清須会議(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

この作品を見るならココ!

配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
30日間無料
▶今すぐ見る

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS/TVサイトにてご確認ください。

この作品の配信中サービス比較

◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
(税抜)
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

FOD PREMIUM
2週間
888円
4万本
100P

U-NEXT
31日間
1990円
19万本
600P

Hulu
2週間
933円
7万本
なし

Paravi
2週間
925円
非公開
なし

TELASA
30日間
562円
1万本
なし

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
なし

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからは深堀して清須会議(映画)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください。

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

清須会議(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

清須会議(映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

<↑目次に戻る↑>

清須会議(映画)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法にアップロードされた動画と知りながら視聴するのは絶対にダメです。

またそういった動画をダウンロードすることは完全に違法行為となりますので止めておきましょう!

著作権者に無断で音楽や映像をインターネットで配信すること(アップロードすること)は、以前より違法であり、刑罰として、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方)が科されています。

また個人的に利用する目的であっても、「海賊版」について、それが販売または有料配信されている音楽や映像であることと、違法配信されたものであることの両方を知りながら、自分のパソコンなどに録音または録画(ダウンロード)した場合には、刑罰として、「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科されることになりました。

出典:政府広報オンライン

清須会議(映画)の過去放送も含めて全話無料の高画質・高音質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

清須会議(映画)のあらすじ

天正10年(1582年)本能寺の変。一代の英雄織田信長が死んだ―。跡を継ぐのは誰か?後見に名乗りを上げたのは2人。筆頭家老・柴田勝家(役所広司)と後の豊臣秀吉・羽柴秀吉(大泉洋)。勝家は、信長の三男でしっかり者の信孝(坂東巳之助)を、秀吉は、次男で大うつけ者と噂される信雄(妻夫木聡)を、それぞれ信長の後継者として推す。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市様(鈴木京香)は、秀吉への恨みから勝家に肩入れ。一方、秀吉は、軍師・黒田官兵衛(寺島進)の策で、信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方に付け、妻・寧(中谷美紀)の内助の功もあり、家臣たちの心を掴んでいく。
そして、開かれる清須会議―。会議に出席したのは4人。勝家、秀吉に加え、勝家の盟友であり参謀的存在の丹羽長秀(小日向文世)、立場を曖昧にして、強い方に付こうと画策する池田恒興(佐藤浩市)。繰り広げられる一進一退の頭脳戦。様々な駆け引きの中で騙し騙され、取り巻く全ての人々の思惑が猛烈に絡み合う! 勝家派か? 秀吉派か!?

出典:東宝『清須会議』

<↑目次に戻る↑>

清須会議(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

清須会議(映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

キャスト・脚本・監督検索
※俳優名のリンククリックで関連作品やその他詳細が確認できます。
役所広司/柴田勝家 役
大泉洋/羽柴秀吉 役
小日向文世/丹羽長秀 役
佐藤浩市/池田恒興 役
妻夫木聡/織田信雄 役
浅野忠信/前田利家 役
寺島進/黒田官兵衛 役
松山ケンイチ/堀秀政 役
伊勢谷友介/織田三十郎信包 役
鈴木京香/お市様 役
中谷美紀/寧 役
剛力彩芽/松姫 役
でんでん/前田玄以 役
染谷将太/森蘭丸 役
戸田恵子/なか 役
天海祐希/枝毛 役
中村勘九郎/織田信忠 役
西田敏行/更級六兵衛 役
三谷幸喜/脚本
三谷幸喜/監督

役所広司(柴田勝家 役)

こんな作品にも出演

大泉洋(羽柴秀吉 役)

こんな作品にも出演

小日向文世(丹羽長秀 役)

こんな作品にも出演

佐藤浩市(池田恒興 役)

こんな作品にも出演

テレビ朝日ドラマ『ハッピー・リタイアメント』(2015年)

読売テレビドラマ『怪物』(2013年)

TBSドラマ『終着駅〜トワイライトエクスプレスの恋』(2012年)

妻夫木聡(織田信雄 役)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『若者たち2014』(2014年)

NHK大河ドラマ『天地人』(2006年)

映画『悪人』(2010年)

映画『愚行録』(2017年)

浅野忠信(前田利家 役)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『刑事ゆがみ』(2017年)
映画『幼な子われらに生まれ』(2017年)

三谷幸喜(脚本・監督)

こんな作品も脚本・監督

映画『ザ・マジックアワー』(2008年)

映画『THE 有頂天ホテル』(2006年)

映画『ステキな金縛り』(2011年)

映画『みんなのいえ』(2001年)

ドラマ『警部補・古畑任三郎 シリーズ』(1994年~2008年)

ドラマ『真田丸』(2016年)

その他の人気作品はジャンル別で分けて掲載していますので、そちらも合わせてお楽しみください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/houga-movie-genre/]

<↑目次に戻る↑>

清須会議(映画)の原作ってあるの?

映画『清須会議』の原作は幻冬舎より出版の小説『清須会議』になります。

作者は三谷幸喜さんで連載されたのは『清須会議』の他に『俺はその夜多くのことを学んだ』や『古畑任三郎殺人事件ファイル』があります。

大人気脚本家・演出家でもあり映画『清須会議』の脚本・監督も務めておられる三谷幸喜さんの小説が映画の原作となっております。

小説は登場人物達の独白形式で綴られており、映画とはまた違った楽しみ方が出来ますよ。

<↑目次に戻る↑>

清須会議(映画)を観た視聴者のレビュー・感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

50代男性
★★★★★

清須会議は実にいい映画です。

清須会議ですが戦国時代の織田信長がこの世を去った後に実際に開催された
会議で、信長亡き後の織田家の後継者を巡り話し合われた会議の様子を描いた映画です。
映画を見るとわかりますが、後継者を巡り柴田勝家と羽柴秀吉の対立が映画の見どころです。
どちらも自分たちの陣営に会議に参加する丹羽長秀や池田恒興などの
大名を味方につけようと必死になる姿が描かれていています。
両陣営が繰り広げる頭脳戦は実際の戦国時代の戦争とはまた違い興味深いものとなりました。
さらにこの映画で大事な人物が織田信長の妹であるお市の存在です。
お市は秀吉を恨んでおり、なんとか勝家に織田家の行く末を守ってもらい秀吉の勢力がなくなる事を願っていました。
このためこの会議では秀吉が敗北するために様々な手段を使い勝家側に勝利してもらうように画策します。
極めつけは勝家と縁組までしてなんとか秀吉を追い落とそうとします。
それにしても秀吉の最後まであきらめず、勝利への執念はすごいものがあります。
おそらく戦国時代の武将は誰しも、実際の戦闘と負けず劣らず自分の勢力を拡大させるために
ありとあらゆる手段を講じて自分が勝利する事にむけて具体的な行動を次々に行っていったのであろうとこの映画をみて感じました。
史実に基づいた映画だけにとても興味深い見る事ができました。


40代女性
★★★★★

「清洲会議」は戦国史、コメディ色々な面で名作!
本能寺の変の後、今後の織田家や秀吉がどうなっていくのか?その大きな分岐点となったのが清洲会議です。その歴史上有名な出来事が歴史の真実と想像がうまく噛み合った作品で、特に秀吉を演じた大泉洋は本当にハマり役だったと思います。
歴史の出来事なので、結果は分かっているわけですが、やはり見ていてハラハラするのは、俳優陣の演技力なんでしょう。
この映画は、小学生や中学生にも見せたいと思うような作品で、清洲会議がなぜこのような結果になったのか?当時の状況なども映画の中で理解できて、勉強にも大いに役立つと思います。
映画自体はとにかくテンポが良い。全くイライラしないで見ることができます。特に見事なのは、秀吉が出世していって、今までの家臣団の中でトップに立とうとする中で、世話になった柴田勝家などの重臣との関係性も清洲会議の中だけで十分に理解で切るため、もしかしたら歴史に大して詳しくない人、もっと言えば日本史をあまり読んでない人でも秀吉の立身出世の人生が、この清洲会議という数日を映画にしているだけなのに、体幹できるような作品になっています。
そしてご存知の通りのラストになるのですが、家臣団、勝った秀吉も負けた柴田も皆、なんか気持ちの良い人間たちに見え、後味の良い作品だと思います。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★

「清須会議」は、正に三谷幸喜による豪華キャストによる時代劇オーケストラ。戦国時代に血が流れないのにハラハラ痛快コメディ。
時は戦国、第六天魔王「織田信長」天下統一目前にして、世にいう「本能寺の変」で家臣に下剋上により討たれた。さらに信長から名目上ではあるが家督を譲られた嫡男「織田信忠」切腹でこの世を去った。この日本を揺るがす大窮地に「羽柴秀吉」が裏切り家臣の明智光秀を仇討に成功する。そんなタイミングからこの物語は始まる。
織田家の世継ぎ問題を清須城で一族と家臣が集まって会議が行われることになった。
織田筆頭家老「柴田勝家」はこの会議に、いくつかの目的を持って臨んでいた。信長亡き後、敵国に囲まれており、一刻も早い次期当主を決める必要があり、仇討を出し抜かれた秀吉の動きを牽制する必要があった。ついでに思いを寄せる信長の妹「お市の方」と会えること。
一方、秀吉は、筆頭家老勝家を出し抜き、織田家を乗っ取り、天下統一を果たそうともくろんでいた。ついでに思いを寄せる「お市の方」と会えること。
それぞれが後継者を立て、自身の思いを叶えるため、前代未聞の会議が始まる。
「ステキな金縛り」に登場していた西田敏行さん演じる更科六兵衛も登場しますよ。


30代男性
★★★★

清須会議はかなり面白い
まずは三谷幸喜の脚本力は本当にすごいと思いました。また、私は恩義とか義理人情に弱いので柴田勝家にかなり感情移入してしまいましたが演じている役所広司の演技力あっての事だと思うし約2時間の映画の中で柴田勝家という人がいかに義理人情に厚い人だったかということが印象深く残ります。
また、忠義を尽くした織田信長が死んだ後に策士である羽柴秀頼の前にどんな気持ちでひれ伏していたのか?ということも感情移入しながらみるとかなりおもしろいと思います。
一方の羽柴秀吉を演じた大泉洋の演技も素晴らしい!
言葉の一言一言が非常に巧みで巧妙であり羽柴秀吉という人の人懐っこさやずる賢さやしたたかさがにじみ出ていたし、いつの間にか秀吉の話に引き込まれている内に映画が終わったような感じです。
また、作品の中でおもしろいポイントとしてはお歯黒メイクや付け鼻やわざとらしいくらい濃い眉毛等々、大河ドラマや時代劇とは違ったメイクをしていて見ているだけで笑ってしまうくらいのユーモアさがあふれた映画です。
そのなかでも剛力彩芽が演じた松姫のお歯黒メイクはいつもの印象とはかなり違っていてとても新鮮で面白かったです。
全体として、三谷幸喜の脚本と個性さぞろいのキャストのおかげでとても面白い作品になっていると思います。
ぜひ一度ご覧ください。

全話視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

戦国時代などの時代劇や合戦ものにはあまり強い興味はない方なんだけど、この作品は面白かった。
というのも、この映画ではいわゆる合戦のシーンはほぼないんですよね。かろうじて鎧を着て戦地にいるシーンそのものは描かれてるんだけど、壮大な人数が行き交うような場面はなし。そう、この映画のメインテーマである「清須会議」というのは、同じ戦いとはいっても、あくまでも「会議」という話し合いの中で行われた戦。
三谷幸喜監督作品は、いつもたくさんの豪華な俳優陣をぜいたくに使って、群像劇の様相をていしているものが多いのですが、それが本作でも生きていたな~と思った。
頭脳戦というほどに難しすぎる内容ではないものの、勢力争いにおいて、どの陣営につきどういった戦術をとるかが主だった戦い方なので、各キャラクターをより丁寧に描いていたと感じた。そのおかげで、あまり歴史についての知識に自身のない自分のような人間にも、勢力図や各人物像が明確に見えやすく、登場人物同士のやりとりなどの面白みの方に集中して作品を堪能することが出来たというのが、この映画をしっかり楽しめたなと感じた大きなポイントになっている。
しっかり笑えて、最後にちょとシメてくれるあたりもとてもいい読後感につながっていた。

清須会議(映画)の見逃しフル動画を公式で無料視聴する方法まとめ

清須会議(映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

実際に起こった歴史上の出来事、織田信長亡き後の「清須会議」を題材にした作品となっており、超豪華役者陣が歴史上の人物達を個性豊かに演じています。

史実を基にした歴史作品ではありますが、三谷作品ならではのコミカルな演出やユーモラスなやり取りなども散りばめられており、楽しく視聴出来る作品となっております。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる