水平線上の陰謀(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

(出典:dTV)

水平線上の陰謀(名探偵コナン)を無料で楽しむならTSUTAYA DISCAS/TVがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回30日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9091]

【水平線上の陰謀(名探偵コナン)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

U-NEXT
31日間
1990円
14万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀して水平線上の陰謀(名探偵コナン)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

水平線上の陰謀(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

水平線上の陰謀(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

水平線上の陰謀(名探偵コナン)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
音楽等 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

水平線上の陰謀(名探偵コナン)のフル動画を無料高画質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

水平線上の陰謀(名探偵コナン)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

出典:TSUTAYA DISCAS

水平線上の陰謀(名探偵コナン)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

★★★★

この作品は、おっちゃんが珍しくかっこいい作品。
冒頭が船の沈没。どう見てもわざと船を沈めて、船長に何かやらかしてるおっさんが一人。そして、もう一人おっさんが車で崖から転落死して物語が始まります。
キーワードは「かくれんぼ」ですね。探偵団発案のかくれんぼをコナンが断ろうとして、「新一にも断られた」と蘭が思い出話をした瞬間に翻すコナンに笑う。しかも、結局は隠れるのをすっかり忘れてしまううっかりさんが可愛さ満点です。私はここのサッカー壁打ちシーンが大好きです。
最初の事件は園子監禁。なぜ肩を叩かれて気絶するのかよくわかりませんが、その騒動の最中に第一(実際は第二なんですが)の殺人事件発生。ヒントを与えるために大人たちを脅かすコナンがまた可愛い。
早々に犯人の目星をつけて探りを入れるコナンですが、ウザがられてつまみ出される様まで可愛いです。
ウェルカムパーティーで推理ショーが始まりますが、これ実はコナンの推理ミスです。しかし、実質犯人が二人いるために、誰かが一度推理ミスをしなければ全ての犯行が説明できないという難解さ。
船が爆発し、沈み始めてから明かされる真犯人、実は空手の有段者だったという話が尺の都合でカットされたそうで、謎の強さをいきなり発揮。でも結局は小五郎の柔道で文字通り倒されます。
ここでキーワード「かくれんぼ」再発動、蘭をピンチに追い込みます。それに気づいて船に戻るコナンを切なそうに見る灰原。蘭に勝てないことを知ってますからね。
最後になぜか1番のピンチになるコナンですが、探偵団のアクセサリーが驚異的な強さを発揮し、コナンの命を助けます。


★★★★★

園子の招待を受けアフロディーテ号に乗船することになったコナン、少年探偵団、毛利小五郎、蘭、阿笠博士達だが、
またもや殺人事件が発生してしまった。

毛利小五郎は秋吉みなこが今回の事件の犯人であると推理するも残念ながら確実な証拠がなく証拠を探すために一旦推理を中断する。

その間に阿笠博士の声を利用しコナンが日下ひろなりが真犯人であると推理し目暮警部に逮捕されることになる。

日下は逮捕される直前に機内に設置していた爆弾のスイッチを押してしまう。

その混乱を利用し船から逃走を図る日下だが、コナン率いる少年探偵団に捕まえられてしまう。

今回、日下が犯人だとコナンは推理しているが、残念ながら毛利小五郎が犯人だと名指しした秋吉みなこがやはり犯人であることに気づきコナンは船へ引き返す。

その頃小五郎は秋吉みなこと戦い逮捕することに成功。

船は沈み始めており助かるには船に備えてある小さい船が必要だったのだが秋吉みなこがすべて壊してしまっていた。

その時園子が乗った小さい船が戻ってきており、助かると思った矢先コナンは蘭に何か問題が発生しているのではないかと判断し園子に確認するとやはり蘭は小さい船には乗船していなかった。

コナンは蘭がまだ沈み始めている船に乗っていると判断し探しはじめ無事に見つけ出すのだが、残念ながら園子が乗っている船はすでに離れてしまっていた。

その時運よく救助ヘリコプターが到着しコナンもろとも助かる。

今回の話は少年探偵団が蘭の都大会優勝のプレゼントとして作成したブレスレットが運命を分けるものだった。

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

名探偵コナンと言えば、ミステリーもので犯人を当てるという点が醍醐味ですが、この作品はその点において珍しい演出がなされています。
犯人の正体がほぼ見ている人間にバラされているような状況であり、誰が犯人なのか?ある程度見当がつく前提でストーリーが進んでいきます。
ただ、終盤でどんでん返しがあり、当初犯人だと思われていた人物とは別に真犯人がいて、それが最終的に明かされていきます。
つまり、ミスリードを提供するような演出がなされており、そこはこの作品のみどころの1つになっている状況です。
実はこの真犯人は当初の犯人の計画を知ったうえで、それを利用するという方法を思いつくのですが、それを江戸川コナンに見破られてしまいます。
犯人と思われる人物が見ている人たちに明かされるという手法は、コナンの映画の中ではほぼないだけに斬新だなという印象を与えるものの、斬新なのはそれだけではないということです。
だから、クライマックスに差し掛かるにつれて、みどころがさらに増えるという感じだと言えます。
真犯人が誰なのか?という部分に関して、どの作品よりも注目してしまう人が多いでしょうし、こういうストーリーのコナンの映画も悪くないでしょう。


★★★★★

水平線上の陰謀は、コナン作品の中では、キッドや平次たちのキャラが登場しない回になります。なので、この作品のメインポイントは、コナン(新一)と蘭と言うことになります。この作品は、船上で、次々と殺害事件がおき、最後は船が沈没する流れになります。犯人を探す上で大活躍するのが、普段は役に立たない毛利小五郎です。小五郎が犯人である女性を犯人だと気づいたのは、その女性が妻である英里に似ていて、その女性が犯人であって欲しくないと言う思いから、彼女のアリバイを探していたことがきっかけでした。しかし、知れば知るほど彼女が犯人であることに気付いてしまいます。珍しく眠っていない状態で推理をしていて小五郎ってこんなにカッコ良かったっけ!?と興奮してしまいます。そしてもう1つ、船が沈没する過程で、蘭は子供達からもらったブレスレットを無くしたことに気づき、蘭はかくれんぼしていた場所に落としたに違いないと、探しにいきます。しかし、沈没する過程の衝撃で、彼女は意識を失いその場所に閉じ込められています。蘭が船からまだ脱出できていないことに気付いたコナンは蘭を探しにいきます。そして、推理しかくれんぼが得意な蘭を間一髪のところで見つけ出します。海上自衛隊の救助ヘリが、蘭、小五郎、コナンを助けるのですが、引き上げられる段階で、コナンが落ちてしまいます。濁流に飲み込まれる中、コナンはジャンプしてなんとか小五郎の手を掴もうとするのですが、手が滑ります。その滑った手を、意識が戻ったばかりの蘭ちゃんに掴まれるのですが、やはり滑り落ちてしまいます。そして最後になんとかコナンを支えたのは、蘭のために子供達が作ったブレスレットでした。子供達が壊れないようにと頑丈に作ったブレスレットが、コナンを助けたのです。
そして、エンディングではZARDの「夏を待つセイルのように」が流れます。映画と曲がマッチし過ぎていて、ほっこりさせられる映画です。


★★★★★

蘭の親友鈴木園子が鈴木財閥として招待されたクルーズ戦で事件が起きます。この作品の犯人は、簡単に推理できてわかるけど、二重殺人の犯人がいるため、少し混乱しそうになります。しかし、すべて道筋がつながると過去の事件との結びつきが分かります。少年探偵団の活躍というほどありませんが、少年探偵団が作った蘭への空手大会の優勝飾りがコナンの命を救うことにつながったので、活躍といってもいいかもしれません。少年探偵団と蘭と園子で船の中で隠れんぼも、ほのぼのしますが、園子が何者かに襲われて霊安室に閉じ込められるのにはハラハラしました。秋吉さんという美人がいるのに、毛利のおっちゃんが靡かないのが、自分の妻妃えりににていることと推測した蘭の指摘もすごいと思いましたが、そういうところもあるんだなと思う面でもありました。美人なら誰でもというわけではないのです。今回推理はアガサ博士の力を借りて行いますが、あっさり解決することに少し拍子抜けします。しかし、蘭が隠れんぼをした際に落としてしまった貝殻の優勝飾りを探しに行って気絶してしまったり、爆弾が仕掛けられて爆発す流ので避難しなければいけないのにコナンが蘭がいるところを考えて探すシーンはハラハラします。

水平線上の陰謀(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはZARDの『夏を待つセイルのように』

水平線上の陰謀(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはZARDの『夏を待つセイルのように』です。

またお決まりのメインテーマはこれからどんな謎解きの物語が始まるのか、期待を膨らませてくれます。

<↑目次に戻る↑>

水平線上の陰謀(名探偵コナン)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

水平線上の陰謀(名探偵コナン)に声で出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

声優

高山みなみ(江戸川コナン 役)

山崎和佳奈(毛利蘭 役)

神谷明(毛利小五郎 役)

山口勝平(工藤新一 役)

林原めぐみ(灰原哀 役)

岩居由希子(吉田歩美 役)

高木渉(小嶋元太 役)

大谷育江(円谷光彦 役)

松井菜桜子(鈴木園子 役)

緒方賢一(阿笠博士 役)

原作

青山剛昌

監督

山本泰一郎

脚本

古内一成

音楽

大野克夫

<↑目次に戻る↑>

水平線上の陰謀(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

水平線上の陰謀(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)は2005年公開の劇場版9作目になります。

劇場版として主に活躍してきそうな服部平治や怪盗キッドは出てこず、いつもは頼りない毛利小五郎がちょっとカッコいい作品になります。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる