永山絢斗さん出演の映画・ドラマ・受賞歴と気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

(出典:NHK人物録

目次

永山絢斗さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

永山絢斗さん情報
生年月日:1989年3月7日
出身地:東京都
身長:176cm
血液型:B型
結婚:無
所属事務所:株式会社パパドゥ

永山絢斗さん出演の主な映画・ドラマ

主な出演映画

ソラニン(2010年)
ソフトボーイ(2010年)
悪人(2010年)
ふがいない僕は空を見た(2012年)
藁の楯(2013年)
クローズEXPLODE(2014年)
アンフェア the end(2015年)
真田十勇士(2016年)
闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年)
泣き虫しょったんの奇跡(2018年)

主な出演ドラマ

パズル(2008年)
恋空(2008年)
おひさま(2011年)
らんま1/2(2011年)
べっぴんさん(2016年)
居酒屋ふじ (2017年)
ドクターX〜外科医・大門未知子〜 (2017年)
いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年)
初めて恋をした日に読む話(2019年)
トップナイフ-天才脳外科医の条件-(2020年)

永山絢斗さんの受賞歴

2010年 第34回日本アカデミー賞 新人俳優賞(2010年)

永山絢斗さんのレビュー・評価

永山絢斗さんへの個人的評価

永山さんの演技を初めて見たのは朝ドラ「べっぴんさん」です。それまで永山さんのことを存じてなかったんですけど、すごく顔だちもハンサムで演技もとてもいい演技をされる方というのが私の第一印象です。

永山さんは作品に出る度に新しい姿を見せてくれます。俳優さんって一つ役の型にはまるとそのはまった役を演じることが多いっていう俳優さんがいるんです。

確かに永山さんにもすごくはまってるなって思う役はあります。ですが永山さんは作品に出る度前回出た作品とは違う姿を見せてくれるんです。以前も演じたことがあるような役でも全く違って見えます。

あとは、俳優業をしている以上セリフを覚えるのは当たり前ですけど現場に行って監督とかと話し合いながら役のキャラクターを作り上げたいっていう俳優さんももちろんいらっしゃると思います。

それが悪いわけでもないです。ですが永山さんは台本をもらってしっかり読み込んで役を理解して撮影に挑まれる方なんだと思うんです。そういう裏での努力が演じ方に表れています。

前回と同じようなキャラクターの役でも違って見えるのは永山さんの演じ方をしっかり研究されてるからです。その誠実さと演じることへの熱い気持ちを常に忘れずに作品に向かい合えるのが俳優 永山絢斗の魅力です。

永山絢斗さんへの個人的評価

永山絢斗さんは、お兄さんの永山瑛太さんが有名ですが、初めて弟さんの永山絢斗さんを見た時は、兄弟だとは気付きませんでした。永山瑛太さんは演技派俳優と言われていますが、きっと有名人な兄に嫉妬心を抱いていたのではないかなと勝手に思っています。

個人的に、外見はお兄さんよりもイケメンだと思っていますし、爽やかな顔立ちなので色々と重宝されるのではないかなと予想しています。ただ、永山絢斗さんは爽やかな顔立ちをしているのに、何故だか少し癖のあるというか、少し陰険な役が多いような気がします。これに関しては、勝手にお兄さんの影響を受けていると思っています。お兄さんの瑛太さんも、割と暗いというかダークサイドの人間だと思っているからです。

「重版出来!」の時の、漫画家としては才能があるがゆえに、若さだったりプライドのようなものが邪魔して、人の意見をあまり聞かないという役柄は、似合っていました。本当に勝手で申し訳ないのですが、若い頃から有名であったお兄さんにどこか嫉妬しながらも、羨ましいとお兄さんを尊敬していたのではないかなと感じてしまいます。笑った笑顔は純粋にかっこいいと感じさせないのも、魅力的に感じます。爽やかさの奥に、ダークな雰囲気があったり、落ち着いた声で話すので、それもまた妖艶な雰囲気があります。

目次
閉じる