桐島、部活やめるってよ(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスはこちら

『桐島、部活やめるってよ』は、2012年に公開された日本映画になります。

ある日突然、学校の人気者でバレー部のキャプテンである男子生徒・桐島が部活を退部。それをきっかけに校内の人間関係に歪みが生じ、波紋が広がっていく様を描いた青春群像劇です。

そんな映画『桐島、部活やめるってよ』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次

桐島、部活やめるってよ(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画をU-NEXTで視聴可能

映画『桐島、部活やめるってよ』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

U-NEXTについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/u-next-korea-movie/]

桐島、部活やめるってよ(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=4708]

桐島、部活やめるってよ(映画)のフル動画をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『桐島、部活やめるってよ』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ!

U-NEXTのはこちらから>>

桐島、部活やめるってよ(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

バレー部のキャプテンとして活躍し、成績も優秀な高校のスター的存在である桐島が、突然部活を退部して姿を消す。それまで何の疑問もなく学校生活を送ってきた彼の友人や恋人、バレー部員たちに衝撃が走るなか、彼とは無関係な映画部の面々にも余波が訪れ…。

公式HPより引用

桐島、部活やめるってよ(映画)の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

40代男性
★★★★

感動はないけど、そこには共感できる自分がいました。
2012年の映画で、神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ
山本美月、松岡茉優、などとても豪華なキャスティングで公開されました。物語は、バレー部のキャプテンでありエースである「桐島」がある日突然部活を辞めるというところからスタートしていきます。最初は五つのオムニバス形式で桐嶋が部活を辞めるその時の物語が語られます。3人は桐島が部活を辞めることで、自分の身の回りのことも変化してしまいます。1人は直接ではないものの影響が出てしまいます。神木隆之介さんが演じる前田だけ全く影響を受けることがありません。これは、一種の学校で起こりがちなスクールカーストというものが作用した物語で、見ている人にはそれぞれのエピソードで共感する部分があるのではと思います。終わりの方では前田がメインになった形で物語が進んでいきます。前田はいわゆる「隠キャ」になりますが、自分をしっかり持っているので自分の信念を守るためなら立ち向かう強さがあります。一見すれば1人の人間がいなくなるだけなのにその人を拠り所とした生活をするとあっという間に崩れてしまい、自分をしっかり持っていると何があってもぶれません。この映画は見終わっても感動することはありませんでしたが、若い時の自分と重なるような共感に似た感情を思い起こしました。


20代女性
★★★★★

【結局誰なの?】
このタイトルがとてもしっくりくる作品でした。タイトルから分かるのが桐島という子が部活を辞める話ではありましたが、なんせ桐島が誰か分からなくて困惑した作品でした。主演でポスターとかに載っているのが神木隆之介さんだったので、きっと桐島は神木さんなんだと思って見に行きましたが関係なく桐島ではなく、先入観って怖いなってちょっと思った記憶があります。ずっと桐島が出ないし桐島が部活辞めることがそんなみんなが注目することなのかと思ったこともあります。でもいきなりキャプテンだった人が部活を辞めるって言い出したらみんな困惑するだろうし、どんな嫌なことがあったんだろうとかいじめられたのかなとか考えさせられました。主役であろう人が出てこない作品はきっと他にないし新しい作品だなと思いましたし、そういう映画の作り方をしている監督さんに拍手を送りたいと思いました。案の定楽しめましたし観終わって見たことがある人と話したら桐島は一体誰だったのかという話で盛り上がりました。あんな人を驚かすというか人の心理をつく映画が他にもできたらもっと面白いんだろうなと思いますし、また作ってくれたら嬉しいなと思います。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★

映画の題名に名前が上がっている「桐島」。本人はいつ出てくるのだろう、どんな人なんだろう?とものすごく考えながら見ていたのに、最後まで「桐島」本人の存在は出てこない…。なのに、これだけの存在感を見ている私たちに感じさせる!この感覚は不思議だし、もう一度見たくなる映画だと思った。
そして「学校=社会」と思い込んで、狭い世界で精一杯生きていた学生のあの頃の感じ。なんとなく、運動部と文化部で上下関係が築かれていたり、文化部を少し見下しているけど、どこか彼らに羨ましさもあったり…。こうやって映画として外側から学校という社会を見ていると、それぞれの立場の人間の気持ちにも共感できるところがあるんだな、と感じた。
出てくる俳優陣もとても豪華だ。私も大好きな女優さんの1人である、沙奈役の松岡茉優さんが出ているし、当時モデル活動をしていた東出昌大さん、山本美月さんも出演している。東出さん演じる宏樹は、長身でカッコよくてしかも何でもそつなくこなせるだなんて、こんな高校生クラスにいたら絶対モテる…!個人的には、映画部の部員、武文役の前野朋哉さんが、本当に高校にこういう同級生いるよな〜とリアルに感じた。
文章ではどのように「桐島」の存在が描かれているのかも気になるので、今度朝井リョウさんの原作小説も読んでみたいと思う。


20代男性
★★★

「桐島部活辞めるってよ」は面白い
私は、この作品が個人的には面白いと感じる。この映画は、桐島というバレーボール部のキャプテンがある日突然、部活を止めたことによって起こる周りの性との心境の変化などを表している映画だ。何が面白いって、桐島が一切、映画内には登場しないのだ。今までの映画でそんな主人公みたいな役柄が映画内に出てこないなんてあっただろうか。
この作品は、学校内にある見えない階級スクールカーストを主な題材にしているともいえるだろう。学校で目立つような生徒が教室の隅で本を読んでいるような生徒を所々馬鹿にしたり嘲笑ったりする場面が出てくる。スクールカーストの上位と下位の心境の変化などを明確に表していることも面白いと感じた。この映画の主人公は、桐島ではない映画部に所属しているおとなしめな男子生徒だ。最終的にスクールカースト上位が学校の屋上に集まってきたときにレンズカメラを向け映画部の部員に向けて言う。
「こいつら全員食い殺せ」。ゾンビ映画と見立てて部員が上位の生徒に襲い掛かる。要するに、スクールカースト何てぶっ壊そうぜ。そういうような意味だと私は個人的に解釈した。
今までの映画の概念をぶっ壊したようなこの映画が私は好きだ。

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

朝井リョウさんの小説が大好きでこの映画を見たのですが、何度でも見れるほど面白かったです。小説でも、同じ日が様々な人物の視点から描かれているのですが、映画も小説のいいところを踏襲していて、映像化して大成功だったのではないかと思うほどの完成度の高い映画でした。ちょっとだけ小説と映画とでは結末の描き方が違うのですが、原作者が伝えたいメッセージをしっかりと解釈されて脚本化したのだと思います。誰もが納得いくような、スッキリした終わり方でした。予告編でもラストが衝撃だと言っていましたが、まさにその通りで、クライマックスの勢いが凄かったです。映画だからこそ表現できた手法だったのではないでしょうか?キャスト陣の年齢層が高いことが少し気になってしまいましたが、そんなことはどうでもいいと思えるほど、脚本も演出も素晴らしかったです。学校生活にはグループというものがあって、そのことで悩んだことのある人はたくさんいると思います。だからこそ、この映画は共感できた人がたくさんいると思います。目立つグループにいる生徒と地味な生徒が皮肉に描かれていて、本当の友達ってなんなのかな、と一緒に考えてしまうような物語でもありました。神木隆之介さんの演技力はさすがでした!

桐島、部活やめるってよ(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

前田 涼也役(神木隆之介)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『刑事ゆがみ』(2017年)
映画『ピーチガール』(2017年)
アニメ映画『君の名は。』(2016年)※立花瀧役で声の出演
アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)※ハウルの弟子の少年マルクル役で声の出演
アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)※坊役で声の出演
アニメ映画『メアリと魔女の花』(2017年)※ピーター役で声の出演

東原 かすみ役(橋本愛)

こんな作品にも出演
NHK BSプレミアムドラマ『長閑の庭』(2019年)
映画『美しい星』(2017年)
映画『リトル・フォレスト』(2014年)

菊池 宏樹役(東出昌大)

こんな作品にも出演

大河ドラマ『花燃ゆ』(2015年)

朝ドラ『ごちそうさん』(2013年)

TBSドラマ『あなたのことはそれほど』(2017年)

映画『デスノート Light up the NEW world』(2016年)

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(2016年)

映画『寄生獣』(2014年)

飯田 梨紗役(山本美月)

こんな作品にも出演
映画『少女』(2016年)

その他キャストも多数出演

清水くるみ、松岡茉優、岩井秀人、藤井武美、ほか

桐島、部活やめるってよ(映画)の原作ってあるの?

映画『桐島、部活やめるってよ』の原作は集英社出版の小説『桐島、部活やめるってよ』になります。

作者は朝井リョウさんで連載されたのは『桐島、部活やめるってよ』の他に『チア男子!!』や『何者』があります。

桐島、部活やめるってよ(映画)の主題歌を歌うのは高橋優

映画『桐島、部活やめるってよ』の主題歌を歌うのは高橋優さんの『陽はまた昇る』です。

高橋優さんの力強く熱い歌声が心に突き刺さるこちらの楽曲、辛いときにガツンと背中を押してくれる名曲となっております。

桐島、部活やめるってよ(映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービスのまとめ

映画『桐島、部活やめるってよ』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

桐島という一人の人物が部活を辞めたことを切っ掛けに、周りの関係無い生徒達の関係にも歪みが生じていく今回のストーリー、危うい10代の少年少女のリアルを巧みに演出している名作映画となっております。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次
閉じる