紺青の拳(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!

(出典:dTV)

紺青の拳(名探偵コナン)を無料で楽しむならTSUTAYA DISCAS/TVがおススメ!
今すぐ無料でお試し

初回30日間の無料期間中に解約すれば解約金などは一切かかりません
▲ボタン1つで簡単解約可能です▲

[afTag id=9091]

【紺青の拳(名探偵コナン)が視聴可能な公式サービス徹底比較表】
◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

U-NEXT
31日間
1990円
19万本
600P

Hulu
2週間
933円
6万本
ポイント0

FOD PREMIUM
2週間
888円
1万5千本
100P

Paravi
30日間
925円
1万本
ポイント0

TELASA
30日間
562円
1万本
ポイント0

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
ポイント0

プライムビデオ
30日間
500円
7千本
ポイント0

DMM見放題chライト
30日間
500円
7千本
ポイント0

ゲオTV
14日間
890円
2万本
1000P

ネットフリックス
無料なし
800円~
5千本
ポイント0

ビデオマーケット
登録月無料
980円
2万5千本
540P

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからはさらに深堀して紺青の拳(名探偵コナン)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください♪

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

紺青の拳(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

紺青の拳(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

紺青の拳(名探偵コナン)をTver・GYAO・Youtube・Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターで無料視聴する

見逃し作品など、公開されている作品のすべてを無料で観られるサービスの代表格にはTverとGYAOがあります。

ただしTverとGYAOはテレビドラマ・アニメ・バラエティの見逃し配信を一時的(1週間)に無料で観られるサービスであり、過去放送のすべてを観られるわけではありません。

最新の見逃し放送を登録なしの無料で観たい場合のみ利用するようにしましょう。

無料動画サイト 配信状況 検索結果

Tver
なし 検索結果へ

GYAO
なし 検索結果へ

Youtube
音楽等 検索結果へ

Pandora・Dailymotion・9tsu・無料ホームシアターなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質が悪いのはもちろんのこと、ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。

紺青の拳(名探偵コナン)のフル動画を無料高画質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

紺青の拳(名探偵コナン)のあらすじ・ストーリー・感想・ネタバレ

青山剛昌原作の人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版第23弾。劇場版初の海外渡航となるシンガポールを舞台に、かつて海底に葬られた伝説の秘宝をめぐり、コナン、怪盗キッド、京極真が三つ巴の決戦を繰り広げる。ゲスト声優は山崎育三郎と河北麻友子。

出典:TSUTAYA DISCAS

紺青の拳(名探偵コナン)の感想・ネタバレをタップして見る

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

劇場版名探偵コナンの見所はなんといっても派手なアクションです!
コナンといえば、トリックや犯人側のストーリーが忠実に描かれていることに定評があります。映画でもそれは変わりません。特に犯人側のストーリーには力を入れているように感じます。最近の作品だと、『名探偵コナン ゼロの執行人』は正義とはなにかを考えさせる作品になっていました。
そんなコナン映画ですが、前述したように見所はアクションです!コナンをアクションを勧めるなんて!?と思う方もいると思いますが、コナンのアクションは他のアニメとは別格に派手です。だからこそどの世代にも愛されているのではないかと私は考えています。劇場版名探偵コナンは基本的に何かが爆発します。それもすごい規模で爆発します。『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』においては、冒頭でいきなり爆発します。しかもテレビ局が、、、 「テレビアニメの名探偵コナンはガス会社がスポンサーだから爆発は描かれないが、映画はスポンサーが変わるからここぞとばかりに爆発を起こしている」なんて噂もあるようです。そんな異次元の爆発にアガサ博士の発明品を駆使して立ち向かうわけですが、凄い!!しか感想が出てきません。凄すぎて訳がわからないというのが素直な感想です。やりすぎなくらいです。しかし、そこがいいんです!!映画館で実現性とかを考えたら終わりです。現実離れした爆発とアクションで日常を忘れるために映画館があるのですから!
爆発以外にも2018年公開の『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』では安室さんのドライビングスキルが凄すぎました。もうめちゃくちゃなハンドリングで愛車を乗り回す安室さんに心奪われたファンも多いはずです。コナン君が「安室さんは恋人とかいるの?」と聞き「この国さ!」と返す名シーンが生まれましたが、それまでのドライブが凄すぎて「この車さ!」と言うのかと思うくらいです。
なんだか凄いしか書いてないような気がしますが、それがコナン映画だと言いたいです。本作品『名探偵コナン 紺青の拳』でも見終わった後にとにかく「凄かった!」といえる作品になっております。特にコナン作品ではなかなか描かれない拳を使ったアクションがあり、とても心がワクワクします。そんなコナン映画を是非観ていただきたいです。


★★★

この作品の最大の見どころは、園子と京極さんというカップルに焦点を当てたこと…ではなく、シリーズでも珍しい「心理学によるトリック」です。
黒幕は違いますが(っていうか、黒幕っていうほど犯罪やってないよあの人)犯人が犯罪心理学者なので、心理トラップがとにかく印象的。それを仕掛けられる相手が京極さんだけに、もう見事にハマっちゃってます。
そしてキッドがコナンをシンガポールに拉致した手法「蘭に変装して油断させる」…容赦ねーなキッド。ただ、この程度の事情でコナンに助力を求めるなら、原作でも助けを求めそうな事件けっこうありますけどね。とはいえ、「素っぽい新一」とコナンを同画面で見られるのはなかなか貴重です。そして、心ならずもキッドを助けた後のコナンの微妙そうな表情が面白い。これまであんなに絡んでるのに、直接助けるのはそんなに嫌かいコナン君。
そんなこんなで、思いっきり罠にかかって殺人犯にされたキッド。シンガポール警察は犯罪者に容赦ないです。ちなみに負傷ダメージのキッドのシーンは、予告で怪我したキッドが気に入った監督がわざわざ入れたシーンだそうで。
最後には、あのシンガポールの象徴が無残に壊されます。そこに流れるのがドヴォルザークの「月光」だそうで、クライマックスに流れるクラシック、なかなか印象的でした。
そして、大金持ちの令嬢なのになかなか金銭目的で狙われることのない園子のお宝シーンは割と必見。シリーズ初の原作者の原画だけあって、めちゃくちゃかわいいです。

視聴した感想・ネタバレ

★★★★★

久しぶりに外国が舞台となる映画です。また、初めて園子の彼氏で霊長類最強の京極さんが登場します。その時点で面白くなるのは確定ですが、因縁の相手であるキッドとの対決が見れて良かったです。正直、最終的な犯人は分かりやすかったですが、複数の人間の思惑が交差していくのと、殺人も1回ではなく、犯人も違ったので飽きることはなかったです。特にシンガポールの街をぶっ壊したかったという動機には笑いました。キッドに拉致されてシンガポールまで連れて来られたコナンは現地の少年という設定になり、キッドが新一に扮して話が進むのですが、時系列的に最近蘭と正式に付き合いだしたので、マリーナベイサンズのプールで恋人として手をつなぐシーンはヒヤヒヤしました。京極さんはやはりめちゃくちゃ強いので、敵を秒で倒していくのが気持ちいいです。キッドとの直接対決では、場所が危険ということと、その前に園子と喧嘩していることもあり、園子をおんぶして守った状態で戦うことになるので、アクションと恋愛が同時に見られました。ゲスト声優の山崎育三郎と河北麻友子は完全に英語での出演になるのですが、発音も上手でした。最後に無事日本に帰国し、キッドを空港で中森刑事たちが待ち構えて捕まえようとするのは、手をつないだ時点で新一じゃないと気づいた蘭からのタレコミですので、さすがヒロイン!と拍手喝采でした。


★★★★★

伝説のブルーサファイア・紺青の拳(フィスト)を巡り、シンガポールで起きた殺人事件。この事件の謎を解くため、怪盗キッドにシンガポールまで拉致されてしまったコナン。京極真の試合を見にシンガポールまで来ていた蘭に名前を聞かれ、とっさに現地の子供の振りをし「アーサー・平井」と名乗ります。名探偵コナンの1話を思い出させるシーンに、懐かしい気持ちになりました。キッドが捕まってしまうとパスポートのないコナンはシンガポールから出国できなくなってしまうため、「助けたくなんかなかったけどな…」等と言いながらも協力します。殺人犯がレオンだというのはわかりやすかったですが、レイチェルにシェリリンの振りをさせアリバイ工作をしたこと、キッドを犯人に仕立て上げた本当の黒幕は予備警察官のリシだったことなど、前半であったいくつもの伏線をしっかりと回収していく展開で楽しめました。本作の見どころ、怪盗キッドと京極真が相まみえるシーンも迫力があり、躍動感と映像の綺麗さに見入ってしまいました。一番印象に残っているのは、物語の終盤、シンガポール最強選手・ジャマルッディンと京極が闘うシーン。園子を海賊から守りつつ闘うのは難しい。そこで京極は「背負い結びです」と言い、園子を紐で自身の背中にくくりつけ、背負いながら闘います。このシーンには思わず「いやいや!」つっこまずにはいられませんでした。「今度こそ絶対に離れないでください」と言う京極に「離れたくても離れられないけど…」と顔を赤らめるシーンの園子は、いつものサバサバしたイメージとは違い、恋する女の子の顔をしていて可愛いかったです。園子がずっと気になっていた(物語中、尋ねるもはぐらかされる)京極が常におでこ貼っている絆創膏を剥がすと、そこには園子と京極が写っているプリクラが。「いつも守られてると思ってたけど、わたしが真さんを守ってたんだね」と、微笑む園子が可愛く、前髪を下すとこんなに美少女だったのか!と驚きました。原作は少年漫画ではありますが、恋愛描写も多めなので女性に観て欲しい作品です。


★★★★

コナンはシンガポールで開催される京極真が出場する空手大会を蘭や園子と共に向かう為、灰原哀に元の体に戻れるようアポトキシン4869の解毒剤を要求するも断られてしまう。

断られた帰りにコナンは蘭になりすました怪盗キッドに連れ去られてしまうのだが、目をあけた際にはすでにコナンはシンガポールについていた。

怪盗キッドはコナンをシンガポールへ特殊なスーツケースに隠し連れてきたのだが、シンガポールで起こるであろう事件を解決すべくコナンを誘拐したのだ。

最終的には事件も解決し事なきを得るのですが、今回の見どころとしては黒の組織が出てくるわけでもなかったので、怪盗キッドと京極真の戦うシーンが一番なのではないでしょうか。
アニメだからこその戦いのシーンで見ごたえがありました。

また、蘭と怪盗キッド〈工藤新一〉のイチャイチャシーンもではあるのですが、今回はあまりない園子と京極真のイチャイチャシーンも久しぶりで面白かったです。

シンガポールから日本に戻った際にはすでに警察官が多数おり、蘭は工藤新一として一緒にいたのが怪盗キッドであることに気づきながらもイチャイチャしていたのだった。

残念ながら怪盗キッドは逮捕されず案の定逃げられてしまう・・・。

紺青の拳(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはHIROOMI TOSAKA(登坂広臣)の『BLUE SAPPHIRE』

紺青の拳(名探偵コナン)の主題歌を歌うのはHIROOMI TOSAKA(登坂広臣)さんで『BLUE SAPPHIRE』です。

またお決まりのメインテーマはこれからどんな謎解きの物語が始まるのか、期待を膨らませてくれます。

<↑目次に戻る↑>

紺青の拳(名探偵コナン)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

紺青の拳(名探偵コナン)に声で出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

声優

高山みなみ(江戸川コナン 役)

山崎和佳奈(毛利蘭 役)

小山力也(毛利小五郎 役)

山口勝平(工藤新一 ・怪盗キッド役)

松井菜桜子(鈴木園子 役)

林原めぐみ(灰原哀 役)

岩居由希子(吉田歩美 役)

高木渉(小嶋元太 役)

大谷育江(円谷光彦 役)

緒方賢一(阿笠博士 役)

梶裕貴(リシ・ラマナサン 役)

山崎育三郎(レオン・ロー 役)

檜山修之(京極真 役)

原作

青山剛昌

監督

永岡智佳

脚本

大倉崇裕

音楽

大野克夫

<↑目次に戻る↑>

紺青の拳(名探偵コナン)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

紺青の拳(名探偵コナン)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)は2019年公開の劇場版24作目になります。

怪盗キッドVS京極真は見ものではありますが、最終的なシーンで京極真が園子をおんぶして守った状態で戦うシーンではちょっとキュンとしてしまいますね。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる