魔女の宅急便(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービス

(出典:日本テレビ『金曜ロードショー』)

魔女の宅急便(ジブリ映画)は、1989年に公開されたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画になります。

意気揚々と地元を離れて、夢を抱きながら生活するが、現実問題を突きつけられるなど社会的なテーマも併せ持っている深い作品だと感じました。

そんな魔女の宅急便(ジブリ映画)のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじ・感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

[afTag id=792]

※目次のクリックでジャンプして見られます♪

目次

魔女の宅急便(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

魔女の宅急便(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVについてはさらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

魔女の宅急便(ジブリ映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=8450]

<↑目次に戻る↑>

魔女の宅急便(ジブリ映画)のフル動画をAnitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

Anitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

魔女の宅急便(ジブリ映画)を安心・安全に無料視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVを詳しく見る >>

魔女の宅急便(ジブリ映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の宮崎駿監督が、魔女の少女が魔女になるための修行をしていく過程で様々な経験を積み成長していく姿を描いた長編アニメーション。13歳の魔女キキは、古い一族の掟に従い、黒猫ジジと修業の旅に出る。そして、海辺の大きな街で修行をすることに。箒で飛ぶ以外に能がないのキキは、空飛ぶ宅急便を始める。しかし、最初の仕事でいきなり荷物を無くしてしまう……。

出典:TSUTAYA DISCAS『となりのトトロ』

魔女の宅急便(ジブリ映画)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

少女の魔女のキキが一人前の魔女になるために親元を離れて、相棒の黒猫のジジと共に新天地で成長していく物語です。箒で飛ぶことが得意なキキは、住み込みでパン屋で働きながら、宅急便をするのですが、いろいろな危機に直面しながらも少女から大人の女性に変わっていく物語です。「魔女は血で飛ぶの。」というセリフが印象的なのですが、いろんな環境の変化やキキ自身の心の変化で箒で飛べなくなってしまい、ふさぎ込んでしまいます。もがきながらも、宅急便の仕事をこなすキキは新しく箒を作ってみますが、飛ぶことが出来ません。その時に友人のトンボが乗っている飛行船をテレビで見ていると飛行船が墜落してトンボがピンチになっている場面を目にします。箒で飛ぶことができなくなったのですが、近くにいた清掃員のおじさんからデッキブラシを借りて、箒代わりにまたがって見ます。すると、キキの周りから風が吹き、デッキブラシで空を飛ぶことが出来ます。まだまだ安定しない飛び方ですが、トンボが落下してしまうという間一髪のところで、キキがトンボを救うことが出来ます。箒で飛べなくなってからは、ジジと会話ができなくなってしまいましたが、デッキブラシで飛ぶことが出来るようになってからは、またキキは箒で飛ぶことが出来るようになり、キキは一人前の魔女になり始めることが出来るという少女の成長物語です。


30代女性
★★★★★

13歳になった魔女キキが、風習に従い、親元は離れ、知らない街で一人暮らしを始めるというお話です。子どもの頃は、13歳で一人暮らしか、いいなと思っていましたが、親になると、そんな幼いときに一人で修業に!とキキをますます応援したくなります。魔女がいる世界観だから、キキがすぐに受け入れられるかと思いきや、降り立った街のみんなは歓迎してくれないし、同年代の子たちは楽しそうだしといろいろ困難にぶち当たり、それでも頑張っているキキがいとおしくてたまりません。自信満々の主人公というのもいいですが、キキは自分の自身もないし,カラ元気のときもあるしでとても共感がもてるキャラクターでした。そして、彼女の友達であるジジはちょっとひねくれててかわいいし、魔女に興味津々の男の子トンボもいい子です。大人たちも魔女の風習を理解して協力してくれる人も現れて、なんとかやっていけます。途中、ジジの言葉を理解できなくなっていることから自分の魔力が弱くなっていることに気が付くキキ。魔法使いの世界にもスランプってあるんですね。そこからどう立ち直るのか、みどころです。キキが最後に、両親にあてた手紙で言っていた、悲しいこともあるけれど、私は元気ですという言葉がぴったりの物語でした。私も悲しいこともあるけど、元気に生きていこうと思わせてくれる映画です。何度も見た作品ですが、それでももう一度見たいと思ってしまうさわやかな作品でした。

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

『魔女の宅急便』は、田舎町に住む少女キキが13歳を迎え、魔女になって苦難を乗り越えながら一人前の魔女になるまでの成長を描いた物語です。
キキは魔女の家系に生まれた少女です。13歳になった晩に家族に見送られ、クロネコのジジと新しい街で魔女デビューを果たします。期待して降り立った街での生活に期待を膨らましたキキでしたが、街の人は魔女に対してすごく冷たく、苦難の魔女生活のスタートになります。
落ち込んでいるキキは、たまたまお客さんの忘れ物を拾ったパン屋のおそのさんに出会います。おそのさんが手に持つ、落とし物を箒に乗って届けに行ったキキ。おそのさんはそのお礼にと、キキを「宅急便の仕事」をすることを条件に雇い家を貸します。そこからキキの魔女兼宅急便生活がスタートしました。
同時期に、キキはトンボという男の子に興味を持たれます。彼の好奇心旺盛な性格に翻弄されながらも、徐々に彼に心を開くようになります。
街のいろいろな家を訪ね、荷物を運ぶことでどんどん知名度が上がるキキ。しかし、ある配達を行なっている時にカラスの大群に襲われてしまい、ジジそっくりな黒猫の人形を森の中に落としてしまいます。
似ているジジには人形に扮してもらっている間、荷物を追っかけた先で辿り着いた一軒の家で、絵描きの女性・ウルスラに出会います。キキにとっては初めての女性の友達でした。
無事、荷物も届けジジにも戻ってきてもらい、再び宅急便の生活を続けるキキ。しかし、急にジジが人間の言葉を話さなくなってしまいます。そこで「自分の魔法の力」が薄まっていることに気付き、箒に乗っても飛べなくなってしまいます。キキの異変に気付いたおそのさんは息抜きを勧め、ウルスラの元へ束の間の一泊旅行へ出かけます。ウルスラの絵描きの苦悩を聞いたキキは、魔法を使えなくなったことを改めて考え直し、魔法を使わない形で宅急便を続けます。
そんなある日、徒歩で荷物を届けたお宅のテレビで、近場で飛行船が事故を起こしそうになっている一部始終を発見。キキは、トンボがその事故に巻き込まれている姿を目にします。急いで事故現場に向かうと、二つの建物の上に不時着してしまった飛行船の間で一本の紐にぶら下がるトンボがいました。魔法を使えなくなったキキですが、なんとかして助けようと、清掃員のおじさんのデッキブラシを借りて空を飛ぶことを決意します。まったく言うことを聞かないデッキブラシに乗りながらも、何度もトンボの手をつかもうと試みます。力尽きたトンボはとうとう紐から手を離してしまいますが、地面に落下する寸前に、キキはトンボの手をつかみ、無事に地面に足を下ろします。
テレビ取材に囲まれて恥ずかしそうに答えるキキの肩にジジがやってきますが、結局ジジは言葉を語らずに終わります。もしかしたらジジの言葉が無くても、キキは魔女として一歩成長したのかもしれません。


30代女性
★★★★★

私が魔女の宅急便を見た感想は、とてもおもしろかった、ということです。何が面白かったのかというと、キキがほうきにまたがって飛ぼうとしているところ、それから飛べたところなどは、よく頑張った!と応援したくなりましたし、お世話になったパン屋さんのお母さんがとても私は好きで、ああいったお母さんが本当にいたらいいな、と思いましたし、ジジがかわいくて、ジジの声優さんが好きですごくジジの特徴をつかんでいるというか、声優さんがしっくりきていて好きでした。それからキキのおっちょこちょいぶりもすきですし、もし今の時代にキキみたいな女の子がいたらきっとかわいいだろうなと思えました。それに私もよるキキのようにほうきで空を飛んでみたいなと思いましたし、どんな気持ちになるんだろう、気持ちいだろうな、という気持ちにもなりました。もし今、何かもやもやしていて別のことを考えたいとか、癒されたいと思っているのであれば、このジブリ作品を見るといいかもしれません。あわただしい中の気持ちとこのジブリ作品でも気持ちは全く持って違うというか、キキたちの世界に入り込めることができると思うのでお勧めしたいです。それに私がジブリ作品を好きになった結構初めの作品なので、見ていない方はぜひ見てほしいなと思います。

視聴した感想・ネタバレ

50代男性
★★★★

魔女見習いのキキは13歳の満月の夜に魔女として生きる為の修行を積むため旅立つ。
海に囲まれた都会の街コリコをに定住することを決めたキキはパン屋のおかみさんに気に入られ居候。
そこで自分に出来る仕事「魔女の宅急便」を開業する。
空飛ぶほうきをに乗って配達する魔女の特技を生かしたものだ。
黒猫のジジと一緒にお届け物。このジジとの会話が楽しい。ほのぼのして憧れる。
ある日人力飛行機作りを目指す少年トンボと出会う。見た目はおとなしい感じの男の子だけど好奇心と冒険心が旺盛なのかな?
色々アクシデントにも巻き込まれる。
思春期の男女だから淡い恋心もあるのかな?という描き方。
気になるが素直になれない感情にホッとするというか温かくなる。
キキはなにかのきっかけか不明だ突然思うように飛べなくなる。ほうきも折ってしまいジジとの会話も出来なくなる。
いやあ寂しい。この会話が楽しみの一つで観ていたので。
落ち込んだキキをお客さんだった優しい人たちに励まされ少しずつ笑顔を取り戻す。
テレビでは飛行船離陸の中継が流れる。しかし突風に煽られ暴走。何故かそこにトンボが?
飛行船のロープにしがみついて空中へさらわれるトンボ。夢中で現場に向かうキキ。
飛べれば救いだせるのにと思った近くにデッキブラシが。これで飛べるのか?助けに行けるのか?という展開。
どうしても後半は波乱になってしまうが前半の何気ない風景で流れる様だけでも良かったなと感じる。
もう少し描いて欲しかった場面もあるがジブリの作り方はこんな感じですね。のちの展開はみんなで妄想しましょう。

魔女の宅急便(ジブリ映画)の原作ってあるの?

(出典:Amazon)

魔女の宅急便(ジブリ映画)の原作は、角野栄子さんの文庫本『魔女の宅急便』になります。

コチラの原作本はなんと6巻もありまして、映画の続きを知れるといえども、ジブリ作品になかった場面や表現の仕方が大変素晴らしく、さらなるキキの成長過程も合わせて楽しめる作品となっています。

角野栄子さんのその他の作品としては『トンネルの森』『ラスト ラン』『キキに出会った人びと』『カレーライスはこわいぞ』など、まだまだ読みたい作品ありますね。

魔女の宅急便(ジブリ映画)の音楽担当は『久石譲』、主題歌は『荒井由実』

魔女の宅急便(ジブリ映画)の音楽担当は『久石譲』さんで、主題歌を歌われたのは当時のお名前の荒井由実さんです。

久石譲さんの楽曲を聞くと、ジブリ作品を観ているんだなあとしみじみ感じるととも、一度聞くとその作品の情景を思い浮かべることができる、なんとも表現しずらいですが、癒される楽曲ですよね。

また現在、松任谷由実さんの名前で活躍されていますが、当時の荒井由実さんの『ルージュの伝言』『やさしさに包まれたなら』の2曲が、映画を観た後からしばらく頭から離れずに困りました(笑)

それだけ魔女の宅急便という映画にマッチしていた名曲だと感じます!

<↑目次に戻る↑>

魔女の宅急便(ジブリ映画)の声を担当した出演者情報とキャラクター

魔女の宅急便(ジブリ映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

魔女の宅急便(ジブリ映画)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

高山みなみ(キキ 役)

こんな作品にも出演
アニメ『名探偵コナンシリーズ』江戸川コナン役

佐久間レイ(ジジ 役)

こんな作品にも出演
アニメ『アンパンマンシリーズ』バタコさん役

戸田恵子(おソノ 役)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(2015年)
フジテレビドラマ『ショムニシリーズ』(1998年)
アニメ映画『名探偵コナン 銀翼の奇術師』※牧樹里役で声の出演
アニメ『アンパンマンシリーズ』アンパンマン役

山口勝平(トンボ 役)

こんな作品にも出演
アニメ『名探偵コナンシリーズ』工藤新一役(怪盗キッド役)
アニメ『ワンピースシリーズ』ウソップ役
アニメ『らんま1/2』早乙女乱馬役

宮崎駿(監督・脚本・原作)

こんな作品も監督

アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)

アニメ映画『風の谷のナウシカ』(1984年)

アニメ映画『天空の城ラピュタ』(1986年)

アニメ映画『となりのトトロ』(1988年)

アニメ映画『紅の豚』(1992年)

アニメ映画『もののけ姫』(1997年)

アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)

アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)

アニメ映画『崖の上のポニョ』(2008年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)

その他声優も多数出演

信沢三恵子(コキリ)、加藤治子(老婦人)、ほか

<↑目次に戻る↑>

魔女の宅急便(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスのまとめ

魔女の宅急便(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

グーチョキパン店のおソノさんのような人が、今この時代の日本に果たしているのでしょうか?

あんなに暖かく迎え入れてくれる人情が、日本から無くなっていないことを願うばかりです。

[afTag id=792]

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる