マチネの終わりに(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

マチネの終わりに(映画)を無料で楽しむならU-NEXTがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

【マチネの終わりに(映画)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント
U-NEXT 31日間
1990円
14万本
600P

TSUTAYA DISCAS
30日間
2417円
非公開
1100P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

Amazonプライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

Netflix
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀してマチネの終わりに(映画)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

マチネの終わりに(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画が無料視聴可能

マチネの終わりに(映画)の動画はU-NEXTで31日間はお試しで視聴できます。

通常有料のポイントで購入する作品ですが、初回限定ポイントが600ポイント付属されますので、そのポイントを消化して無料で見られるというカラクリになります。

会員を継続する場合は、毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も毎月実質無料で楽しむことができますよ♪

U-NEXTについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/u-next-korea-movie/]

マチネの終わりに(映画)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし なし

GYAO
なし なし

Youtube
予告のみ 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

マチネの終わりに(映画)の無料フル動画を高画質で安心・安全に視聴するならU-NEXTをお試し体験しましょう!

U-NEXT公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

マチネの終わりに(映画)の他にU-NEXTで観られる人気作品

マチネの終わりに(映画)のフル動画を視聴する以外にもU-NEXTでは数多くの人気作品を視聴できます!

視聴可能な人気ドラマ・映画・バラエティなど概要をまとめていますので、ぜひそれぞれタップして確認してみてくださいね♪

[afTag id=7458]

<↑目次に戻る↑>

マチネの終わりに(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

世界的なクラシックギタリストの蒔野聡史は、
公演の後、パリの通信社に勤務するジャーナリスト・小峰洋子に出会う。
ともに四十代という、独特で繊細な年齢をむかえていた。
出会った瞬間から、強く惹かれ合い、心を通わせた二人。
洋子には婚約者がいることを知りながらも、
高まる想いを抑えきれない蒔野は、洋子への愛を告げる。
しかし、それぞれをとりまく目まぐるしい現実に向き合う中で、
蒔野と洋子の間に思わぬ障害が生じ、二人の想いは決定的にすれ違ってしまう。

互いへの感情を心の底にしまったまま、
別々の道を歩む二人が辿り着いた、愛の結末とは―

出典:『マチネの終わりに』公式サイト

マチネの終わりに(映画)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

原作を映画化した「マチネの終わりに」。私は原作を読む前に映画を見ました。なので、詳しい内容はもちろん知りませんでした。唯一知っていたのは「大人のラブストーリー」ということだけです。
実際に映画を見て、一番の見所は、やはり天才ギターリストの蒔野とジャーナリストの洋子だと感じました。そのふたりの苦しくて切ない、そして美しいと思わせる大人のラブストーリー。自分の音楽に迷い始めていた蒔野の心を動かしたのは洋子の存在であって、洋子も蒔野の存在に救われている。たった3回しか会ったことのない人を、こんなにも深く愛することができるのかと思いました。
ふたりの間で介される台詞には考えさせられました。
「人は変えられるのは未来だけだと思い込んでいるけど、実際は常に未来が過去を変えているんだよ。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。」
洋子の祖母が亡くなった話の中で、当時楽しかった思い出をもうそのままには出来ない気持ちでいる洋子に対して、蒔野が言った台詞です。
私は幼い頃に母を亡くすという悲しい過去があり、今でもその悲しみを抱え続けています。過去の出来事が今の私を作り上げているという感覚は分かるのですが、未来が過去を変えているという考え方は、いまだに腑に落ちずモヤモヤした気持ちです。私の努力次第だとは思いますが、過去の悲しみがステキなものに変えられるように未来を信じてみたいと思いました。
それにしても、洋子の気持ちを汲み取り、言語化した蒔野はすごいと思いました。さらに、ふたりの考え方が通じ合ったその空間は羨ましいと感じました。
見所である大人のラブストーリーの他、人の生き方についても考えさせられました。それは早苗の生き方です。タクシーに置き忘れた蒔野の携帯を取りに行き、その後蒔野と洋子のメールのやり取りを見た早苗。マネージャーとして蒔野と蒔野の音楽を守るために今まで尽くしてきた早苗ですが、その時はひとりの女性として存在していました。「蒔野を洋子に取られてしまう」とそんな感覚でしょうか。その後の早苗がとった行動に初めは怒りを感じました。「なんてことをしてくれたんだ!」と。しかし、早苗にとっては「正しく生きることが目的ではなく、人生の目的は蒔野」であり、「蒔野のためならなんだってできる」という熱い精神を持っていました。「蒔野が主役の人生を支える名脇役でありたい」この台詞もとてもステキで、蒔野のことをそれ程にまで想い、愛しているからこそできる生き方なのだと思いました。
この作品で最も印象に残っているのは「幸福の硬貨」です。劇中に何度も流れ、「ポロン♪」と鳴り始める音、その優しい音が鳴り響く度に涙がこぼれました。一番心を掴まれたのは、蒔野の復帰コンサートの幸福の硬貨です。トーク中に洋子の姿を見つけた蒔野。「来てくれたのか!」と思わせる、声にならない感情を見せる表情はたまりませんでした。洋子に向けたメッセージとふたりの特別な曲である幸福の硬貨。どの席で聴いているのだろうとソワソワさせるカメラワーク。うっとり聴く洋子の姿と洋子が流す涙に私は胸が苦しくなる程でした。
映画を見終わった後、余韻にずっと浸ってしまいました。そして、幸福の硬貨が聴きたくてそのままCDショップへ行き、サウンドトラックを買いました。
この「マチネの終わりに」は本当にステキな作品で、原作を読んでからも4回劇場に足を運びました。その度、涙したり癒されたり考えさせられたりと心を動かされました。いろんな気持ちになれるこの作品、これからもたくさんの人に見てもらいたいと思っています。


30代男性
★★★★

映画『マチネの終わりに』鑑賞

平野啓一郎さんのロングセラー恋愛小説の映画化ということで、先に原作を読んでからの鑑賞となりました。
天才クラシックギタリストの薪野聡史役に福山雅治さん、国際ジャーナリストの小峰洋子役に石田ゆり子さんという、想像しただけでも素敵なカップルだろうなという触れ込みで大人の恋愛が見られるものと期待。
40代というすでに色々と経験をしてきている年齢になってから出会った二人。
片方にはすでに結婚を約束した相手がいるにも関わらず、惹かれあってしまう二人。
自分(薪野)のことを支えるうちに愛情にかわっていくマネージャーなど、状況としては現実にもありそうですが、そこを福山さんと石田さんが演じることで、ある意味で現実とは違う世界に感じさせてくれる作品でした。
一目ぼれのような状況でも、それを信じて進もうとするものの、すれ違いが二人を引き離していくのはとても切なくなりました。
たった三度会っただけの人でも、こんなにも惹かれあってしまうということがあるのだろうか。
まさに運命の人との出会いだったのかなと思うのと同時に、その運命の人との関係はやっぱり簡単にはいかないのはお約束といったところでした。
ラストシーンで薪野のコンサートに足を運び、終演後の公園のシーンは今思い出しても涙が出そうになるぐらいで、全体的に世界観がすごく素敵な作品でした。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

原作はベストセラーとなった同名小説で、芥川賞作家・平野啓一郎の作品です。音楽家とジャーナリストという、平凡な主婦には縁遠い設定の主人公が、東京、パリ、ニューヨークを舞台に恋に落ちてゆくという、これまた平凡な主婦には縁遠い設定の物語なのですが、いいんです。どうせ映画をみるなら、それぐらい現実を忘れさせる華やかな設定と美しい街並みが必要なんです。そしてそこに登場する主人公は、福山雅治、石田ゆり子という、年齢を経ているはずなのに魅力的で切ない表情の似合う役者でないとだめなんです。そう、これは平凡な主婦にこそ受ける映画なのです。パリ公演を終えた世界的ギタリストが、同じくパリに勤務するジャーナリストと出会って恋をするなんて、これが若手の美しいだけの女優とかジャニーズ(失礼!)だったら、どんなお花畑ストーリーだってなるのですが、この絶妙な人選はキャスティングの勝利といってよいでしょう。伊勢谷友介、風吹ジュン、古谷一行ら脇を固める役者陣もいいじゃないですか。出会った瞬間から惹かれ合う2人には、心を通わせながらも婚約者の存在や互いの年齢という壁が立ちはだかる。それを知りつつも、抑えきれない思いがあふれて2人は苦悩する。冷静になったら、つっこみどころは満載。でもいいんです。映画ってこれぐらい現実離れして美しいものを見せてくれないとと思います。


20代女性
★★★★

映画マチネの終わりにの感想を一言で表すと「切ない」だった。もう恋愛をしづらくなる年齢の、石田ゆり子と福山雅治が演じる主人公が、年齢に関係なく恋に落ちていく様が描かれているんだけど、やはり年齢からか、仕事や働く場所、周りの人間、婚約者、仕事、親族、ライブイベントなど様々な要素に惑わされて、恋を成就できないもどかしさがなんとも切なかった。2人があと10歳若かったらきっと結果は変わっていたなと思わせるところがあり、観ていてじれったさを感じた。
ロンドン、パリ、ニューヨーク、東京を舞台にしているんだけど、石田ゆり子と福山雅治の2人のルックスが良いので、画的にとても美しかったし、各地に訪れてみたくなった。特にパリで撮影されたシーンは多かった。街並みが素敵で観ていて楽しかった。
映画には特に激しい出来事があるわけではないけども
少しずつすれ違っていく2人を観ていると、少し辛くなってしまって、自分はこんな風になりたくないなと思った。
ラストシーンで結局再開した2人はこれからどうなるのかなと気になる。浮気はダメな事だが、応援したくなる気持ちが芽生えてしまった。私ならキッパリ諦めて今ある幸せを大事にするよなとか、こんなんなら駆け落ちするよね、とか、
観た後に誰かと話したくなった。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★

この映画の魅力は、何と言っても絵がとても綺麗なところです。話の流れは、不倫などもあり、嫌悪感を示される方もいるかもしれませんが、それでも絵が綺麗だとそれすらも美しく見えてしまうというところです。お互いが思っていても、うまくいかないことも世の中にはあるのですが、そのうまくいかないところも、儚く、とても綺麗に描かれています。PTSDなどもあり、どんなに好きでも内面的に見えない部分が離れていると出てくるので、そこがもどかしいなという気持ちになってしまうのですが。仕事をしていると、そちらを優先しないといけない、それが好きな仕事なら尚更と思うので、福山雅治さんと石田ゆり子さんの関係がああなってしまうのは、分からないでもないかなと共感してしまうところもあります。本当に好きだったもの、小さい頃から憧れていたものに、大人になって触れることが出来たという実感があると、ゾクゾクしてしまうので、福山さんが石田さんに惚れ込んだという気持ちも分かります。婚約者がいても、好きになってしまったら仕方がないというのは、やはり情熱的だからできるのだなと思ってしまいますし、自分のことをそこまで信じていない人なら安定の婚約者の方を選んでしまうと思います。石田ゆり子さんが演じた女性みたいにはなりたくないけど、かっこいいなとは思います。

マチネの終わりに(映画)の原作ってあるの?

映画『マチネの終わりに』の原作は毎日新聞に掲載した小説『マチネの終わりに』になります。

作者は平野啓一郎さんで連載されたのは『マチネの終わりに』の他に『ある男』や『日蝕』があります。

原作は平野啓一郎さん著の長編新聞小説となっており、渡辺淳一文学賞も受賞した恋愛小説です。

非常にドラマティックで魅力的な作品となっており、映画とあわせて楽しみたい作品です。

<↑目次に戻る↑>

マチネの終わりに(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

マチネの終わりに(映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

マチネの終わりに(映画)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

福山雅治(蒔野聡史 役)

こんな作品にも出演

石田ゆり子(小峰洋子 役)

こんな作品にも出演
映画『コーヒーが冷めないうちに』(2018年)
アニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年)※おキヨ役で声の出演

伊勢谷友介(リチャード新藤 役)

こんな作品にも出演

風吹ジュン(小峰信子 役)

こんな作品にも出演
大河ドラマ『八重の桜』(2013年)
TBSドラマ『オレンジデイズ』(2004年)
フジテレビドラマ『フリーター、家を買う。』(2011年)
映画『海街diary』(2015年)
映画『永遠の0』(2013年)
アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※テナー役で声の出演

板谷由夏(是永慶子 役)

こんな作品にも出演
日本テレビドラマ『ハケンの品格』(2007年)
映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年)
映画『サッド ヴァケイション』(2007年)

その他キャストも多数出演

古谷一行、桜井ユキ、木南晴夏、ほか

<↑目次に戻る↑>

マチネの終わりに(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

映画『マチネの終わりに』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

福山雅治さん演じる天才クラシックギタリスト蒔野聡史と石田ゆり子さん演じる国際ジャーナリスト小峰洋子の40代の大人の恋をテーマにしたこちらの作品。

切ない恋模様やそれぞれの苦悩などを描いた重厚な恋愛ドラマですが、劇中に流れるギターのメロディなども秀逸で、独特の世界観を持った素敵な作品となっております。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる