いぬやしき(映画)が無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

映画『いぬやしき』は、2018年に公開された日本映画になります。

奥浩哉さんの同名コミックスを原作とするこちらの作品。

墜落事故に巻き込まれ驚異の力を手に入れた主人公・犬屋敷壱郎を16年ぶりの映画主演となる木梨憲武さんが演じ、対する大量殺人鬼・獅子神皓を佐藤健さんが演じます。

また、共演陣も豪華な顔ぶれが揃っており、格闘シーンや映像にも注目です。

そんな映画『いぬやしき』のフル動画を無料で楽しむ方法がありますので、あらすじや出演者情報、感想・ネタバレと合わせてご紹介していきますね。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次

いぬやしき(映画)が無料視聴できる動画配信サービスを詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
U-NEXT(ユーネクスト) フル動画をU-NEXTで視聴可能

映画『いぬやしき』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントも付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

U-NEXTについてはメリット・デメリットや登録方法・解約方法をもっと深堀して詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください!

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/u-next-korea-movie/]

いぬやしき(映画)を無料視聴できるサービス比較

[afTag id=3152]

いぬやしき(映画)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

映画『いぬやしき』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ!

U-NEXTのはこちらから>>

いぬやしき(映画)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神皓(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。

人間の本質は善なのか、
それとも悪なのか…?
強大な力を手に入れた二人が、
いま、それぞれの想いで動きだす———。

公式HPより引用

いぬやしき(映画)の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★
【「いぬやしき」は見ると意外に面白い】
「GANTZ」でも知られている奥浩哉さん原作の漫画の実写化で、木梨憲武さんや佐藤健さんなどが出演していたよ。中でも、木梨憲武さんの超人的な力を持った姿が妙に面白かった。他の人では考えられない凄いパワーを持っているから、どうしようとかとかなり戸惑っていた。それでも、何とか同じような力を持った佐藤健さん演じる悪者を必死に止めようとしていたよ。同じような力を持っていても、良い側と悪い側を分かれるのだなあって思った。超人的な力を使うシーンや戦うシーンもCGとか駆使されているみたいで、結構迫力もあった。見ると「この映画、意外に面白い」と思うから、一度見て見ることをおすすめするよ。


30代女性
★★★★★
友人に誘われて映画を見ました。タイトルは耳にしたことがあったので、内容にはとても興味がありました。面白いんだろうな、と期待していたのですが、実際に目を通すと面白い、というよりは怖いな、と。ですが、私は小さい頃までは怖いものは苦手だったのですが、大人になってからは平気になったので怖さはあっても絶叫はしませんでした。話が進んでいくにつれてもう一回見てもいいな、と思いました。作品に登場する俳優さんや女優さんは知らない方が多かったのは残念でしたが、それでも最後まで通して見ました。別の日に私一人で見に行った時も全然恐怖心がなく、楽しかったので勧めてくれた友人には感謝しています。私の中では傑作、と言い切れます。

視聴した感想・ネタバレ

30代男性
★★★★★
「ガンツ」などで有名な奥浩哉先生が描いているマンガが原作となっているこの作品、主役であるとんねるずの木梨憲武さんの演技が印象的でよかったです。個人的に言うともうすこしよぼよぼのおじいちゃんといった印象なのですが、これはこれできちんとした映画になっていました。佐藤健さんも獅子神皓役で出演されており、アクションシーンに定評のある俳優さんなのでマッチしていて面白かったです。映画全体の感想ですが、前回のガンツと比べると割とマンガに沿ってストーリが展開されているなと感じました。マンガのファンのひとでも満足できる映画なのではないでしょうか。佐藤晋輔監督の演出やCGの使い方も思い切りが良くて好きです。新作であるギガントも是非映画化してほしいです。


40代女性
★★★★
木梨憲武さんがはまり役、正に社会にも家庭にも捨て置かれた悲しい中年男性を演じきっています。ほんの少しのメイクでここまでしょぼくれさせるなんてすごい、普段のお洒落で精力的なすがたを知っているだけに驚きです。見どころはやっぱり新宿という繁華街で行われた空中戦でしょう。これだけ手が込んでいるということはセットではなく本当にそこでロケをしたはず、迫力が違います。このまま癌で死んでいくのも寂しいけれど、改造されてこんな身体となってしまうのはもっと困りものです。でも中年男性が活躍するお話って本人たちは勇気が出たはず、主人と一緒にもう一度見たいです。高校生役の佐藤健くんもかっこよかった、悪役も美形だからこそ迫力があります。

視聴した感想・ネタバレ

30代男性
★★★★★
ノリさんが主演と聞いて、メジャーリーグに登場したタカさんのことをふと思い出したり、そんな軽い気持ちで見に行きました。

漫画の実写化ということで、原作からある程度劣化してしまうことを前提に見てしまったことを後悔しています。
素直に楽しめる素晴らしい映画です。

犬屋敷という、愚直でいて時に偽善じみた一面も見せるなんとも人間らしいキャラクターと、憎悪の権化である獅子神、両者が似た能力を使うという設定が軸となって、映画の世界に小気味よく誘い続けてくれていました。
その対比を際立たせていたのはノリさんの演技。
冴えないおっさんを輝かせる。
確かにハマり役に違いありません。

アクションシーンは圧巻でした。

漫画の実写化だから見ないでおこう。
そんなことを考えてしまう人には是非一度見ていただきたいです。

私はこれを機に他の漫画原作映画も見てみようと思います。


30代女性
★★★★
ガンツと同じ原作者の人気漫画の映画化。主役のおじさんは誰だろうと期待してたらとんねるずの木梨憲武さん。それだけでもノリダー世代の私たちにとってはとてもたまりませんでした。佐藤健くんのアクションも亜人と同様、かっこよくてたまりません!CG処理も凄すぎてビルの破壊などリアルすぎてびっくりしてしまいます。怖いけどノリさんの演技が情けなくてでもかっこいい、でも笑えてくるので終わりまで楽しめる作品かと思います。原作は一切見てませんがそれでも大丈夫、反対に原作も読みたくなる。続編は作って欲しくはないかなと思う。これで完結でスッキリです。佐藤健くんの方がかっこいいけど見終わった後はノリさんの方がかっこいいなぁと思えてくる。

視聴した感想・ネタバレ

30代女性
★★★★
『いぬやしき』は原作が漫画ということですが、原作を見ていなくても十分に楽しめる映画です!
偶然平凡なサラリーマンとイケメンが超人的なパワーを身に着けるが…という内容ですが、オッサン主人公とイケメン主人公?のふたりの対比が効いています。
とくに不憫でうだつのあがらない会社員の犬屋敷は、自分の父親と妙に重なって応援したくなりました。
いい歳をしているせいかどんどん力を自分のモノにしていく獅子神と違い、人に聞いたりしてどうにかこうにか力をコントロールしようとするところは、まるでスマホに悪戦苦闘するお父さんそのものです(笑)。
そして獅子神役の佐藤健は相変わらず演技がうまい!さすが仮面ライダーとるろうに剣心というアクションをこなしているだけはあります!
アベンジャーズなどの洋画を見てしまうとさすがにCGの荒や不自然さは目につきますが、邦画アクションもまだまだいけるな、と思いました。オススメです。


40代男性
★★★★
【木梨憲武がカッコ良い。】
映画『いぬやしき』のキャストが発表されて驚いたのが、冴えないお父さん役を木梨憲武さんが演じると発表された時です。原作の漫画を読んだことがあるので、まったく想像できなかったです。個人的には温水洋一さんあたりがしっくりくるなと思っていたので、意外でした。実際に作品を見てみるとあまり違和感がなかったのも意外でした。キレキレの木梨さんだからこそ演じられた役なのかなと、見ていて思いました。予想以上に冴えないお父さんを演じている時もしっくり来ていて、木梨さんなりにメリハリをつけて演じているんだなと思いました。また、撮影現場はかなり楽しい雰囲気だったのではないかなと思いました。

視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★
【『いぬやしき』は人間としての心と心の葛藤を如実に表した名作です。】
佐藤健演じる獅子神は、贅沢ではないにしろ母と仲睦まじく過ごしていた。木梨憲武演じる犬屋敷は、家族に邪険に扱われながらも、大黒柱として会社に頭を下げながら、何とかクビにならない日々を送っていた。その二人の運命が変わった『夜空からの光』それまでボーーーッと見ていた私の心が、音を立てるくらい大きく鼓動を立てて話の展開が凄まじくなっていったんだ。だけどもここからの佐藤健の姿に『それ以上やめて欲しい。いや・・でも、その気持ちは分かるよ?』って止めたい気落ちと共感する気持ちが始まって、気付いたらすっかり演技にハマってたなあ。木梨憲武はいわば佐藤健とは敵同士になるんだけど、二人の距離が近くなっていく中で『犬屋敷の家族との距離感も変わっていく』ところが、この映画の一番ハートフルで泣けたシーンだった。犬屋敷が家族を守ろうとするシーンなんて、大粒の涙が出てきたから。最終どうなるのよって言う思いで見てたら『あっという間に終わってしまった。え、ここで終わり?・・・え??うそ??!!こうなるの??!』って最後まで大どんでん返し弾ける映画だった・・ってくらいに、ドキドキMAXで魅了されていく映画です。佐藤健と木梨憲武だからこそ、あの凄みが出たんだと思う。刺激が欲しいわ!って人には、たまらなくオススメな映画です!!


40代男性
★★★★
最初に、木梨憲武の演技が素晴らしい作品でした。冴えなくて、家族からも馬鹿にされている哀愁漂う父親という役柄ですが、かなりのリアリティな雰囲気を演出していて、本当に器用だと感心しました。そして、珍しく佐藤健が役柄的に悪者なのですが、イメージとしては正義なのに、しっかりと逆の演出しているのも、流石だと感じました。前半は、ストーリー重視で、佐藤健がなぜに悪者になっていくのかや木梨憲武が特別な力を手に入れて、何かの役に立ちたいといった人間模様を淡々と進めていくのですが、途中からはスピード感溢れるバトルシーンになり、かなりの見ごたえある映像を見せてくれます。最後は、ちょっと感動ありのストーリーで、見たあとにはスッキリとした後味の作品です。

いぬやしき(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

斉木楠雄役(木梨憲武)

こんな作品にも出演
テレビ東京ドラマ『居酒屋ふじ』(2017年)
フジテレビドラマ『世にも奇妙な物語 25周年記念! 秋の2週連続スペシャル 傑作復活編「思い出を売る男」』(2015年)
フジテレビドラマ『甘い結婚』(1998年)
映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』(2019年)
映画『竜馬の妻とその夫と愛人』(2002年)

照橋心美役(佐藤 健)

こんな作品にも出演

海藤瞬役(本郷奏多)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『ラブホの上野さん』(2017年)
BSスカパー!ドラマ『アカギ』(2015年)
テレビ東京ドラマ『なぞの転校生』(2014年)
映画『凜-りん-』(2019年)
映画『実写版 テニスの王子様』(2006年)
映画『進撃の巨人』(2015年)
映画『NANA2』(2006年)

窪谷須亜蓮役(二階堂ふみ)

こんな作品にも出演
フジテレビドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(2019年)
NHKドラマ『もしもドラマ がんこちゃんは大学生』(2017年)
映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019年)
映画『翔んで埼玉』(2019年)
映画『リバース・エッジ』(2018年)

蝶野雨緑役(生瀬勝久)

こんな作品にも出演
日本テレビドラマ『リーガル・ハイ』(2012年)
日本テレビドラマ『警部補 矢部謙三』(2010年)
映画『ごくせん THE MOVIE』(2009年)
映画『ヤッターマン』(2009年)
映画『トリック劇場版』(2002年)

神田品助役(伊勢谷友介)

こんな作品にも出演

日本テレビドラマ『サバイバル・ウェディング』(2018年)
TBSドラマ『監獄のお姫さま』(2017年)

映画『翔んで埼玉』(2019年)

映画『3月のライオン』(2017年)

その他キャストも多数出演

三吉彩花、濱田マリ、斉藤由貴、ほか

いぬやしき(映画)の原作ってあるの?

映画『いぬやしき』の原作はイブニングに掲載した漫画『いぬやしき』になります。

作者は奥 浩哉さんで連載されたのは『いぬやしき』の他に『GANTZ』や『変[HEN]』があります。

いぬやしき(映画)の主題歌を歌うのはMAN WITH A MISSION

映画『いぬやしき』の主題歌を歌うのはMAN WITH A MISSIONさんの『Take Me Under』です。

映画にぴったりの疾走感を感じさせつつも重厚なメロディーがカッコイイ一曲となっております。

いぬやしき(映画)が無料視聴できる動画配信サービスのまとめ

映画『いぬやしき』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

しかも無料期間中であれば、いつ解約しても追加の料金はかからない上に、初回ポイントが600ポイント付属、継続なら毎月1200ポイントもポイントが付与されますので、そのポイントで最新作の映画も実質無料で楽しむことができますよ♪

熱いストーリーにキャスト陣の熱演、CG映像も楽しめる一作となっており、原作ファンだけでなく原作を知らない方でも楽しめる作品です。

今すぐ動画を無料で観たい!
という方はこちらからどうぞ↓↓↓

U-NEXTを31日間無料で楽しむ!
今すぐ無料でお試し

初回の31日間の無料期間中に
解約すれば解約金などは
一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=2862]

目次
閉じる