浜辺美波さん出演の映画・ドラマ・受賞歴と気になる年齢・出身地など【俳優名鑑】

(出典:日本テレビ『私たちはどうかしている』公式)

目次

浜辺美波さんの生年月日 ・出身地 ・身長・血液型

浜辺美波さん情報
生年月日:2000年8月29日
出身地:石川県
身長:156㎝
血液型:B型
結婚:無
所属事務所:東宝芸能

浜辺美波さん出演の主な映画・ドラマ

主な出演映画

エイプリルフールズ(2015年)
君の膵臓をたべたい(2017年)
亜人(2017年)
センセイ君主(2018年)
屍人荘の殺人(2019年)
思い、思われ、ふり、ふられ(2020年)

主な出演ドラマ

クルマのふたり〜TOKYO DRIVE STORIES(2012年)
僕のいた時間(2014年)
連続テレビ小説 まれ (2015年)
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2015年)
咲-Saki-(2016年)
賭ケグルイ(2018年)
崖っぷちホテル!(2018年)
アリバイ崩し承ります(2020年)
私たちはどうかしている(2020年)

浜辺美波さんの受賞歴

第7回東宝シンデレラオーディション ニュージェネレーション賞(2011年)
第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 新人賞(2015年)
第42回報知映画賞 新人賞(2017年)
第41回日本アカデミー賞 新人俳優賞(2017年)
第30回日刊スポーツ映画大賞 新人賞(2017年)
2017年度日本インターネット映画大賞 日本映画ニューフェイスブレイク賞(2017年)
第30回日本ジュエリーベストドレッサー賞 10代部門(2019年)

浜辺美波さんのレビュー・評価

浜辺美波さんへの個人的評価

浜辺美波さんは、自信をもって演技をするところがものすごく、若くして主役を飾っていますがプレッシャーに負けず演技できるところに女優としてのすごみがあります。

浜辺さんは2011年に行われた東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入りをしました。

まだ年齢としては11歳で非常に若く、小学生のころでしたがそのころからすでにこのころから女優としてはしっかりと意識していてひた向きに演技に向き合っていたといいます。

2015年に放送された、あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。にてメンマ約で注目され、透明感と演技のスキルの高さからいろいろなドラマや映画に出演することとなります。

これらのドラマに出た際にもしっかりと演技をこなし業界をびっくりさせるほどの演技力の高さを見せつけました。

女優としてビジュアルの高さはもちろんのことなのですが、存在感があり、透明感が高く、そしてこの歳で女優界でのトップクラスとしての自覚があるところがすごいです。

バラエティに出演された際にもキチンと自分のイメージを理解し対応しているところに魅力を感じます。

今までは高校生の役が多く子供の役どころでしたが今後は大人な浜辺さんも見ることができるかもしれません。

浜辺美波さんへの個人的評価

彼女の魅力は、なんといっても、否応無しに人を惹きつける顔面偏差値の高さだ。とにかく華がある。

デビュー当時から、子役として活躍していたが、彼女の出世作は、やはり映画『君の膵臓をたべたい』だろう。

余命僅かという宣告を受けながらも、主人公を振り回す明るさに満ちた桜良の天真爛漫さと屈託のない笑顔は、ただただ可愛かった。

その後も、映画『となりの怪物くん』や『センセイ君主』など、漫画の実写化作品で等身大の女子高生を演じてきた。

時には、ドラマ『賭ケグルイ』の夢子や『崖っぷちホテル!』のハルなど、ちょっと1本ネジの外れたようなぶっ飛んだ役で、世間をギャップ萌えさせることもある。

そして、最近では、ドラマ『私たちはどうかしている』では、ラブシーン満載の体当たり演技にも挑戦している。

子役時代から目力が強く、周りの大人に引けを取らない存在感があったので、まだ20歳を迎えたばかりというのは、正直信じられない。

今はまだ、演技力に荒削りなところもあるけれど、本来の可愛らしさに大人の女性としての艶っぽさがプラスされ、これからますます深みのある演技を見せてくれるだろうと期待している。

今後も綺麗に歳を重ねて、深田恭子さんのような、綺麗で可愛い女優になっていきそうだ。

目次
閉じる