戦慄の楽譜(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

(出典:dTV)

戦慄の楽譜(名探偵コナン)を無料で楽しむならTSUTAYA DISCAS/TVがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回30日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9091]

【戦慄の楽譜(名探偵コナン)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

U-NEXT
31日間
1990円
14万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀して戦慄の楽譜(名探偵コナン)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

戦慄の楽譜(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

戦慄の楽譜(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

戦慄の楽譜(名探偵コナン)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
音楽等 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

戦慄の楽譜(名探偵コナン)のフル動画を無料高画質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

戦慄の楽譜(名探偵コナン)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版第12弾。高名な元ピアニスト・堂本一揮が主催する音楽アカデミーの出身者を狙った殺人事件が発生。そんな中、コナンたちは堂本が作った音楽ホールのこけら落としコンサートに招かれ…。

出典:TSUTAYA DISCAS

戦慄の楽譜(名探偵コナン)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

ストラディバリウスが登場するので、アニメと言え興味をそそられます。絶対音感が要となる作品です。コナンも音痴だけど絶対音感を持っていて、秋庭も絶対音感を持っています。彼女の水稲を勝手に飲んだげんたは、のどの炎症をおこしてします。何者かが秋庭のうたをそしするためにしくんだのです。それだけでなくトラックでもひかれそうになったり確実に秋庭を狙っている。森林浴をしているときにも何者かが銃をむけてきます。しかし、一向にうってくる気配がなくあっけにとられてしまいます。パイプオルガンの音の微妙な違いに気が付く絶対音感のコナンと秋庭のすごさにも驚きますが、一番驚いたのは、二人がボートでダムのところにとじこめられたとじこめられたき、電話の受話器をコナンがをコナンがサッカーボールで受話器をはずし、秋庭の声でプッシュ音を再現し110番をするシーンです。すごいというかそんなことができるのかと驚いたシーンでした。チャンスは一度だけという緊張感がある中で秋庭は見事にやってのけました。爆発がおこっても音楽ホールの内部では防音設備がしっかりしていて気が付かない。パイプオルガンの演奏者は絶対音感ではないので音が一つおかしいことに気が付かず、自ら爆破のスイッチを押すことになっているのです。演奏をかえさせるために秋庭さんが別の唄で、その場で歌っている歌をかきけすようにして入り、パイプオルガンの爆弾のスイッチを止めたのです。犯人は秋庭さんを傷つけたくないことにコナンがきがついてそのように提案したのです。ソプラノの高温がとても美しいです。映画をみているけどオーケストラをきいているようにも感じることが出来ます。


★★★

この作品は全体的に地味な作風もあってあまり話題にならないのですが、音響を重点的に楽しめる、シリーズの中でも数少ないものです。音楽好きにはイチオシの映画です。
ヤマハの監修ということもあって、楽器や音楽知識に力が入っています。バイオリン、パイプオルガン、フルートの美しい音色と、玲子さんの歌声だけでけっこう浸れます。ここにリコーダーが加わって重要な役割を果たしたりするんですが。
コナンは音痴という欠点を散々からかわれたりしますが、耳の良さを玲子さんに驚かれ、実は絶対音感があると明かされます。
映画オリジナルキャラの玲子さんがとてもいい味出してます。今回、お馴染み博士のダジャレクイズを解いて見せるのも彼女で、典型的なツンデレとしてコナン達を振り回したりするんですが、ちゃんと優しさも描写されており、終盤に流れる彼女の歌声は圧巻です。コナンにも「消せねーよ、心を熱くするこの歌声だけは」と評されるほど。
そして、コナンが直接犯人と対決するのもこの作品の見どころです。アニメと違い、映画では変声機を使うことも多いので。
この作品では犯人が高齢なことと、死を決意しているためコナンが襲われることはないのですが(むしろ別の理由で襲われる…)やっぱりコナンが「犯人はあんただ」と直接突きつけるのは醍醐味です。その後、打ち合わせもしていないのに、駆けつけた佐藤刑事、灰原と阿吽の呼吸で犯人を仕留めるシーンも必見です。

