借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービス

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)は、2010年に公開されたスタジオジブリ制作の日本のアニメーション映画になります。

米林宏昌さんが初監督ということでも話題を集めた作品です。

そんな借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじ・感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

[afTag id=792]

※目次のクリックでジャンプして見られます♪

目次

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVについてはさらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のフル動画が無料視聴できる配信サービス比較

[afTag id=8450]

<↑目次に戻る↑>

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のフル動画をAnitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

Anitube・YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)を安心・安全に無料視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TVを詳しく見る >>

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

とある郊外に荒れた庭のある広大な古い屋敷があった。

その床下で、もうすぐ14歳になる小人の少女・アリエッティは、
父ポッドと母ホミリーと3人でひっそりと静かに暮らしていた。

アリエッティの一家は、屋敷の床上に住むふたりの老婦人、
女主人の貞子とお手伝いのハルに気づかれないように、
少しずつ、石けんやクッキーやお砂糖、電気やガスなど、
自分たちの暮らしに必要なモノを、必要な分だけ借りて来て暮らしていた。

借りぐらしの小人たち。

そんなある夏の日、その屋敷に、
病気療養のために12歳の少年・翔がやって来た。

人間に見られてはいけない。見られたからには、引っ越さないといけない。
それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう。

「おまえは、家族を危険にさらしているんだぞ」
アリエッティは、父に反発する。
「人間がみんなそんなに危険だとは思わないわ」

アリエッティは、生来の好奇心と向こう見ずな性格も手伝って、
次第に翔に近づいて行く。
アリエッティの家族に大きな事件が迫っていた。

ーーー人間と小人、どちらが滅びゆく種族なのか!?

出典:『借りぐらしのアリエッティ』公式ページ

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

私が初めて借りぐらしのアリエッティを見たときは、こんなに小さいところに小さい小人がいるんだ、と思いました。家の中も整頓されているし、こんなに小さくても生活しているんだと思いました。でも自分の家を壊されそうになる時には自分がアリエッティになったような感じで恐怖感も覚えました。アリエッティのお母さんが家政婦さんによって便に閉じ込められてしまうところはすごくどうしよう、どうしよう、という感じで見ていました。見てもらえればその恐怖感というか、人間と小人とのやり取りがこんな気持ちになるのかという思いになるかもしれません。私は最後の終わり方がなんとなく続きがあるようでないようで、なんともパッとしない感じだったのですがそれでも家を変えるということがこんなにも大変なのかというか、小人が本当にいたときには、私はもっと優しくして、見守ってあげたいなと思える作品でした。今もし私の家の下にも小人が住んでいると思ったら、もっと家を優しく大事にして住みたいなと思いました。そのほうが小人たちが安心できますし、気持ちが落ち着くと思うからです。このジブリ作品は奥が深いと思うので、大人が見てもいいと思います。ジブリ作品の中でも小学生くらいからかな?と思うような感じもしましたが、どなたが見ても楽しめる作品だと思います。


30代女性
★★★

小人、というのか妖精というのか。きっと幼い頃に誰しもが憧れた存在を描いた作品です。
これに出てくる人間はたいだいは良い人ばかりです。
主人公のアリエッティもとても可愛らしく、宮崎駿監督作品とはまた違った世界観が良いです。ジブリらしさを残して居ながら、その中にとても怖い存在を作り出すのがとても上手い映画でした。
その存在はお手伝いさんですが、声優さんが樹木希林さんで、本当に存在していそうな意地悪そうな声が良かったです。樹木希林さんじゃないとあんな存在感は出せなかっただろうなぁと感じる瞬間でした。
アリエッティたちは人間に存在を知られてしまうと、生きていけないと言っていました。なんだかそこが切なく、折角友達になれたのに、と感じる瞬間が切なかったです。
見所はアリエッティが一人で借りをしに行く場面です。お父さんには内緒でしたが、人間の前に姿を表してしまう瞬間もあります。
人間は多数いるので、この世界の少年のように心優しい子も入れば、樹木希林さん演じた家政婦のような人間もいて、多種多様な人間がいて現実世界と同じだな、と感じます。
アリエッティのお母さんの情緒不安定さを声で表現した大竹しのぶさんもかなり上手く、声だけで引き込まれました。お父さんは三浦友和さんで、声だけでも優しく包み込まれる感覚があり、とても心地よく見ることができました。とてもハラハラする!という場面はあまりないのですが、たんたんと進むわけでもないので結構楽しめます。
オススメな映画の1本です。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★★

見どころは、小人であるアリエッティ視点から描かれる人間の世界と、アリエッティと翔が育む友情(やや愛情?)です!
角砂糖の大きさや、洗濯ばさみを髪留めに使うアリエッティには、小人から見るとこんな感じなんだ!と、わくわくしない人はいないのではないでしょうか。
特に好きなシーンは、ハルさんに閉じ込められた母親を、アリエッティと翔が協力して助け出すシーンです。
今までお互いに分かり合えなかった2人が1つの目的を達成することで、アリエッティは人間という存在を、翔はアリエッティたち小人の存在を認め合ったような気がします。
ラストにアリエッティ達家族は翔の家の床下から引っ越してしまうのですが、そこで翔とお別れするシーンも印象的でした。
種族を超えて、お互いを大切に想い合う2人は、たとえもう2度と会えなくてもこの出来事を一生忘れないのでしょう。
その儚いラストシーンには感動して泣いてしまいました。
そんな映画を面白くしているのが、声優を担当した志田未来と神木隆之介ではないでしょうか。
俳優が声優を担当すると、どうも違和感があることが多いのですが、この2人は本当に自然にキャラクターを演じています。
特に、神木隆之介扮する翔が最初にアリエッティに声を掛けた時のシーンには、その声の重みに鳥肌を感じました。
お2人の声による演技力にも注目して欲しい作品です!


30代女性
★★★

原作となるのは、「小人の冒険シリーズ」というイギリスの子供向け小説です。家主が眠ってしまった後で、小人たちが砂糖やティッシュや待ち針などを、ほんの少しだけ気付かれない程度に「借り」て生活するという様子を描いた作品で、舞台がイギリスと言われてなるほどという納得感を持つ作品です。
借りをする小人の少女が主人公なので、ありとあらゆるものが巨大に描かれています。まるで自分自身が小人になったかのような感覚を楽しめるのはなかなか興味深いものです。巨大化しては恐ろしい姿になってしまいそうな虫たちも、可愛らしく、優しく描かれており、ファンタジーな絵本の世界に入り込んだかのような錯覚を覚えることが出来ます。
しかし、だからこその原作からの改変が非常に勿体ないと感じます。
原作はイギリスの田舎の民家が舞台となっているので、伝承や昔話との親和性も高く、ファンタジーではあっても物語の流れに非常に強い説得力が存在します。
しかし、これを現代の日本という舞台に置き換えたとたん、非常にちぐはぐなものになってしまうのです。なぜならこの映画は、日本家屋にイギリスの小人が住んでいるという作品になっているからです。
家の装飾はややイギリステイストな可愛らしさで飾られていますが、あえて舞台を日本に移す意味が全くありません。魔女の宅急便のように、完全に海外を舞台に描いたとしても、何の問題もなかったはずです。むしろそちらの方が整合性の取れた、美しい作品として仕上がったことでしょう。
ビジュアルの美しさ、声優陣の演技のすばらしさは間違いありません。だからこそ、舞台をイギリスのまま……あるいはどこか架空のヨーロッパなどとして作って欲しい作品でした。

視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★

借りぐらしと呼ばれる14才の小人の少女・アリエッティは、父親と母親の3人で、人間の住む屋敷の床下でひっそりと生活していました。ある日人間の家の中へと「借り」に出掛けたアリエッティは、心臓病の少年・翔に姿を見られてしまいます。翔の声は神木隆之介くんが演じていますが、儚く透明感の声あるが役にぴったりでした。家の主人である大叔母から、翔の過ごす部屋にあるドールハウスは亡き父(翔の曾祖父)が家で小人を見たことがあり、いつか小人が現れた時にプレゼントするためイギリスの職人に特注で作らせたものだと知ります。翔はアリエッティ達の家の天井を剥がしキッチンを抜き取ると、ドールハウスのキッチンをプレゼントします。しかし、部屋に戻る時に階段でドールハウスの一部を落としてしまい、家政婦のハルさんに見つかってしまいます。更に落ちていたバールからアリエッティ達の家を見つけられてしまい、アリエッティの母親は捕まり瓶に閉じ込められてしまいます。同じ頃、翔は引っ越しのためお別れの挨拶をしに来たアリエッティに対して「君たちは、滅び行く種族なんだよ」「そういう運命なんだ」と伝えます。死ぬかもしれないという自分の運命と、アリエッティ達を重ねての台詞だったのかなと思いますが、すごく冷たく感じました。しかし本来は心優しく穏やかな性格のようで、アリエッティの母親の救出にも手を貸します。最後、アリエッティ達は引っ越しますが、翔は角砂糖、アリエッティは髪留めにしていた洗濯ばさみをお互いに手渡します。アリエッティが「守ってくれて嬉しかった」と翔の指に触れるシーンが、この作品で一番好きなシーンです。

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の原作ってあるの?

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の原作は、メアリー・ノートンの『床下の小人たち』になります。

借りぐらしのアリエッティの公開であまりにも有名になったメアリー・ノートンですが、『空をとぶ小人たち』『空とぶベッドと魔法のほうき』『野に出た小人たち』『川をくだる小人たち』と数々の作品を出版しています。

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の音楽・主題歌を担当されたのはセシル・コルベル

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の音楽・主題歌を担当されたのは歌うのはセシル・コルベルさんです。

主題歌はその名も『Arrietty’s Song 』といい、まさに借りぐらしのアリエッティのために作られた楽曲となっています。

映画の内容にあった、ちょっと不可思議であり、力強さも感じるような作品ですね。

<↑目次に戻る↑>

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の声を担当した出演者情報とキャラクター

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

志田未来(アリエッティ 役)

こんな作品にも出演

神木隆之介(翔 役)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『刑事ゆがみ』(2017年)
映画『ピーチガール』(2017年)
アニメ映画『君の名は。』(2016年)※立花瀧役で声の出演
アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)※ハウルの弟子の少年マルクル役で声の出演
アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)※坊役で声の出演
アニメ映画『メアリと魔女の花』(2017年)※ピーター役で声の出演

大竹しのぶ(ホミリー 役)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『ごめん、愛してる』(2017年)
映画『影踏み』(2019年)
映画『のみとり侍』(2018年)
映画『海街diary』(2015年)

竹下景子(貞子 役)

こんな作品にも出演
NHKドラマ『胡桃の部屋』(2011年)

フジテレビドラマ『サザエさん 』(2009年)

映画『一人の息子』(2018年)

映画『聖の青春』(2016年)

映画『男はつらいよ 知床慕情』(1987年)

映画『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』(1989年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)※二郎の母役で声の出演

藤原竜也(スピラー 役)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『新しい王様』(2019年)
テレビ朝日ドラマ『人間の証明 』(2017年)
映画『デスノート』(2006年)
映画『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年)

三浦友和(ポッド 役)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『HERO』(2001年)
NHK大河ドラマ『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』(2002年)
映画『アウトレイジ ビヨンド』(2012年)
映画『沈まぬ太陽』(2009年)

樹木希林(ハル 役)

こんな作品にも出演

フジテレビドラマ『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜』(2006年)

映画『日日是好日』(2018年)

映画『万引き家族』(2018年)

映画『海街diary』(2015年)

映画『そして父になる』(2013年)

映画『ツナグ』(2012年)

鈴木敏夫(プロデューサー)

こんな作品もプロデュース

アニメ映画『おもひでぽろぽろ』(1991年)

アニメ映画『紅の豚』(1992年)

アニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年)

アニメ映画『耳をすませば』(1995年)

アニメ映画『もののけ姫』(1997年)

アニメ映画『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999年)

アニメ映画『千と千尋の神隠し』(2001年)

アニメ映画『猫の恩返し』(2002年)

アニメ映画『ハウルの動く城』(2004年)

アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)

アニメ映画『崖の上のポニョ』(2008年)

アニメ映画『コクリコ坂から』(2011年)

アニメ映画『風立ちぬ』(2013年)

アニメ映画『レッドタートル ある島の物語』(2016年)

米林宏昌(監督)

こんな作品も監督

アニメ映画『ゲド戦記』(2006年)※作画監督

アニメ映画『思い出のマーニー』(2014年)

アニメ映画『メアリと魔女の花』(2017年)

<↑目次に戻る↑>

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)の動画が見逃し無料フル視聴できる配信サービスのまとめ

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

この映画を観ると、本当に小人は存在するんじゃないかと思わせてくれる、なんだかワクワクさせてくれる映画でした!

[afTag id=792]

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる