリの独特なキャラを演じていますが、その後まさかいきなり主演を務めるとは予想外過ぎて驚きました。

伊藤英明さんが坊主兼医師を演じた「病室で念仏を唱えないでください」の医師役では、正に等身大という感じで一生懸命に頑張る姿がイメージ通りという感じがしました。

また、「竜の道 二つの顔の復讐者」でも復讐を実行している兄たちを心配しながらも、嫌がらせなどに屈しない強さを持つ妹役を、普段は緊張感溢れるストーリーのオアシス的な存在ですが、時には感情的になりながらも好演していると思います。

目次
閉じる