コーヒーが冷めないうちに(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信情報!主演:有村架純

この作品を見るならココ!

配信サービス 配信状況 無料期間

借り放題
30日間無料
▶今すぐ見る

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS/TVサイトにてご確認ください。

この作品の配信中サービス比較

◎:無料視聴可(初回ポイント消化含む)
▲:課金視聴可
ー:配信なし

配信サービス 視聴 無料期間
月額料金
(税抜)
見放題数
初ポイント

TSUTAYA DISCAS/TV
30日間
2417円
非公開
1100P

FOD PREMIUM
2週間
888円
4万本
100P

U-NEXT
31日間
1990円
19万本
600P

Hulu
2週間
933円
7万本
なし

Paravi
2週間
925円
非公開
なし

TELASA
30日間
562円
1万本
なし

music.jp
30日間
1780円
非公開
1600P

クランクインビデオ
14日間
1500円
1万本
3000P

dTV
31日間
500円
12万本
なし

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は各公式サイトを確認してください。

ここからは深堀してコーヒーが冷めないうちに(映画)の見逃しフル動画を公式で無料視聴するための方法について解説していきます。

公式サービス以外の無料視聴方法やストーリー・原作・主題歌・キャストも合わせてご紹介していきますので楽しんでご覧ください。

※下記目次はクリックでジャンプして見られます

目次

コーヒーが冷めないうちに(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信を詳しく見る

動画配信サービス名 配信状況
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TSUTAYA TV フル動画をTSUTAYA DISCASで視聴可能

コーヒーが冷めないうちに(映画)のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

なぜTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをおススメするかについては、さらに詳しく解説していますので参考にしてみてください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/tsutaya-movie/]

<↑目次に戻る↑>

コーヒーが冷めないうちに(映画)をYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する

YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう!

画質・音質が悪いのはもちろんのこと、外部リンクへ誘導されることによりウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。

そもそも違法にアップロードされた動画と知りながら視聴するのは絶対にダメです。

またそういった動画をダウンロードすることは完全に違法行為となりますので止めておきましょう!

著作権者に無断で音楽や映像をインターネットで配信すること(アップロードすること)は、以前より違法であり、刑罰として、10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方)が科されています。

また個人的に利用する目的であっても、「海賊版」について、それが販売または有料配信されている音楽や映像であることと、違法配信されたものであることの両方を知りながら、自分のパソコンなどに録音または録画(ダウンロード)した場合には、刑罰として、「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科されることになりました。

出典:政府広報オンライン

コーヒーが冷めないうちに(映画)の過去放送も含めて全話無料の高画質・高音質で安心・安全に視聴するならTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)/TVをお試し体験しましょう!

TSUTAYA DISCAS/TV公式を見てみる

<↑目次に戻る↑>

コーヒーが冷めないうちに(映画)の作品情報

タイトル コーヒーが冷めないうちに
制作 2018年
公開日 2018年9月21日
キャスト 有村架純/伊藤健太郎/波瑠/林遣都/薬師丸ひろ子/石田ゆり子/ほか
原作 川口俊和(サンマーク出版『コーヒーが冷めないうちに』『この嘘がばれないうちに』)
公式サイト https://www.toho.co.jp/movie/lineup/coffee-movie.jp.html
公式SNS Twitter
主題歌 YUKI『トロイメライ』

コーヒーが冷めないうちに(映画)のあらすじ

時田数(有村架純)が叔父で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。

1. 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。
2. 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。
3. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。
4. 過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
5. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。

「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?」

今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。
アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠)。
若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。
故郷の妹(松本若菜)を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊)。数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)。
過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女(石田ゆり子)……。

どんなことをしても現実は決して変わらない。
それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。
そこで彼らを待っていたものとは?
そして、主人公・時田数に隠された真実とは?

-1杯のコーヒーが冷めるまでの、ほんの短い時間でも、人生は変わる-

出典:東宝『コーヒーが冷めないうちに』

<↑目次に戻る↑>

コーヒーが冷めないうちに(映画)に出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督

コーヒーが冷めないうちに(映画)に出演されていた主演・助演・その他キャスト・脚本・監督をご紹介していきます。

キャスト・脚本・監督検索
※俳優名のリンククリックで関連作品やその他詳細が確認できます。
有村架純/時田数 役
伊藤健太郎/新谷亮介 役
波瑠/清川二美子 役
林遣都/賀田多五郎 役
薬師丸ひろ子/高竹佳代  役
松重豊/房木康徳 役
石田ゆり子/時田要 役
吉田羊/平井八絵子 役
奥寺佐渡子/脚本
塚原あゆ子/監督

その他の人気作品はジャンル別で分けて掲載していますので、そちらも合わせてお楽しみください。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://tono-gozaru.jp/houga-movie-genre/]

<↑目次に戻る↑>

コーヒーが冷めないうちに(映画)の原作ってあるの?

映画『コーヒーが冷めないうちに』の原作は川口俊和さんの戯曲『コーヒーが冷めないうちに』になります。

川口俊和さんのそのほかの作品では『この嘘がばれないうちに』や『思い出が消えないうちに』などの連載があります。

元々脚本家・演出家として活躍されている川口俊和さんが戯曲として書き下ろした作品を同タイトルで小説として出版したもので、川口さんはこの作品が小説家デビュー作品となります。

同じ喫茶店の6年後を舞台にした『この嘘がばれないうちに』という作品も刊行されており、こちらも映画の原作になります。『コーヒーが冷めないうちに』と合わせて読みたい作品ですね。

コーヒーが冷めないうちに(映画)の主題歌を歌うのは YUKI

映画『コーヒーが冷めないうちに』の主題歌を歌うのは YUKI さんの『トロイメライ』です。

のびのびと歌うYUKIさんの歌声が印象的なこちらの楽曲、YUKIさんが映画のために書き下ろした楽曲となっており、また今作ではYUKIさんご本人がプロデュースを手がけているということですよ。

ナチュラルで自然体なYUKIさんらしい素敵なナンバーで、映画の世界観にもぴったりとはまった一曲となっております。

<↑目次に戻る↑>

コーヒーが冷めないうちに(映画)を観た視聴者のレビュー・感想・ネタバレ

【★の評価】
★~★★★★★(最高★5)

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★

何といっても、ヒロインの有村架純さんはじめ、出演陣の女性たちが豪華なことに、告知のポスターを行きつけの本屋さんで観てから、
「観るしかない!」と決めていた映画でした。
それにしても好感度が高い主役級の女優さんばかり、よくあんなに集められたなあって、思いました。
配役の意外性が良かったです。私にとっておっとりしたイメージの女優さん(波留さん)が、しゃきしゃきとよく喋っていたり、
また、自分が観たこれまででは、どの作品でも、器用で、大人の色気がたっぷりな女優さん(吉田洋さん)が
「あー、こんな風に、自分の優しさを、素直に出せないタイプの人っているよなあ~」
と深く頷かせる超、不器用な女性を演じていて、この“配役の妙”が、観ている間中楽しくて、飽きませんでした。
また、これまで馴染みがなかった俳優さんも登場していらして、いわゆる、彼には、“色がついていない“というのか、
そういったところも、私にとっては、フィクションながら物語の中に入り込ませやすく作用してくれたと思います。
もともと薬師丸ひろ子さんを、歌手としても、女優さんとしても大好きなので、また、私の年齢的にも、
彼女と夫役の松重豊さんとのエピソードが、個人的には一番ぐっとくるストーリーでした。
コーヒーが美味しい季節に(一年中かな? 笑)、ぜひ、観てもらいたい、心が温かくなる映画です。


20代女性
★★★★★

コーヒーがさめないうちには、若くて活躍している有村架純さんや、波瑠さん・伊藤健太郎さんなどが出演しています。
喫茶店のとある席に座って、コーヒーを入れてから冷めるまで(あったかい時間だけ)過去に戻ることができる。過去に戻りたいなっと思ったことは一度はあると思います。私も過去に戻りたいことたくさんあります。でも現実は変わらないけど、あの時あっちを選択していればと思うことはあります。
幼なじみとの別れ:清川二美子演じる、波瑠さん、幼なじみだがアメリカに行ってしまった賀田多五郎演じる、林遣都さんと喧嘩してしまった。仲直りしたいためあの席が開くのを待つ・・・
認知症の奥さん:高竹佳代演じる、薬師丸ひろ子さんは認知症。夫である房木康徳演じる、松重豊さんを忘れてしまうが・・・
妹が突然死:平井八絵子演じる、吉田羊さんはスナックを経営していて、妹は交通事故でなくなってしまう・・・
お母さんの行方:この映画の中でも一番感動するお話でした。
常連客の大学生、新谷亮介演じる、伊藤健太郎と時田数演じる、有村架純の距離がどんどん縮まる。
どんなことをしても現実は決して変わらない。それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。

この映画、4回感動します。
私が一番感動したのは、お母さんの行方です。
数の彼氏さんが考えた未来に行って自分たちの子供にコーヒーを注がせる発想には驚かされました。そしてお母さんの真相もわかって感動した。
過去に戻りたくても戻れなく毎日後悔してしまうので、この映画を見て、奥深くて感動する凄くいい作品でした。

全話視聴した感想・ネタバレ

30代男性
★★★★

コーヒーが冷めないうちには、ある喫茶店にて不思議な体験をするお客さんたちの状況を描いた映画です。
ある喫茶店において、特定の席に座ると一定時間過去に戻ることができるという状況がありました。
自分が望んだ時間に戻ることが可能ということで、その話を聞きつけ、その喫茶店には数多くのお客さんが来店していたのです。
しかし、過去に戻ることが可能な時間は限られていて、この喫茶店で注文したコーヒーがカップに注がれてから、冷めるまでの間となっていました。
そのわずかな時間だけでも、自分が戻りたいときに戻ろうとするお客さんは多く、喫茶店はそのような願いを持った人たちが多く訪れることになります。
この映画では、主人公として喫茶店の店員がいますが、どちらかと言えばお客さんの方が主役のように描かれています。
過去に戻りたい思いを持って訪れたお客さんたちが実際にどのような体験をするのか?が特に中心となっていて、そこにみどころが存在しているのです。
ただ、過去に戻っていられる時間はコーヒーが冷めるまでということで、意外と短いと感じられるはずですから、その貴重な時間の中で彼らはどんな風に過ごすのか?何をするのか?なども注目していくと良いでしょう。


20代男性
★★★★

この作品では、まず感動が止まりません。何度も涙が出てくるので必死に押さえながら見ることになるでしょう。有村架純が主演となり公開前から有名になっていましたが、中でも喫茶店で働く数が自分の母親が過去から戻れなくなったことで幸せになれずにいて、ミキという謎の少女が現れたことで過去に戻っていくシーンは衝撃な要素が多く、オススメです。数の母親が過去に戻ったのかと思いきや、余命宣告を受けて未来に向かってタイムスリップした事実を聞かされた時は自分よりも子の方が大事だという家族の愛情を見たような感覚になります。そんな数の前にも様々な人がタイムスリップして思い思いに戻る中、常連であった平井が妹の久美を亡くしたことで戻って和解する場面でも大切な人を想う気持ちは何処にいても無くしてはいけないと伝わってくるのです。作品では、相手のことを思うあまり心残りをしたまま生きていくのは辛いので戻っていく理由が多く、現在に戻ってきたときには皆スッキリした顔を見せていくのです。そこにある人情や前を向いて歩いていこうというメッセージが飛ばされているような気持ちを持てます。数も優しく全てをわかったような包み込む口調で話すので、見ていてほっこりした気持ちになっていくのです。

全話視聴した感想・ネタバレ

40代女性
★★★★

4回泣けるというキャッチコピーの『コーヒーが冷めないうちに』は本当に何度も泣けます。カフェの女性(数)とその血縁の女性が入れるコーヒーが暖かい内だけ時を越えられる喫茶店で繰り広げられるいくつかの物語。それぞれに夫婦愛、家族愛、親子愛など、それらは病や死を含むものでもありますが見る人の心に悲しさだけはない暖かさを伝えてくれます。主演の時田数(有村架純)が多くの人が時を超える姿を見てきましたが、ずっと心にあるのは戻ってこなかった母親のこと。数が同じ席に座り続ける若いままの母親を見てずっと複雑な思いを抱えていたと思うと心が痛みます。優しいパートナーを持ってもなお母親のことがわだかまりになっている数。今いる相手と一番に向かい合えない不幸が数を襲います。しかし数は時を超え母親がなぜ戻ってこなかったか。その理由を知ったとき母親の数への深い愛を知り、嬉しさや後悔やいろんな感情があふれ出る数は「戻りたくない」と叫びます。しかし母親はそんな数を「見守っているから」と現在へと見送ります。そしてこの数が時を超えられたのは、現在数のお腹にいる赤ちゃんが成長してコーヒーを入れてくれたからであったことに、この作品のすばらしさを感じました。パートナーは何年かけて数の望みを叶えてあげたのか。本当に素晴らしい愛情たっぷりの映画だと思いました。

コーヒーが冷めないうちに(映画)のフル動画が無料視聴できる公式配信のまとめ

映画『コーヒーが冷めないうちに』のフル動画は、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の30日間のお試し無料で視聴が可能な宅配レンタル8+動画見放題プラン(TSUTAYA TV)がおススメです!

宅配レンタルと動画配信の組み合わせを利用するので、新作・旧作において観れない作品はないというぐらいの作品数をほこっています。

中でもTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)の宅配レンタルであれば、他のVOD動画配信サービスにはない作品が多数あり、TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)だからこそ観られるという点が強みになります。

過去に戻れるという不思議な喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台にしたヒューマン・ストーリーとなっており、過去に戻ったことにより現実は変化しませんが心が変化することで今を生きる人々の救いや活力となっていきます。

視聴したあとは温かい気持ちになれる、素敵な作品となっております。

[afTag id=792]

※2020年9月現在の情報となりますので、詳細は公式サイトでご確認ください。

<↑目次に戻る↑>

目次
閉じる