ごちそうさん(ドラマ)を見逃し視聴できる公式フル動画配信情報!

(出典:NHK『ごちそうさん』)

ごちそうさん(ドラマ)を無料で楽しむならTSUTAYA DISCAS/TVがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回30日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9091]

【ごちそうさん(ドラマ)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

U-NEXT
31日間
1990円
14万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀してごちそうさん(ドラマ)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

ごちそうさん(ドラマ)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

ごちそうさん(ドラマ)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

ごちそうさん(ドラマ)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
ダイジェストなど 検索結果へ

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

ごちそうさん(ドラマ)のフル動画を無料高画質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

ごちそうさん(ドラマ)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

 

大正モダン華やかなりし東京。
卯野め以子(杏)は、父・大五(原田泰造)と母・イク(財前直見)が切り盛りする洋食屋でおいしいものを目一杯食べてすくすくと育ちました。
子どもの頃から誰よりも食いしん坊だっため以子は、女学生となっても頭の中は食べ物のことばかり。下宿人の大学生・西門悠太郎(東出昌大)には、「何の魅力もない人間」と痛烈に批判される始末です。
しかし「食べたい」という思いが、いつしか「食べさせたい」という情熱に変わったとき、かつて祖母・トラ(吉行和子)が言っていた通りのパワーをめ以子は発揮することになります。

「食べたい気持ちが強いってのは、生きる力が強いってことさ」

そのあふれんばかりの食欲と愛情は、どんな困難な時にも、め以子と、め以子の大切な人々を支える原動力となります。そして、トラが幼いめ以子に伝えた「ごちそうさま」という言葉が、改めてめ以子の人生に大きな意味を持つことになるのです。

出典:NHK『ごちそうさん』

ごちそうさん(ドラマ)の感想・ネタバレを開いて見てみる

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

50代女性
★★★★

主演は、今なにかと話題の杏さん。食べることが大好きで明るい大正時代の女性「卯野め以子」を演じました。父親役が原田泰造さんで、母親役が財前直見さんというキャストからも、このドラマの天真爛漫な明るさが感じられます。そして相手役はなんと、こちらも今世間から注目を浴びている、東出昌大さん。下宿先の大学生である「西門悠太郎」役なのですが、プライベートにて杏さんと東出さんのお二人は、このドラマがきっかけで、結婚に至ったそうです。放送当時は、もちろん、そんな事実は公表されておらず、ドラマ内で徐々に深まっていく、微笑ましい二人の関係や、め以子の破天荒ぶりに、毎日元気をもらっていました。とにかく爽快で、タイトル通りの幸せに気持ちになれるドラマだった印象があります。主演のお二人もさぞかし、このころは幸せだったのでしょう。そんなことを思いながら、今、このドラマを観てみると、なんだか、感慨深いような切ないような思いが胸をよぎります。「時を戻そう」と思わず言いたくなるような、内容とは別の意味で、奥深いこのドラマ。本来なら、ドラマそのものの明るさを十分楽しみたいところですが、実際には難しいキャスティングです。いっそ、そのことに思いをはせながら、違う意味で楽しんでみてもいいかもしれませんね。


30代女性
★★★★

め以子がまだ嫁ぐ前の前半の前半が、時代がまだ裕福な感じだったし、主人公の恋愛模様が描かれていたので、ドラマ全体を通して一番良かったです。悠太朗に一生懸命おにぎりやお弁当を作ったり、「料理は化学だ!」と教えてもらって、め以子が料理上手に覚醒したり、その中に恋心が含まれていたりで、キュンキュンするシーンが多かった気がします。ずーっと残念だったのが、東出昌大の大阪弁がへたくそ過ぎる!大阪出身の設定なのに、喋るたびに違和感しかない!と思ってしまいました。め以子が嫁いだ後、舞台を大阪に移してからはより一層へたくそさが目立ってしまって…。と言うのも、東出昌大演じる姉役のキムラ緑子の貫禄がありすぎて、大阪弁の上手下手の差が如実に出ていました。徐々に戦争がひどくなっていって、生活やめ以子の取り巻く環境が重苦しくなっていくところは、見ていても苦しいなーと思うところは多かったけど、泰介と活男の存在は華があったなぁと思います。特に泰介は母思いで超優しい好青年だし、当時売れ始める頃の菅田将暉が演じていて印象深いキャラクターでした。疎開してからのシーンはずっと見ていて辛かったと言うより、戦時中の過酷な当時の「当たり前」を目の当たりにするようで、戦前戦後をまたぐドラマあるあるですが、今の平和な生活が当たり前ってありがたいなぁと考えさせられるドラマでした。戦争終わる前にドラマ終わるのか?と言うほど、後半は戦争の辛さを描いてる感じがしました。悠太朗が帰ってきておしまい…と言うところが、め以子の人生がどうとか夫婦の愛がどうのこうのではなく、め以子の生活を通して「食べ物」=「生きる」みたいなメッセージがこもっているドラマだった気がします。

全話視聴した感想・ネタバレ

20代女性
★★★★★

め以子役の杏さんがますます好きになる作品です。
食べるシーンの多い作品ですが、杏さんの箸の持ち方がきれいだったり、食べるときの姿勢がよかったり、
見ているこちらも家庭料理が「ごちそう」に感じてしまう様な演技がとても上手です。
また、作品の内容も、め以子と周りの人たちとの成長の物語が多く、特にめ以子の義理の妹である希子の成長は素晴らしいです。
「ちい姉ちゃんに人生をもろたんです」
そういってめ以子の為に祝言をあげたいと家族を説得する姿は、自信がなく内気だった希子とは思えないくらい力強く、凛々しく成長したと涙が出るくらいです。
希子は高畑充希さんが演じられていましたが、最初の暗い女学生だった希子から、
アナウンサーになって言葉で伝えることの大切さを学んだ希子へと徐々に変化していく姿を演じられるのは高畑さんしかいないと思います。
時代背景は戦争前後になるので、時にはめ以子の息子や義理の父が亡くなってしまう様な悲しく、辛い場面もありますが、
その分、「食べる」という生きていくために欠かせないことを通して家族と支え合っているめ以子の強さが表現されています。
コロナ禍で家族間でも会話が減り、密を避けて過ごしている今ですが、またいつの日か、め以子たちの様に
大切な家族と笑顔で食卓を囲みたい、そう思わずにはいられないあたたかな気持ちにしてくれる作品です。


50代女性
★★★★

食べ物がテーマのドラマということで、途中まで楽しく観ていました。
しかし、主人公のめゐ子が嫁いだ先の義姉がかなり意地悪な人で、彼女は完全にいじめに遭っていたと思います。

最近は嫁姑のいびりみたいなドラマが少なくなっていただけに、朝ドラでこれを観るのは辛いものがありました。
なので、途中観るのを中断してしまったことがあります。

ですが、その後、義姉と別々に暮らすことになり、そこから再びドラマをみるようになりました。
食べ物を美味しく食べるということはとても大事な事です。

めゐ子が言うように、ご飯が美味しければ悩みの8割は解決すると言う言葉が印象に残っています。
当時の私は食生活を見直す時期に来ていました。
なので、このドラマを観て影響を受けました。

戦時中、栄養価重視で鰯の粉と小麦粉と何かを混ぜたとてもマズい団子を作ったのを覚えています。
めゐ子はそれを見て、食べ物が泣いていると言うようなことを言っていました。

戦時中は思考がおかしくなっているのか、このようなあり得ないことが日常茶飯事だったのでしょう。
8月になると太平洋戦争の話題が多く登場してきます。

朝ドラも戦前から戦後までの時代が多いので、重なる部分も多いと思います。
ほぼ戦争を知らない世代ばかりになってしまった現代です。
なので、なおさら「ごちそうさん」のような物語を観て、大切なことを後生に伝えて行くことが大事なのだと思っています。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★★

朝と夜の1日2回、欠かさず見たこれまで一番ハマった朝ドラ作品。
もともと朝ドラを観る習慣は無かったんだけど、番組紹介での美味しそうな食べ物に心惹かれて見始めたらこれが想像以上の面白さ!
フードスタイリストは「かもめ食堂」や「深夜食堂」でもおなじみの飯島奈美さん。
もうこれが何見ても美味しそうで美味しそうで(実際も美味しいんだろうけど)、ドラマの放送期間中は我が家のメニューにかなり影響された。
脚本・森下佳子さん、音楽・菅野よう子のコンビも大好きな2人だったから、本当にドストライクのドラマだった。
ドラマのヒロインは杏さん演じるめ以子と東出昌大さん演じる西門悠太郎夫婦の戦争時代を挟んでの壮大なラブストーリーなんだけど、これは原作は無くて森下さんのオリジナル作品。
プロデューサーから「壮大なラブストーリーを書いてみませんか」という依頼から作られたんだって。
幼少時から食べ物に異常な執着心を持つという朝ドラ初のヒロイン像。
それだけに何だか妙に親近感が湧いて共感できたのかもね。
ドラマは2人の出会いの東京編、め以子が悠太郎のもとへ嫁いだ関西編、そして戦争編の3編から成っているんだけど、個人的には新婚当初の関西編が一番好きかな~。
キムラ緑子さん演じる小姑のハンパないイビリが凄すぎと話題になったけど、いや本当凄かった。
これまでお嬢だっため以子がここで一気に鍛えられたね。
でもって、視聴者からの共感度も一気にアップ!
特に好きなのは、め以子の家出編。
高畑充希さん演じた義妹・希子を連れて、リヤカー曳い2人で家でするんだけど、高畑充希ちゃんはこのドラマで大ブレイクしたね。
おとなしい希子が義姉のために、勇気を振り絞って人前で歌う「焼氷あり〼の唄」。
この歌最高!もう菅野さんの音楽最高!耳から離れない!しかもすごく歌上手いし!希子ちゃん最高!
結局悠太郎がめ以子のところに謝りに行って、自分の過去をめ以子に打ち明けるんだよね。
め以子にはじめて自分の弱さを見せるという、ちょっと涙なしでは見れないシーン。
悠太郎の過去を聞いため以子が「ひとりにさせてごめんね」って、悠太郎の手を取るシーン、はあ~今思い出してもジーンってくるわ。
あとこの物語に欠かせない重要人物が和田正人さん演じるめ以子の幼なじみ源ちゃん。
当時は悠太郎派か源ちゃん派かで盛り上がったわ~。
我が家も見事に真っ二つに分かれたけど、個人的には断然源ちゃん派でした、ハイ。
この源ちゃん遊び人んなんだけど、め以子が困った時には必ず現れて助けるんだよね。(そのタイミングの良さといったら)
独身を貫いていたのも、め以子オンリーの思いからだし。
浮気した悠太郎よりも源ちゃんの方がずっとずっと一途でイイ男だと思うんだけどな・・・。
戦後、戦地から戻ってこない悠太郎を待つめ以子にプロポーズしたシーンは何かね、苦しくなったわ。
プロポーズのオチはめ以子の気持ちを立たせるため的な感じだったんだけど、あれはね、源ちゃん最初で最後の本心だったと思うんだよね。
戦争で心に傷を負って生死を彷徨った源ちゃんを助けたのはめ以子。
この2人最後までずーっと幼なじみのまままの関係だったけど、悠太郎とはまた違った次元での結びつきだったと勝手に思ってる。
でも本当に杏さんのめ以子と東出の悠太郎夫婦がぴったりで、当時はこの夫婦セットで2人のことが大好きだった。
悠太郎の浮気事件の時は毎日本当にイライラするくらいだったんだけど、リアルで2人の買い物デートかすっぱ抜かれて留飲を下したくらい。
それくらい2人が大好きだっただけに、リアルでも夫婦になってくれた時はもうすごく嬉しかったんだけどね。
本当に残念なことになったけどこのドラマ、作品としては今でも大好きで自分の中では朝ドラ1位2位を争う地位に君臨している。
でももう再放送も難しいのかな・・・。

<↑目次に戻る↑>

ごちそうさん(ドラマ)の原作ってあるの?

朝ドラ『ごちそうさん』の原作はなく、森下佳子さん脚本のオリジナルストーリーになります。

森下佳子さんのそのほかの脚本作品では『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』などがあります。

森下佳子さんがNHKドラマに携わるのは今作が初ということのようですが、これまで数々の素晴らしい脚本を作り上げてきた森下さん、『ごちそうさん』も期待通りの素晴らしい作品となっております。

ごちそうさん(ドラマ)の主題歌を歌うのは ゆずの『雨のち晴レルヤ』

朝ドラ『ごちそうさん』の主題歌を歌うのは ゆずさんの『雨のち晴レルヤ』です。

イントロから引き込まれるゆずさんの『雨のち晴レルヤ』。ドラマと合わせて元気になれる一曲になっています。

軽快な歌声とどこか懐かしくなるようなメロディ、そしてさすがゆずさんというような素敵なハーモニーが全て噛み合って素晴らしい楽曲になっております。

<↑目次に戻る↑>

ごちそうさん(ドラマ)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

ごちそうさん(ドラマ)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

ごちそうさん(ドラマ)以外に出演・脚本・監督されている作品も合わせてご紹介していきますので、意外な作品もチェックしてみてください。

青色のリンクの作品は、別で詳しく記事を書いていますので、ぜひそちらのページもご覧になって楽しんでくださいね♪

杏(卯野 め以子 役)

こんな作品にも出演
日本テレビドラマ『偽装不倫』(2019年)
テレビ朝日ドラマ『クロハ 〜機捜の女性捜査官〜』(2015年)
フジテレビドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(2015年)
映画『オケ老人!』(2016年)

東出昌大(西門 悠太郎 役)

こんな作品にも出演

吉行和子(卯野 トラ 役)※語りも担当

こんな作品にも出演

高畑充希(西門 希子 役)

こんな作品にも出演
TBSドラマ『メゾン・ド・ポリス』(2019年)
日本テレビドラマ『過保護のカホコ』(2017年)
テレビ東京ドラマ『忘却のサチコ』(2018年)
映画『引っ越し大名!』(2019年)

菅田将暉(西門 泰介 役)

こんな作品にも出演

その他キャストも多数出演

原田泰造、キムラ緑子、和田正人、山中崇、前田亜季、吉行和子、ほか

<↑目次に戻る↑>

ごちそうさん(ドラマ)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

ごちそうさん(ドラマ)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

子供の頃から食べることが大好きだったヒロイン・め以子がやがて人に振る舞うことに情熱を注ぐようになり、それをきっかけに周りの人々を支え救っていきます。

ごちそうさま、って素晴らしい言葉だなと感じられるような素敵な作品となっております。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる