ラストシンデレラ(ドラマ)を見逃し無料視聴できる公式フル動画配信情報!

ラストシンデレラ(ドラマ)を無料で楽しむならFOD PREMIUMがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回2週間無料トライアルの期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません。
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9077]

【ラストシンデレラ(ドラマ)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

U-NEXT
31日間
1990円
14万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀してラストシンデレラ(ドラマ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

ラストシンデレラ(ドラマ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴する方法を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
FOD(フジテレビオンデマンド) 第1話から最終話までFOD PREMIUMで視聴可能

ラストシンデレラ(ドラマ)の1話~最終話の動画はFOD PREMIUMで無料視聴できます。

FOD PREMIUMは月額課金のサービスなんですが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)もしくはクレジットカードで支払うことで、初回2週間無料トライアルでお試し利用ができます。

無料期間中のいつ解約しても料金がかからないのでお得です。

FOD PREMIUM内の無料コンテンツを好きなだけ見られますし、さらには無料で読める電子書籍もたくさん楽しめます。

FOD PREMIUMについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/fod-saisin/]

ラストシンデレラ(ドラマ)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
なし 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

ラストシンデレラ(ドラマ)の過去放送も含めて全話無料の高画質で安心・安全に視聴するならFOD PREMIUMをお試し体験しましょう!

FOD PREMIUM公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

ラストシンデレラ(ドラマ)の他にFOD PREMIUMで観られる人気作品

ラストシンデレラ(ドラマ)の全話見逃し動画を視聴する以外にもFOD PREMIUMでは数多くの人気作品を視聴できます!

視聴可能な人気ドラマ・映画・バラエティなど概要をまとめていますので、ぜひそれぞれタップして確認してみてくださいね♪

[afTag id=7450]

<↑目次に戻る↑>

過去にFOD PREMIUMを利用した事がある方へ

過去にFOD PREMIUMを利用した事がある方は無料お試し期間は適用されません。

フジテレビ系の番組の視聴ではFOD PREMIUMを外すことはできないのですが、FOD PREMIUMを利用した事があるあなたへおススメなのが『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TV』です。

レンタルサービスと動画配信サービスがセットになったプランは特にお得で、TSUTAYA DISCASのレンタルでは過去のフジテレビ系の番組が借り放題なので最高ですよ!

さらには30日間の無料お試し期間もあり、1100Pもポイントが付与されるので、何かしらの動画配信サービスを利用した事があれば、次点で『TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TV』は検討してみてくださいね♪

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

ラストシンデレラ(ドラマ)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

ラストシンデレラの各話あらすじ(1話~最終話)

\タップすると見られます/

第1話のあらすじ「おやじ女子が恋を エッチな王子様登場 不器用な恋始まる」

遠山桜(篠原涼子)は、美容室『HAPPY-GO-LUCKY』吉祥寺店の副店長を務める39歳の独身女性。スタイリストとしての腕は確かだが、自分のことになると無頓着な桜は、ある朝、あごにヒゲが生えているのを発見し、ショックを受ける。同じ日、銀座本店の店長で、桜とは同期入社の立花凛太郎(藤木直人)が吉祥寺店の新店長に就任する。毒舌のマイペース男・凛太郎とはウマが合わない桜は、本社社長の萩原寿男(風間トオル)に直談判した。が、不満があるなら辞めろと言われてしまう。そんなある日、桜はふたりの親友、専業主婦で夫・公平(遠藤章造)とのセックスレスに悩んでいる武内美樹(大塚寧々)、バツイチのスポーツジムインストラクターで肉食系の長谷川志麻(飯島直子)と健康ランドへ行く。3人がエステルームに入ると、担当者が、桜のあごの絆創膏に気づく。桜がヒゲを抜いたときにできた傷だと明かすと、その担当者は、過労やストレスなどから体が男性化する”オス化女子”がいると説明する。別の日、凛太郎の顧客で、桜とも知り合いの大神千代子(菜々緒)が来店する。千代子の紹介で、合コンパーティーに参加することになった桜は、美樹、志麻を誘ってパーティーに参加する。が、誰にも相手にされず、ひとりで浴びるように酒を飲んだ桜は、酔いが回りロビーへと出てくる。そこで桜は、プロのBMXライダー・佐伯広斗(三浦春馬)に出会い…。

第2話のあらすじ「恋と人生の大逆転!!年下男は王子様!?」

合コンパーティーに参加した桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)とホテルに泊る。が、泥酔していた桜は、その夜のことを何も覚えていなかった。
あくる朝、帰宅した桜は、隣室で引っ越し作業が行われていることを知る。何と、引っ越してきたのは凛太郎(藤木直人)だった。そんな桜のもとに、広斗から連絡が入った。交際を申し込む広斗に、嬉しいが年齢も違うから無理だ、と答える桜。そのとき広斗は、千代子(菜々緒)の部屋から桜に電話をしていた。
別の日、桜は美樹(大塚寧々)とともに志麻(飯島直子)が勤めるスポーツジムで汗を流す。3人で、桜がホテルに泊まった話で盛り上がっていると、志麻の携帯が鳴った。相手は、美樹の夫・公平(遠藤章造)だった。
広斗は、桜から交際を断られてもめげずにメールを送り続けていた。少しずつ気持ちを動かされていた桜は、勤務中もついメールが気になってしまう。それに気づいていた凛太郎は、仕事に集中しろ、と桜に活を入れる。
仕事を終えた桜と凛太郎が店を出ると、そこに広斗が立っていた。会いたくて来た、と言う広斗に、桜は一杯だけという約束でバーに付き合う。が、桜は、広斗の友人から姉に間違われ、居心地が悪くなる。それを察した広斗は、桜を外へ連れ出した。桜はそんな広斗にいきなり頭を下げ、自分はもうすぐ40歳だと明かし、母親に間違われたら立ち直れないところだった、と言ってその場から走り去ってしまう…。

第3話のあらすじ「おやじ女の大奮闘!?二人きりの夜に…!!」

桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)からキスをされたことですっかり恋愛モードに。志麻(飯島直子)、美樹(大塚寧々)とともにパン教室に参加した際も、2人の会話が耳に入らないほど広斗のことで頭がいっぱいの桜。志麻や美樹は、そんな桜の様子に呆れる。
一方、全店対抗のカットショー・イベントの開催が決まる。桜が勤める吉祥寺店からは、店長の凛太郎(藤木直人)が自ら出場するという。ある日、桜は広斗に仕事のことについて尋ねる。広斗は、BMXのプロライダーだと明かすと、今度練習を見に来て、と誘った。その際、広斗から、次のデートは桜の家で手料理が食べたい、とリクエストされた桜は、さっそく部屋の大掃除を開始。隣室の凛太郎にも掃除を手伝わせると『SOBARエンドウ』の店長・健一(橋本さとし)から料理を習い始める。美樹の夫・公平(遠藤章造)は、志麻が働くジムを訪れる。美樹から、5キロ痩せるまで通うよう命じられたのだという。困惑する志麻に、公平は、ある悩みを打ち明ける。イベント当日、凛太郎から会場には来るなと言われていた桜は、デートの前に広斗の練習を見に行こうと家を出る。その途中、保育園児たちの近くでタバコを吸う若い女・桃(市川由衣)を目撃した桜は、火を消すよう注意し、言い合いになる。同じころ、イベント会場で準備していた凛太郎に、あるトラブルが…。

第4話のあらすじ「禁断のキス」

生理が遅れていた桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)の子を妊娠しているかもしれないと思い、妊娠検査薬を買いに行く。その帰り、マンションの近くで凛太郎(藤木直人)に出会った桜は、妊娠検査薬を見られてしまい、事情を打ち明ける。しかし桜は、結果を受け止める覚悟ができず、検査薬を使えずにいた。『HAPPY-GO-LUCKY』吉祥寺店のスタッフたちは、温泉旅行に行くことに。凛太郎がカットショーで優勝して得た副賞だった。が、旅行当日、熱を出した桜は、凛太郎から参加を止められる。凛太郎は、桜を病院へ送り届けてから現地へと向かったものの、桜のことが気になって仕方ない。一方、志麻(飯島直子)のスポーツクラブに通い始めた公平(遠藤章造)は、レッスン終了後、志麻と会っていた。公平の妻・美樹(大塚寧々)は、帰宅した公平の靴下が裏返しになっていることに気づく。それを指摘されると慌てふためく公平に、美樹は疑いのまなざしを向けていた。旅行から戻った凛太郎は、桜の部屋を訪ねる。すっかり元気になった桜は、凛太郎を部屋へ引っ張り込み、妊娠検査をするのを見届けてほしい、と頼む。そんな折、久しぶりに広斗に会った桜は、熱を出して温泉旅行に行けなかったことを報告する。凛太郎が桜を病院に連れて行ったことを知った広斗は、自分は本気なのだから凛太郎と仲良くするのは止めてほしい、と怒りをあらわにし…。

第5話のあらすじ「走り出した想い…!!恋の先にある衝撃!!」

桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)が待ち合わせに来なかったことに落ち込み、失意のまま自宅へ戻る。すると、マンション前に人影があった。広斗かと思いきや、博多に暮らす弟の聡と彼女の理恵だった。2人は桜の母親に結婚を反対されたため駆け落ちしてきたという。桜があきれながら聡の話を聞いていると、広斗が訪ねてくる。どうしても抜けられない用事があった、と謝る広斗に年はいくつか、桜のどこに惚れたのか、などと聡が質問攻めにする。姉思いの聡は、苦労してきた桜には誰よりも幸せになって欲しいと願っているのだ。そんな聡は、博多に戻らない覚悟で仕事を探すが、30歳という年齢がネックなのか、なかなか見つからない。同じ頃、志麻(飯島直子)はジムの男性会員と約束したホテルへやってくる。が、部屋へ入ろうとしたところで、公平(遠藤章造)に腕を掴まれる。公平はそのまま志麻をホテルの外まで連れ出し、好きでもない相手と体だけの関係を続けるのは止めたほうがいいと忠告する。そんなふたりの様子を偶然通りかかった桜が目撃。ただならぬ雰囲気にショックを受けた桜は、凛太郎(藤木直人)に遠回しに話してしまう。
広斗が出場するBMXの大会が開かれることになり、桜は広斗のために神社にお守りをもらいに行く。そして数日後、桜は志麻、美樹(大塚寧々)らとともに大会会場へ。トイレへ行こうとした桜が、選手控室の近くを通ると、数人の男が1人を囲み殴る蹴るの暴行を加えていた。桜が駆け寄ってみると…。

第6話のあらすじ「大波乱!!一触即発の三角関係!!」

桜(篠原涼子)は、凛太郎(藤木直人)に頼まれ、恋人として凛太郎の母・光子(前田美波里)に会うことになった。一夜漬けでマナーを学び、凛太郎が用意した女性らしい服や靴を試着し、準備を整える桜だったが…。
同じ頃、パートを始めようと考えた美樹(大塚寧々)は、面接に臨むが、なかなか仕事が決まらない。美樹は公平(遠藤章造)にグチを言うが、公平は考えが甘いと取り合わない。そんな美樹を元気づけようと、志麻(飯島直子)の案内で、桜と美樹はホストクラブへ行く。楽しむ志麻を尻目に、桜と美樹は落ち着かない。居心地の悪くなった美樹が帰ろうと席を立ったとき、将臣(山本裕典)というホストがやってくる。将臣は、美樹が気づかずに落としていった履歴書を手に取った。その夜、凛太郎が「SOBAR」にいると、広斗(三浦春馬)が来てカウンターに座った。そこで凛太郎が、大神という広斗の本名について話を振った。さらに、大神千代子(菜々緒)との関係を聞き、広斗が答えると、そのことを桜は知っているのかと迫る。そこへホストクラブ帰りの桜がやってくる。広斗と合流し仲よさげに楽しむふたり。凛太郎はその様子を気にしつつ店を出る。
後日、桜が凛太郎と母・光子との待ち合わせ場所にやってくる。ファッションもヘアメイクも決まり、さっそうと振る舞う桜に凛太郎は思わず見とれる。が、いきなりストッキングが伝線していることを凛太郎の母・光子に指摘されてしまう。

第7話のあらすじ「イケナイkiss」

桜(篠原涼子)は、広斗(三浦春馬)から衝撃の告白を受ける。一方の凛太郎(藤木直人)は、千代子(菜々緒)から自分では恋愛対象にはならないのかと迫られていた。
それぞれ、恋の悩みを抱えた桜と凛太郎。美容室のスタッフルームで話をするうちに思わずキスをしてしまう!?
同じ頃、美樹(大塚寧々)は、公平(遠藤章造)ら家族にパートが決まったと報告。しかし、ホストの将臣(山本裕典)の下で働くとはいえず、不動産会社の事務職だとウソをつく。勤務日初日、将臣の自宅マンションを訪ねた美樹は、パソコン上の将臣が持っている株式の値動きを見守っていてくれ、と頼まれる。
別の日、桜、志麻(飯島直子)、美樹はホテルで女子会を楽しんでいた。そこで美樹は、仕事が決まったことを報告し、2人はそれを祝福。すると、美樹は、実はこれまで自立している桜と志麻をうらやんでいたのだ、と告白した。やがて、女子会も終わり3人が帰ろうとしたとき、1人の男性が志麻に声をかけた。男性は、志麻の元夫だった。
そんなある日、桜が部屋で過ごしていると、公平から美樹が買い物に出たきり戻らないと連絡が入った。心配になった桜は、心当たりを探すが美樹の消息は知れず…。

第8話のあらすじ「さよなら…そして、ありがとう」

桜(篠原涼子)は、元恋人・かすみが現れたことで動揺する凛太郎(藤木直人)を意外に思う。そんな夜「SOBAR」にいた桜と美樹(大塚寧々)は、健一(橋本さとし)から凛太郎とかすみの過去の話を聞いていた。するとそこへ、志麻(飯島直子)がやってくる。志麻に気づいた美樹は、席を立ってしまう。凛太郎の自宅で過ごしていたかすみは、仕事から戻った凛太郎を妻のように迎え入れる。別の男性と結婚したものの凛太郎が忘れられなかったと明かしたかすみは、凛太郎の背中を抱きしめ…。
翌日、広斗(三浦春馬)が客として「HAPPY-GO-LUCKY」にやってくる。桜がカットを担当し、楽しげにやりとりをするふたり。一方、凛太郎は集中力を欠き、スタッフからも不審がられる。同じ頃、公平(遠藤章造)と会った志麻は、美樹が未だ自宅に戻っていないことを知り責任を痛感する。そんな公平は腹部に違和感を覚え…。
カットを終えた広斗は、千代子(菜々緒)に就職活動用の服を選んでもらっていた。そんななか千代子は、かすみが現れて以降、凛太郎の様子がおかしいのだと言い、自分と凛太郎の邪魔をしたら許さないと怒りをあらわにする。
別の日、「HAPPY-GO-LUCKY」に差し入れを届けに来たかすみが店の外階段を降りていると、かすみを突き落とすかのように背後からスッと手が伸びる。そこに居合わせた桜は…。

第9話のあらすじ「オレはお前が好き」

桜(篠原涼子)は、志麻(飯島直子)や美樹(大塚寧々)とともに公平(遠藤章造)が運び込まれた病院へ駆けつけた。待合室では、節子(野川由美子)らが手術が終わるのを待っていた。自宅へ戻った桜は、手つかずのまま残されたピザを持って凛太郎(藤木直人)の部屋を訪ねる。ところが凛太郎は、一緒に食べようという桜の誘いを断りドアを閉めてしまう。
同じ頃、大神家では広斗(三浦春馬)、千代子(菜々緒)、瑠璃(筒井真理子)が重苦しい雰囲気のなか、隆志(名高達男)の帰宅を待っていた。やがて帰ってきた隆志は、広斗がいるのを見ると表情を一変させ、家から出ていけと命じる。
桜が自宅でひとりピザを食べていると広斗がやってきた。いつもと様子が違う広斗は、いきなり桜にキスをした。桜は戸惑うが、広斗はキスを止めようとせず、そのまま桜を抱きかかえベッドへ連れていく。その真剣な表情に、桜は広斗を受け入れる覚悟を決め…。
別の日の夜、凛太郎が帰宅すると、マンションの入口に千代子が立っていた。仕方なく千代子を部屋に招いた凛太郎がキッチンにいると、千代子は下着姿になっていた。慌てた凛太郎に背中の大きなやけどの痕を見せた千代子は、自分を抱いてくれと凛太郎に懇願する。
後日、桜は広斗のBMXの練習を見守っていた。やがて休憩時間になり、桜のところへ来た広斗は全国大会で優勝したら自分と結婚してほしいとプロポーズした。指輪まで差し出された桜は…。

第10話のあらすじ「お前はオレが守る」

広斗(三浦春馬)が自分に近づいたのは千代子(菜々緒)のためだったと知った桜(篠原涼子)は、パーティー会場を飛び出した。桜を追った凛太郎(藤木直人)は、マンションの屋上に寝転がる桜を見つけた。部屋に戻った桜は、広斗が誕生日の桜のために飾り付けた空間を呆然と見つめる。すると、チャイムが鳴った。広斗だった。広斗はドアの向こうで必死に謝罪するが、桜はドアを開けない。そこへ、隣室から現れた凛太郎が広斗を帰らせる。
翌日、桜はいつものように「HAPPY-GO-LUCKY」に出社。事情を知る智則(NAOTO)らスタッフたちはそんな桜をさりげなくフォローする。閉店後、凛太郎や智則らとゲームセンターに行くことになった桜が店を出ると、広斗が声をかけてきた。しかし、智則らが桜を完全にガード。広斗は桜と話すことができない。同じ頃、結婚式を挙げていなかった公平(遠藤章造)と美樹(大塚寧々)は、教会で挙式することを決める。美樹は、桜と志麻(飯島直子)にそれを報告。桜が辛いときにと美樹は恐縮するが、桜は笑顔で祝福する。また、志麻のお見合いパーティーが開かれる。30人ほど集まったお見合い希望の男性たちを前に、健一(橋本さとし)はテンションが上がる。そんな日の夕方、帰宅しようとする桜は桃の兄・勇介(遠藤要)と出くわしてしまう。逆恨みされている桜は、勇介と仲間に暴行されそうになってしまうが、間一髪のところで現れたのは…。

第11話(最終回)のあらすじ「私の選ぶ王子様」

美容室「HAPPY-GO-LUCKY」の支店をオープンさせるため、ニューヨークに行くことになった凛太郎(藤木直人)は、桜(篠原涼子)に一緒にニューヨークに来ないか?と誘う。その頃、広斗(三浦春馬)は、いよいよBMXの全国大会の日を迎えていた。一方、妻・美樹(大塚寧々)に改めてプロポーズした公平(遠藤章造)。2人は、本当に仲直りできるのか?志麻(飯島直子)は、お見合いで出会った公務員・卓(KEIJI)と幸せな結末を迎えることができるのか?千代子(菜々緒)の凛太郎への思いはどうなるのか?そして、広斗と凛太郎、2人の間で心が揺れる桜…。果たして、桜が最終的に選ぶのは、広斗なのか?凛太郎なのか?

公式HPより引用

ラストシンデレラを全話無料視聴した感想・ネタバレはこちら

\タップすると見られます/

ラストシンデレラを全話無料視聴した感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★
元々篠原涼子さんのファンでドラマはどれも見ていて、恋愛物よりはクールな警察官役などの印象が強かったけどラストシンデレラを見てこんな可愛い女性の演技も上手なんだと感動しました。
三浦春馬との恋愛模様なので結構歳の差があるのだけど、全然歳の差を感じさせないくらい可愛くてキュンキュンしました。またこのドラマを見て感じた事は恋愛に歳の差なんて関係ないなあとしみじみ思いました。私は年下の人と付き合った事がないので、年下の男と付き合ったらこんな感じかと妄想して楽しませてもらいました。三浦春馬さんはそんなに好きとかではなかったけど、このドラマをきっかけに大好きになりました。年下の可愛いさと良い意味でのあざとさといざとなった時の男らしさは年下だから
できる技だと思いました。私も三浦春馬さんと藤木直人さんに取り合いされてみたいとか思ってしまいました。そして、ドラマのオープニング曲で話題になったケラケラさんの「スターラブレイション」この歌もラストシンデレラにぴったり合いすぎてカラオケで何度も歌いました。すごくキーが高いんですけどすごく可愛い歌だったので…。やはり名女優だけあって篠原涼子さんの演技はドラマに入り込ませてくれるのでこれからも応援していきたいなと感じました。


30代女性
★★★★
ラストシンデレラは、アラサーの女子にぜひ見てほしいドラマの一つだ。
いきなり冒頭からこんなことを書くのもあれだけど、このドラマを見ている時にちょうど顎から一本髭が生えてきたのだ。
こんなこと初めてで慌ててネットで調べてホルモンのバランスが〜とかを見ている時にちょうどこのドラマで主人公に髭が生えてきててテレビを見ながら笑ったのは今でも忘れない。
しかもその辺の小汚い人がやるならまだわかるが、それを篠原涼子が演じるのだから面白すぎる。ええ!こんなアンフェアとかに出るような綺麗な方にも髭が?!と、初めて見る人は思うことだろう。笑

このドラマの好きなところは二つある。
一つは、主題歌が最高に可愛くて元気になれる曲ということだ。
ケラケラのスターラブライションという曲で、これを見るまでは歌手名すら聞いたことなかった。ただ、一度聞くととてもパワーをもらえる曲で、このドラマにぴったりだった。
二つ目は三浦春馬と藤木直人がかっこよすぎるということ。まず藤木直人が篠原涼子と同期の美容師で天敵という役なんだけど、この役回りが最高すぎる。幼なじみとか同期とかそういう漫画に出てきそうなシチュエーションは好きすぎる。
そして三浦春馬は言わずもがなかっこいい。篠原涼子が大人な役だからかものすごく年下フェロモンが出ているように見える。

これは働く女子や、最近忙しくて…と心身共に疲れている方にぜひおすすめのドラマ。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★
まずシンデレラという女の子なら誰もが憧れちゃうタイトルが視聴者の心をくすぐります。主人公のオヤジ化した恋愛を忘れた仕事一筋女子が14歳も歳下のイケメンと恋に落ちるなんて、実際にはありえません。それだけでも羨ましいのに、同世代のイケメンに片思いまでされちゃうなんて、ドラマでなければ絶対にあり得ない事ですが、そんな擬似体験出来ちゃうのがこのドラマの醍醐味です。篠原涼子さんがアラフォーの主人公遠山桜をリアルに可愛らしく演じてます。あんなにキレイでスタイルも良ければモテないはずはないとは思いますが…仲良しコンビの大塚寧々さんと飯島直子さんも役にピッタリハマってました。特に飯島直子さんの色気たるやハンパ無かったです。さすがバブルで鍛え抜いた美貌とプロポーションの持ち主ですね。大塚寧々さんもあまりにも可愛らしい専業主婦でした。そして2人のイケメン、三浦春馬さんと藤木直人さんですよねー本当にカッコいい!どちらかなんて選べないですよね?このドラマを見た友達みんなで私は断然三浦春馬がいい〜とか、えー藤木直人のほうが絶対幸せにしてくれそうとか、ありえない設定を自分に置き換えて妄想して、熱く語り合ってました。キスシーンもラブシーンも少しエッチで大人でもキュンキュンしちゃうこのドラマ、何回見てもイチオシです!


20代女性
★★★★★
なんと言っても佐伯広斗役の三浦春馬が、もうフェロモンむんむん過ぎて最初の登場シーンで心臓を射抜かれました。前々からイケメンだと思っていたけど、このドラマで大人の色気が全開になって、一瞬でメロメロになってしまいました。歳が離れているにもかかわらず惚れちゃう遠山桜の気持ちも痛いほどわかります。私がもしあんな男性に自好きって言ってもらえたら、何でも頑張れちゃうし、何でもしてあげちゃうと思います。
ドラマの中の世界だと思ってキュンキュンしながら見ていましたが、現実でも歳の差恋愛って実は多いんじゃないかと感じました。はたから見たら主人公の桜には歳も近くて仕事もちゃんとしてる立花凛太郎がお似合いだと思うけど、恋ってそんな理屈ばかりで成り立ってはいないと思うんです。相手との歳の差とか世間体とかを気にしながらも惹かれずにはいられないという気持ちは、私もすごくわかります。周りに否定されたり、ダメだと思ったりするほど欲しくなってしまうんです。そんな気持ちが丁寧に描かれていて、とても共感しながら見ていました。
キャストもみんな演技が上手くて、ハマり役でした。
見ているだけでキュンキュンを通り越してギュンギュンしちゃう(胸が締め付けられちゃう)ので、トキメキが足りない人には是非見て欲しい作品です!

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★
美容室で働くいい歳して独身役の篠原涼子と菜々緒に逆らえない若いイケメン役の三浦春馬のラブストーリーです。篠原涼子の上司役藤木直人が好きな菜々緒のために三浦が篠原をはめようとします。初めは菜々緒のためにやっていることでこんなおばさんって思ってる感じなんですが、篠原はすっかり好きになってしまいます。そこから仕事に生きてきて男まさりな感じだったので今まで気づかなかった老化に目を向けるようになります。三浦はそんな園原の姿に本当に惹かれていきます。そんな時上司である藤木も篠原のことが好きになっていくのです。三浦は菜々緒の為にしないといけないことと本当に好きな気持ちとの間で苦しみます。藤木は三浦を篠原から遠ざけようとします。そんな間で篠原はどんな決断を下すのかが見どころだと思います。後からどんどんわかってくる真実がそういうこと!となり全く飽きない作品だと思います。歳の差でましてや女性が年上の話なのでどの年代でも共感できたり大人への進み方だったり、大人になりすぎなことをわからせてくれたり中身が詰まっています。三浦春馬が今までのどんな役よりもかっこ良すぎて目の保養になります。恋の始まりはこんな形でも始まるんだなって夢がいっぱい詰まっていると思います。

ラストシンデレラの原作ってあるの?

ドラマ『ラストシンデレラ』の原作はなく、脚本家である中谷まゆみさんのオリジナルストーリーになります。

中谷まゆみさんといえばドラマ『WATER BOYS』やドラマ『ブルーもしくはブルー』の脚本家としても有名です。

ラストシンデレラの主題歌を歌うのはケラケラ

ドラマ『ラストシンデレラ』の主題歌を歌うのはケラケラの『スターラブレイション』です。

ポップで前向きになれるこの楽曲、不器用な女子が頑張るドラマの内容にもぴったりで聴いていると元気が出る一曲ですね。

ラストシンデレラに出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

遠山桜役(篠原涼子)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『アンフェア』(2006年)

日本テレビドラマ『ハケンの品格2』(2020年)

映画『アンフェア the movie』(2007年)

映画『アンフェア the answer』(2011年)

映画『アンフェア the end』(2015年)

映画『人魚の眠る家』(2018年)

佐伯広斗役(三浦春馬)

こんな作品にも出演

武内美樹役(大塚寧々)

こんな作品にも出演

テレビ朝日ドラマ『おっさんずラブ』(2018年)

TBSドラマ『Around40〜注文の多いオンナたち〜』(2008年)

フジテレビドラマ『HERO』(2001年)

フジテレビドラマ『Dr.コトー診療所』(2003年)

映画『笑う蛙』(2002年)

映画『うつつ』(2002年)

映画『心が叫びたがってるんだ。』(2017年)

大神 千代子役(菜々緒)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『BG〜身辺警護人〜』(2018年)
映画『マスカレード・ホテル』(2019年)

立花凛太郎役(藤木直人)

その他キャストも多数出演

遠藤章造(ココリコ)、橋本さとし、NAOTO(EXILE)、滝沢沙織、飯島直子、ほか

ラストシンデレラが全話無料視聴できる動画配信サービスのまとめ

ドラマ『ラストシンデレラ』の全話動画はFODで無料視聴できます。

FODは月額課金のサービスなんですが、Amazon Pay(アマゾンに登録してるクレジットカードでの決済)で支払うことで、初月は無料で利用できますよ。

無料期間中のいつ解約しても料金がかからないのでお得です。

FOD内の無料コンテンツを好きなだけ見られますし、さらには無料で読める電子書籍もたくさん楽しめます。

木曜ドラマ『ラストシンデレラ』は、2013年4月より放送開始されていたドラマになります。

女性であることを忘れてしまうほど、なりふり構わず仕事に没頭する現代の女性達。

こちらの作品はそんな不器用に頑張る「おやじ女子」たちの姿を赤裸々に描いた作品。

主人公の39歳のおやじ女子・遠山桜を篠原涼子さんが演じ、桜が惹かれていく佐伯広斗を三浦春馬さんが演じます。

忙しい現代女性にスポットを当てたこちらの作品、篠原涼子さんの演じるおやじ女子・桜の体当たりな演技にも要注目です。

コメディ要素がありながらも、キュンキュンとさせてくれるこちらのドラマ、観ていて幸せな気持ちになれますね。

[afTag id=654]

目次
閉じる