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

戦慄の楽譜、この作品は使用した音楽に関して製作側の本気度が伺えます。この劇中に出てくるAmazing Graceはほんっとうに素晴らしいです。その他にも
クラシック音楽がたくさん出てきていいですね。私が思うに、この映画が出た当時、「のだめカンタービレ」と言うクラシック音楽を題材にした有名な音楽があって、ちょっとクラシックブームだった時だと思います。この作品は音楽が本当に繊細に作られているので、音楽好きは是非そこを堪能してほしいです。さて、本編ですが、ヒロインとなるソプラノ歌手の秋庭怜子さんが、本番前に犯人に狙われ、誘拐されボートに載せられてしまいます。怜子さんはツンツンしたキャラで、他のキャストは仕事がしにくそうな雰囲気を出していました。怜子さんを気に入らない誰かの犯行かと思いきや、実は怜子さんを巻き込みたくなかった(会場ごと爆破させるつもりだった)犯人が、彼女を逃すためにとった手段だったんです。怜子さんと同じく、彼女を助けようとしたコナンも、一緒にボートに流されてしまします。ボートに流された二人は、携帯も圏外で助けを呼ぶことができません。そこで、水をせき止める橋の管理室の横にある受話器を見つけます。コナンじゃ受話器を外し、二人はダイヤルの音を絶対音感を使い見事に再現して警察を呼ぶことに成功します。警察に助けられた二人は、救助ヘリにのり、すでに爆発が始まっている会場へと急ぎます。会場の外は大爆発なのに、中は防音と圏外で誰もその状況を知りません。中に仕掛けられば爆弾の起爆方法には2つの方法がありました。1つは、犯人による起爆。もう1つは、会場のオルガンのある音に仕掛けられたていたのです。ある音を押すたびに爆発する。それを知ったコナン達は、犯人を刺激しないようにする方法を思いつきます。それが、怜子さんが突然現れ、Amazing Graceを歌うという方法。「今更現れてなんだ」と演奏をやめないオルガニスト。しかし、結局は怜子さんの圧倒的な歌唱力に負けて、代役のソプラノ歌手は歌うことをやめます。オルガニストも怜子さんの曲に合わせて演奏をはじめ「ある音」を弾かせないことに成功します。その隙に、佐藤けいじと高木刑事が真犯人を捕まえることに成功します。いつものように、最後がドッカンバッカンの脱出劇と言う感じではなく、わりと穏やかに終わるのがこの作品の特徴です。とにかく音楽が素晴らしいので、そこを楽しんでほしいと思います。


★★★★★

ソプラノ歌手の秋庭怜子が、犯人に毒薬を飲まされそうになったり、トラックで轢かれそうになったりしながらも、コナンとともに犯人を探そうと、2人でさまざまな行動を起こします。しかしエアライフルで2人は狙われ、気絶し、そのままボートで流されてしまいます。目が覚めたときにはコンサートが始まろうとしていて、2人は身動きが取れない状況でした。そして、今回の見どころの一つのアクションを起こします。それは、ボートから離れたところにある非常用電話を見つけたコナンが、ボール射出ベルトを使って受話器を外し、絶対音感のある2人でDTMF信号を発して、なんとか一発で110番通報に成功するという場面です。普段は音痴なコナンが、バチッと3音決めるところに、「さすが!!」と声を上げたくなります。そして何とかコンサートホールに戻ることができたのですが、そこでコナンは、パイプオルガンに爆弾が仕掛けられていて、パイプの一本にセンサーが空気を感知するのにともない爆発していることに気づきました。そして最後の1音で、ホールごと爆発されるようになっていました。この事態を阻止すべく秋庭怜子とコナンは再び動き始め、そして佐藤刑事の狙撃により制圧に成功し、何とかコンサートホールの爆発は免れました。この作品ではサイドストーリーに、新一と蘭の中学生のころと現在の恋愛エピソードも描かれており、ところどころでキュンとするシーンも見れるのも、見どころの一つとなっています。


★★★★

ピアノを習っていた私的にオルガンは難しいし特にパイプオルガンなんて演奏できないと思っていたので、この作品で大きなパイプオルガンを演奏して一発で音が外れているなんて気づいた人にはとても感動しました。私は習っていただけで絶対音階とかは全くなかったのでそういう能力が欲しかったなと思いました。演奏中に段々建物が爆発していってるのには感心しましたし、音楽がかかっているホールで防音もされていたら絶対に気づかないなと思いました。私もよくコンサートとか行くのでそういうのが起こっていることがあるかもしれないなと思うととても怖くなりました。コナンと秋庭さんが一緒に水に流された際に警察への電話の方法にとても感動しました。サッカーボールを蹴ってまず受話器を外して番号を音階で打つなんて絶対に出来ないことだと思っていたのでそれが成功したのには驚きました。それは絶対にアニメの世界の話なんだろうなと思っていたので実現できないんだろうなと思っていたのですが、某検証番組で実際に検証して成功していると知ってとても驚きましたしそんな正確に数字が推せる音階を出せるところがすごいなと思いました。コナンはあんな正確に当てれるならサッカー選手になれるのではと思いました。

戦慄の楽譜(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはZARDの『翼を広げて』

戦慄の楽譜(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはZARDの『翼を広げて』です。

またお決まりのメインテーマはこれからどんな謎解きの物語が始まるのか、期待を膨らませてくれます。

<↑目次に戻る↑>

戦慄の楽譜(名探偵コナン)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

戦慄の楽譜(名探偵コナン)に声で出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

声優

高山みなみ(江戸川コナン 役)

山崎和佳奈(毛利蘭 役)

神谷明(毛利小五郎 役)

山口勝平(工藤新一 役)

松井菜桜子(鈴木園子 役)

林原めぐみ(灰原哀 役)

岩居由希子(吉田歩美 役)

高木渉(小嶋元太・高木刑事 役)

大谷育江(円谷光彦 役)

桑島法子(秋庭怜子 役)

緒方賢一(阿笠博士 役)

茶風林(目暮警部 役)

井上和彦(白鳥警部 役)

湯屋敦子(佐藤刑事 役)

Francis Pol(ハンス ミュラー 役)

原作

青山剛昌

監督

山本泰一郎

脚本

古内一成

音楽

大野克夫

<↑目次に戻る↑>

戦慄の楽譜(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

戦慄の楽譜(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)は2008年公開の劇場版12作目になります。

アニメと言えども大迫力のパイプオルガンは見ものです。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる